2007年03月10日

◆ アルフレッド・ウォリス展  by Jun ◆

寒さが戻った水曜日、東京都庭園美術館で開催中の
「アルフレッド・ウォリス」展に足を運びました。
イギリスの港町、コーンウォールを拠点に若い頃は
漁船に乗り、その後船具商として過ごし70歳から
絵を描き始めたアルフレッド・ウォリス。
経験と記憶をたよりに描いた帆船や灯台、港などは
ずっと海に関わり生きてきた人の絵でした。
その作品は「何故か懐かしい感じ」のするものです。

AF01_ship.jpg
(《岬と2隻の3本マスト船》1934-38年頃 油彩、厚紙
The Pier Arts Centre Collection, Orkney
画像提供:東京都庭園美術館

彼の海に寄せる思いが伝わってくるようです。
この他にも観てほしい作品がいっぱいです。
この機会にぜひ美術館へ!
詳しくは東京都庭園美術館 
会期は3月31日(土)まで。3月15日22日はフロアレクチャー
(入館者対象:無料)の企画もあります。
=========================

プレゼント読者プレゼント:Alfred Wallis:Artist&Mariner
開催中の東京都庭園美術館のご招待券を
ペアで5名様にプレゼントいたします。
(提供:東京都庭園美術館)

ご希望の方は、Eメールにて件名を「ウォリス展プレゼント希望」
とし、本文は空白のままこちらまで、当メルマガに登録のメール
アドレスよりご応募ください。(未登録のメールアドレスからの
応募は無効となります。まだの方はこの機会にぜひ登録を!)

応募の締め切りは15日(木)24:00必着とさせていただきます。
希望者多数の場合は厳正なる抽選の上、当選された方のみ連絡を
差し上げますのでご了承ください。
posted by SaltyFriends通信 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。