2007年02月10日

◆よろず「帆船人」突撃インタヴュー【12】  ByQたろー ◆

今回はSFでも時々、講演会などをご紹介させていただいている
元<日本丸>船長、橋本進先生のご登場です!

リタイアなさったとはいえ、帆船や教育のことを熱心に語られる
時の先生はキラキラと輝いているよう***
橋本先生が口にされる「夢」や「ロマン」「自然との調和」は机上
の空論ではありません。実際に何十年にもわたって船という教育の
現場で培ったキャリアに裏打ちされる、血の通った理念なのです。

*橋本進先生の御紹介*
お名前:橋本進(はしもとすすむ)さん
ご出身:香川県
1948年、高等商船学校航海科卒業後、運輸省航海訓練所に入所
同所教授、練習船<大成丸><日本丸><北斗丸>船長などを歴任
その後、東京商船大学教授を5年間務め、1992年定年退官
医学博士、著書「ロマンの海に漕ぎ出そう」「咸臨丸還る」他多数

********************

以下、橋本先生にお答えいただいた一問一答です。

Capt.H:橋本進様
SF:Salty Friends


SF:船乗りになろうと思われたきっかけは何ですか?

Capt.H:直接のきっかけは「戦争」。第二次世界大戦末期、田舎の
中学生が進学するには、親に経済的負担をかけない官費の海軍兵学
校、陸軍士官学校、高等商船学校などがあり、次男の私は、兄が戦
死していたこともあって高等商船学校を選びました。

軍の学校よりは楽だろうと思ったからですが、ところがドッコイ、
現実は・・・(笑)。そして、船乗りになりました。

Nipponmaru.jpg
空から見る航海中の初代<日本丸> 写真提供/橋本進先生


SF:今まで訪れた中で、一番気に入った港はどこですか?

Capt.H:<(旧)大成丸>で行った、フランスの核実験基地になる
前のタヒチ島パペーテ、ニューカレドニアのヌーメア。本当に海が
きれいでした。


SF:帆船に乗って「幸せ」を感じるのはどんな時ですか?

Capt.H:ニューヨーク、ハドソン河での帆船パレード(1976年
アメリカ建国200年祭)に<日本丸>船長として参加できた時
など、運が良いなと思いました。
航海中は、デッキに寝そべって実習生相手に「かたふり」(船乗り
同士の雑談)をしている時・・・かな?

Nipponmaru to Boston.jpg
昭和51年東京晴海埠頭にて出港式 ホドソン駐日大使と
写真提供/橋本進先生 ☆クリックしてご覧下さい☆


SF:今まで体験なさった航海で、最も印象に残っていること(怖
かったこと、感動したことetc.)は何ですか?

Capt.H:怖かったことといえば、<日本丸>で左舷に風を受けて帆
走中、風下の右舷側にそって、巨大なクジラが泳いでいるのを見た
ときです。接触しないかとヒヤヒヤしました。

また<日本丸>でアメリカ、フロリダ沖を航行中、本船の近くで突
然アメリカの原子力潜水艦が艦首を空にむけて"ガバーッ"と浮上し
てきたときにも驚きました。

感動したときといえば、昭和31年に<(旧)大成丸>で西ニュー
ギニア、英領ボルネオ方面の戦没者慰霊遺骨送還の時。ニューギニ
ア西端のソロン港を出てボルネオ島バリックパパンに向かう途中、
セレベス島(現スラウェシ島)北東端のメナド東方海上で前夜直の
8時過ぎ、船首に現れた月の光で見える「白い虹」(月虹:げっこ
う)を見たときです。

古代インドネシアやメラネシアの伝説では「虹は天地の通路、神霊
や霊魂の通路」というそうですが、西ニューギニア方面での慰霊、
遺骨収集を終えてニューギニアの地を去る日に霊魂の通路とされる
虹、それも白い虹をくぐることになった巡り合わせに、私は背中に
冷たいものが流れるのを覚えました。

…グリーンフラッシュ?うん、5回ほど見たよ(←ことも無げ)。

Panama railroad.jpg
パナマ運河通行時、記念に贈られた運河開通前に走っていた
「パナマ鉄道」のレール 写真提供/橋本進先生


SF:これからのセイルトレーニングのあるべき姿、また社会的に
果たすべき役割についてどう思われますか?

Capt.H:セイルトレーニングに限らず、教師という立場にある者は
もっと「誇り」と「夢」を持って望んでほしいと思います。教育力
の持つ「ロマン」を探して下さい。

また「今、なぜ帆船教育か」という質問はよく受けます。私は答え
ます「帆船は大自然のなかでの集団生活から、バランスのとれた人
間を養うところです」と。
大自然からは果てしない夢、美しさ、厳しさ、命の大切さを学び、
集団生活からは団結、協調、奉仕、克己(おのれに勝つこと、意思
の力で自分の衝動・欲望・感情などをおさえること)、友情、礼儀
などを学ぶことができるからです。


SF:Salty Friendsの読者にメッセージをお願いします。

Capt.H:<明治丸>へのご奉仕に感謝しています。また、一人でも
多くの人に海や船に関心を持って頂くようご活躍をお願いします。

Nipponmaru in Yokohama.jpg
横浜桜木町で公開中***

ご協力、どうも有難うございました!!
posted by SaltyFriends通信 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。