2007年05月10日

■■ よろず「帆船人」突撃インタヴュー【14】 by みっきー ■■

今回のよろず帆船人は、大谷彩恵さん。
帆船「あこがれ」乗船体験から、プロの船乗りになった女の子です。
4月から社会人1年生として、フェリー会社で働き始めました。

さてはて、どんな帆船人ストーリが聞けるのでしょうか??

大谷さん:やえ
SaltyFriends:SF

〜〜〜〜〜
SF:
帆船「あこがれ」との出会いはいつですか?
やえ:
初めて乗ったのは、実は、すごく昔なんです。
小学生のときに偶然「あこがれ」に乗ったんです。
両親に勧められて、だったと思いますが1泊の航海をしました。

高校生のときに、進路で悩んだんです。
小学生のときの「あこがれ」の印象がずっと残っていたので。
で、2年生の夏、、、もう一度「あこがれ」に乗りにいきました。
今度は大阪−屋久島往復の長期コースでした。
大荒れの海でしたが、最高の航海でした。

そして、やっぱり「あこがれ」に乗りたい!船乗りになりたい!って気持ちになりました。


SF:
船乗りになろう、って進路を決めたときに、ご家族からはどのように言われました?
やえ:
『「あこがれ」か〜。じゃ頑張り!』こう言って応援されました。
船乗りになる、って事よりも、「あこがれ」に乗りたいって気持ちを理解してもらえた、と思います。
学校は、国立波方海上技術短期大学校というところに行きました。
波方は変わっていて、同級生の年齢も色々だったんです。
社会人してから船乗りになるために来た人も居ましたし。

SF:
学生時代の印象に残った出来事があれば教えてください
やえ:
海王丸での実習中に長崎の帆船まつりに行きました。
そこで、登檣礼のチアリーダーをやったんです。
バウスプリットの先端にたって、号令をかける役割です。
すごく緊張していたんですが、長崎の人に見ていただけてとても感激しました。


SF:
現在のお仕事について教えてください。
やえ:
070509_1613~001.jpg明石と淡路を結ぶ「明石淡路フェリー」という船で働いています。
関西の人なら知っているかもしれませんが、「たこフェリー」って呼ばれているフェリーです。




SF:
お仕事は楽しいですか?
やえ:
楽しいです。
4月まで研修だったんですが、5月からは一人立ちして仕事をやり始めました。
研修中は先輩に作業を教えてもらっていましたが、今はその仕事を全て一人で行なえるようになりました。

SF:
具体的にはどんな仕事を任されていますか?
やえ:
操船に関する作業と車両案内です。

船のデッキは3階層に分かれています。
一番低い階層が車両、次が客室、その上がブリッジです。
車両デッキでは、トラックなどをバランスよく船内に誘導し、タイヤの固定のための歯止めを行なっています。
始めの頃は、歯止めのやり方が難しかったですね。

「たこフェリー」は淡路島の人たちにとっては日常的な交通手段でもあるんです。
通勤や通学に使われる人もいますし、生活に根ざした船だと思います。
なので、本当に風が強いときでないと運休はしませんし、時間通りの運航ができるということも重要なんです。
でも、船の速度は潮に恵まれて15ノット程度。あまり速くないです。
潮の流れが良くなかったりすると、時間的に厳しくて、、、
でも焦るだけじゃなくて、安全な航行を心がけています。
自分自身に任された仕事を一つ一つ素早く安全にできることが大事だと思っています。


SF:
船乗りという仕事をしていて、日本の海に対して感じることがあればお願いします。
やえ:
船乗りをPRしないと船乗りが減っていってしまうと思います。
タンカーの船乗り、フェリーの船乗り、そういった船乗りと夢を持つべき子供達が触れ合う機会が少ないと思います。
ただ、今の職場であるフェリーに子供達が見学にきても、色々と教えてあげられる余裕はないと思います。
なので、「あこがれ」に乗って、船乗りって仕事を身近に感じてもらえたらと思います。


SF:
将来の夢は?
やえ:
「あこがれ」に乗ること!
クルーとトレーニで作る船の雰囲気は「あこがれ」だけだと思います。
船を知らない人が乗っても疎外感を感じることがなくて、すばらしい体験ができる場だと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小学生のときに感動した経験を大切にできるって本当に素晴らしいですね。
いつか夢を実現されるよう、応援しています。
ありがとうございました!

posted by SaltyFriends通信 at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この4月、夢が現実になりましたね!!
これからも、安全航海に気をつけて、船の素晴らしさ、「あこがれ」の素晴らしさをたくさんの人々に伝えてくださいね!期待していますo(^−^)o!!
Posted by ふ at 2008年05月29日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。