2007年09月10日

■■ 2007年地中海トールシップレース 《後編》 By Qたろー ■■

バルセロナを出港した日の夕方。パラモスという、スペインとフランス
国境の港町に入港しました。この街は帆船小説などにも時々登場する
地中海沿岸の古い漁港です。
係留している岸壁の前には、リゾート地として有名なコスタ・ブラバ
がキラキラ***と広がり、みんな早くも海水浴に行きたくて仕方が
ない様子。

ところでバルセロナから便乗客として乗っていたスペイン人の年配の
グループがいたのですが、聞けば彼らはこの帆船レースの実行委員会
メンバーの一員!今回のイベントの、実際の運行状況をチェックする
べく、同乗したのだとか。
私が日本から参加しに来た経緯を話すと「おぉ!」とビックリ☆
やはりアジアからの参加は少なかったようで、みんな喜んでいました。

members of the comittee.jpg  Palamos dia de publico.jpg
左:バルセロナ出港中。左側(右舷)中央の一団が「Med2007」実行
委員会メンバーのグループ。サングラスの女性は、広報担当の
アリシア・サンミゲール・ルビアルさん。
右:パラモス港での一般公開。手前からウルグアイ海軍の<カピタン・
ミランダ>、エクアドル海軍の<グァヤス>そして<カリアクラ>


ちなみに船長の知るかぎり、私は<カリアクラ>始まって以来、初の
日本人トレイニーだそうです。今まで韓国や中国、東南アジアから参
加したアジア人はいたそうですが、なぜか日本人はいなかった様で
すね。(もし『トレイニーで乗ったことあるよ!』という方がいらっ
しゃいましたらstbd@saltyfriends.comまでメール下さい。カリアク
ラ談義で盛り上がりましょう♪)


Welcome aboard!!<カリアクラ>

2年前にイギリス、ポーツマスで行われた「IFOS」でも<カリア
クラ>の見学はしていましたが、船内に入ったのは今回が初めてです。

船首キャビンは、段々畑のような構造の3段ベッド。ここは母港、
ブルガリアのヴァルナにある海洋アカデミーの士官候補生(カデット:
将来航海士など、船のオフィサーになる卵たち)たちの居住区。隔壁
を経てメスルーム(食堂&ミーティングルーム)にはテレビ、DVD
などの映像機器も完備。その並びにギャレー(厨房)。そこから一般
トレイニーのキャビン、オフィサー達の居住区と続きます。

Kaliakra pasillo.jpg
あっちもこっちも<海星>に似てる・・・(遠い目)。


嬉しかったのは、お腹が空いたときメスルームに行けば、常にトー
スト、フルーツなどが食べ放題!だったこと。すきっ腹をかかえてフ
ラフラ状態で食事を待つということはありません。「食欲魔人」の私
には、これが一番有難かったかも。


<カリアクラ>でのセイルトレーニング

大阪の<あこがれ>もそうですが、私がボランティアクルーとして関
わっていた<海星>では、操船に関する指令、専門用語などはすべて
英語でした。なので、きっと<カリアクラ>も同じだろう、とタカを
くくっていたら・・・ぎょ☆ブルガリア語だぁ(汗)。

そこで思いついたのが、事前に挙げるセイルを船長にこっそり聞きに
行き、号令とともにそのビレイピン(各セイルを操作するロープを甲
板に固定する棒状のもの)のところに走る、という作戦。これは<海
星>での経験が役にたちました。
カデットの子たちがダダダ…と走り出す前にピンのところに向かい、
彼らがひくロープの後ろについてひっぱります。ふふふ、我ながらい
いアイデア♪

making up lines Kaliakra.jpg del tope de Kaliakra.jpg
左:一般公開にそなえて、ロープをきれいに掛け直します。
右:マストトップから見たデッキ。


基本的に<カリアクラ>では、一般トレイニーは「お客さん」扱いで
「やりたかったら参加してもいいよ」という感じ。中には最後まで
ロープに触れたがらなかった人もいましたが、私は朝のデッキウォッ
シュから操船、清掃など、他のカデット達と同じようにトレーニング
に参加していました。だってこれが楽しいんだもん!!

「地中海帆船レース」前編、後編で終わろうと思っていたのですが、
ちょっと長くなってしまいました。
ツーロンでの様子は次号で!
posted by SaltyFriends通信 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。