2007年12月10日

■■ CH.16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★徳川幕府の開陽丸 
```````````````````````````````````````````````````
今から約130年前、徳川幕府の発注によりオランダで建造された
開陽丸は、当時の日本で最強を誇る木造の機帆走軍艦でした。
慶応4年(1868)江差占拠の陸兵援護のため、江差沖に到着、
砲撃(15日)同日夜半、暴風雪の ため座礁、約10日後に沈没する。
それから124年、平成2年4月に実物大で再現。
引き揚げ作業で発掘された遺物、32,905点あまりを展示されています。

財団法人 開陽丸青少年センター HP
 

★ <北前船>のイカリが水揚げ!
```````````````````````````````````````````````````
新潟県出雲崎沖で先日何と!<北前船>のイカリが海底
から水揚げされたそうです!!
以前から網が掛かり「あそこには何かある...」と言っていたそうですが・・・

つづきはこちらから


★ 「ザ・ロープ」帆船模型展のお知らせ
```````````````````````````````````````````````````
新春恒例の「ザ・ロープ」の展示会が開催されます。

開催期間: 2008年1月17日(木)〜2月3日(日)

開催時間: 日、月、火曜、祝日 : AM 10時30分 〜 PM 7時
水、木、金、土曜  : AM 10時30分 〜 PM 8 時
会   場: 伊東屋 銀座本店 9階ギャラリー


★ 「船の博物学講座」が始まります
```````````````````````````````````````````````````
東京海洋大学海洋工学部海洋テクノロジー研究室では子供から
大人までの多くの方を対象に、本年度も「船の博物学講座」を開きます。
多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。
第1回目は明治丸の見学から始まります。
 
第1回:12月15日(土)第3土曜日13時00分−15時00分
    テーマ:明治丸の現状見学と明治丸の歴史
    内容 : 明治丸の現状を見学し明治丸に関する話をします。
    講師 :庄司 和民(東京商船大学名誉教授)・庄司 邦昭(東京海洋大学海洋工学部)

第2回:01月12日(土)第2土曜日13時−15時
    テーマ:船の歴史T:サンタマリアができるまで
    内容 :船の歴史を紹介します。
    講師 :庄司 邦昭(東京海洋大学)

第3回:02月16日(土)第3土曜日13時−15時
    テーマ:船の歴史U:蒸気船の出現
    内容 :船の歴史を紹介します。
    講師 :庄司 邦昭(東京海洋大学)

第4回:03月08日(土)第2土曜日 13時−15時
    テーマ:船の歴史V:日本の造船技術の発達
    内容 :船の歴史を紹介します。
    講師 :庄司 邦昭(東京海洋大学)


場所:東京海洋大学海洋工学部(越中島キャンパス)1号館1階116教室

対象:子供から大人まで 各回20名程度

費用:無料

申し込み方法
1. 受付期間:原則各回開始の2週間前までですが、当日申し込みでも結構です。
2. 申し込み方法:はがき、ファクシミリまたは電子メール、にて
記載内容:「2007年度第○回」受講希望(複数受講可)、住所、氏名、年齢、電話番号
    (なお申し込みいただいた内容は本講座の実施や連絡のみに使用いたします。)

申込先、問い合わせ先:
住所:135-8533 東京都江東区越中島2−1−6 
東京海洋大学海洋工学部 庄司 邦昭
電話&ファクシミリ:03-5245-7394(庄司研究室)
電子メールアドレス:庄司研究室

交通案内
JR京葉線「越中島」駅下車2番出口より徒歩約2分
地下鉄東西線、大江戸線「門前仲町」駅4番出口より徒歩約10分
地下鉄有楽町線、大江戸線「月島」駅2番出口より徒歩約10分


posted by SaltyFriends通信 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。