2008年02月10日

■■展示会、講演会レポート&帆船模型の本ご紹介■■

冬真っ只中ではありますが、展示会や講演会は夏よりもアツイ!!
真冬の恒例イベント「ザ・ロープ」の帆船模型展示会や船の博物学
講座など、いくつかレポートでご紹介。

★「船の博物学講座」船の歴史(T) ByGingaさん
```````````````````````````````````````````````````````
2007年1月12日に東京海洋大学で開催された、船の博物学講座に出席し
てきましたので概略を紹介いたします。
「船の歴史(T)−サンタマリアが生まれるまで」というテーマで、
講師は東京海洋大学教授 庄司邦明先生でした。内容は、先史時代か
ら大洋を航海できるまでの船の歴史で、庄司先生が海外の遺跡・
博物館を訪問して撮影された写真を使って船の歴史を紹介されました。

hakubutugaku0003.jpg

(1)原始的な舟
木を刳抜いた丸木船、木の枝を組合せて外皮に動物の皮を張った船、
草を束ねた葦船などが初期の船と考えられる。現在でもこのような舟
は使われている。
(2)古代の船
ノルウェーのアルタの岩絵(BC4000頃)には船首尾が高くなった船に
数人が乗っている様子が描かれている。そのほか、スウェーデンの
タヌムの岩絵やマルタ島タルシーン神殿(BC3000-BC2500頃)には
船を描いた石板が残っている。

エジプトにはBC2550年頃に作られた「太陽の船」が博物館に保存され
ている。船はレバノン杉で作られている。
レバノン杉は腐りにくいので建材として使われていたが、現在では
少なくなっており国によって保護されている。

(3)ギリシャ時代の船
櫂でこぐガレー船が発達し、漕ぎ手が3段に分かれた三段櫂船が使わ
れた。舵は舷側にある。
(4)ローマ時代の船
4世紀のローマ時代の河船がマインツで出土した。平張りの外板と四角
い帆を持っている。

hakubutugaku0007.jpg

(5)バイキングの船
船底中央にキールを持ち、外板は鎧張りで、船首尾は高く持ち上がり、
舵は舷側にある。外板をつなぐビーム(梁)はあるが甲板を持たない。
(6)ハンザコグ
北方船と南方船の結びつきを示す例であり、サンタマリアの前の時代
の船。プレーマーハーフェンで発掘された船は、外板は鎧張り、舵は
船尾中央になり、甲板と船楼を備えるようになった。
(7)サンタマリア:キャラック
キャラックは北方船と南方船の要素を取り入れた船で、平張りの外板
に甲板や船楼を持ち、舵は船尾中央。3本のマストの前2本に四角帆
3本目のマストに三角の縦帆を装備。
操船性能が向上し、沿岸航海だけでなく大洋を航海できるようになった。

"帆船”というと現代の帆船やマスターアンドコマンダーに出てくる
ような船の形ばかり思い浮かんでしまいますが、古代船から今の形に
進化した過程の解説を聞いて、ハンザコグに興味がわいてきました。

次回2月16日(土)が、船の歴史U<蒸気船の出現>というテーマ
なので、帆船とはちょっと違いますが、聞きに行くつもりです。
個人的には、「蒸気アシスト付き帆船」から、「汽船」の進化の過程
に興味がありますが、どのような内容か楽しみです。

★東京みなと館「秀作!帆船模型展」
```````````````````````````````````````````````````````
みなと館 秀作帆船.jpg


先月5日から開催中の「秀作!帆船模型展」では、8隻の船を年代を
追って展示。その他、エジプトの川船からクリッパー型の帆船までの
年表(説明付き)で、日本の歴史を対比させたイラストの年表もあり。
28隻のイラスト(明治丸やカティーサークなど)で、同時期の帆船の
様子を見比べるのも楽しいかも。会期は6月29日(日)まで!

東京みなと館 HOME PAGE


★オススメ!帆船模型の本2冊  
```````````````````````````````````````````````````````
著者のお一人、白井一信さんからコメントをいただきました。
眺めているだけでウットリ***な写真集です。本屋さんでぜひ
チェックしてみて下さい!

魅惑の帆船模型「チャールズ・ヨットを造る」
A4版 82ページ ソフトカバー 3200円+税

チャールズ・ヨット.jpg


あたかも帆船模型を作っている横に座って覗き込んでいるように、
製作の一から十をクローズアップ写真で見ることが出来る初心者向けの
作り方の本です。私が企画設計した国産キット「チャールズヨット」
(ウッディジョー社)をテーマにしていますが、勿論他の船を造る場合
にも応用できるものです。

執筆にあたっては、模型を製作をしている横にデジカメ、写真電球や
背景紙をセットしておき、部品を一つ作ると横ですぐに写真撮影、
その日の作業を一通り終わるとそれを文章にするといった事の繰り返
しで、はっきり言ってかなりハードでした。

Amazonでget!
                             白井記
華麗なる帆船模型.jpg


「華麗なる帆船模型」[帆船模型写真集]
A4版 106ページ ハードカバー 3500円+税

木製帆船模型の写真集がやっと出来ました。わが国で帆船模型が普及
し始めて35年以上になりますが、このような本格的な写真集はこれまで
になかったものです。

ザ・ロープ会員が製作した帆船模型を、見開きの大型全景写真、あるい
はクローズアップ写真を織りまぜて掲載しました。写真はほとんど全て
がザ・ロープの東康生氏撮影です。
最近人気の高まっているジオラマやストラクチャーモデル(構造模型)
も多数掲載しました。
                             白井記

★「ザ・ロープ」帆船模型展
```````````````````````````````````````````````````````
お正月といえば、帆船ファンにとっては銀座伊東屋の「ザ・ロープ」
帆船模型展!
今年出展が多かったジオラマ作品は、ストーリーをいろいろ想像し
ながら観る楽しみがあります。

白井師匠ジオラマ Rope.jpg 宮島さんステンドグラス1 Rope.jpg
船もさることながら、海面の表現に思わずタメイキ***
左:白井さんの<チャールズ・ヨット>
次のSFワークショップでやりたいです〜(無理?)
右:SFワークショップ「師匠」宮島さんのステンドグラス
 
★艦船模型サークル ミンダナオ会による展示会@船の科学館
```````````````````````````````````````````````````````
同じ模型でも、こちらは「ウォーターライン」。喫水線から上だけの
模型です。帆船の出品もあり。2月9〜11日、3日間だけの展示!
ミンダナオ会2.jpg ミンダナオ会ゼーアドラー.jpg
19世紀初頭ドイツ海軍の帆装軍艦「海の鷲」<ゼーアドラー>も!

船の科学館 HOME PAGE
posted by SaltyFriends通信 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83397024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。