(クリックすると拡大します)

帆船パレードに参加する帆船は、帆船パレードの早朝にアイマウデンの
大きな閘門に集まります。「あこがれ」が行ったのはおそらく
“Noordersluis”という所だったと思います(上の地図の右上の赤丸の
ところ)。
潮の満ちひきのある北海からアムステルダムの潮位にあわすところで、
10万トンのタンカーも入ることができると聞きます。10隻ほどの大型帆船
が入って1時間ほどかけて潮位をあわせて北海運河へと進んでいきます!

   

   (写真は閘門の手前の水門を開けてアムステルダムに向かっているところ)

「あこがれ」が行った時は北海のほうが水位が低く、どんどん海水を
入れていきました。すると、周りの船もどんどん浮いていって、
一番上まで浮かぶと、大勢の人が待っているではありませんか!!僕は
「あこがれ」に乗っていたので周りの状況がよくわかっていません
でしたが、岸壁の人たちと目線が同じぐらいになった時に、ようやく
どんなことが起こっているのか飲み込めました。

閘門内の水位が運河の水位と同じになって前方の水門が開くと、
そこにはおびただしい数の船・船・船・・・「あこがれ」クルーのみっちゃんが
思わず「どこ走ったらいいんじゃい!!」と叫ぶぐらいでした。。。

*今年のセイル アイマウデンのサイト
*オランダの地図
*<あこがれ>が“セイル アイマウデン”に参加した時の記録(2000年8月18~23日)