2007年02月10日

◆ CH16 ◆

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」開催!!
``````````````````````````````````````````````````````
いよいよ、関東でも「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」が
始まります。
明治丸って偉大な先輩の帆船の中で帆船あこがれの魅力に
触れられる素晴らしいイベントです。
皆さん是非ご覧になってくださいね!!
詳しくはこちら!!
http://saltyfriends-info.seesaa.net/article/32855600.html


★ 「ザ・ロープ」第32回帆船模型展 鑑賞レポート Byわがちゃん
``````````````````````````````````````````````````````
「波をつくる」。。。?

いつからだったか、毎年のようにこの模型展に足を運ぶようになっ
たのは。でも今年はちょっと違う。それはレポートを書いてと事前
に頼まれていたから、だけではない。
今年の模型展はジオラマなども多数出品されており、実に賑やかな
会場となっていた。冒頭の波のつくり方も紹介されていたのだ。

白井さんアラート2.jpg
波、風向などのシチュエーションにもこだわった白井さんの
<アラート>


帆船に人を大勢乗せ、顔の表情やしぐさまで生き生きと再現したり、
卵の中に帆船も乗せてみせた芸術品まで実に様々だ。
もちろん従来からある、忠実にそして緻密に表現している帆船模型
もそれぞれに圧巻であり、作者の情熱が伝わってくる。なにしろ
ザ・ロープ会員は120名にも及ぶのに、出品されているのは一般の
方も含めてわずか53作品というから、どれも逸品揃い。自分が一番
好きな帆船は、模型ならば<サンタマリア号>だ。

井上さんエッグクラフト.jpg
オーストリッチの卵に入ったオランダ王室の<ゴールデン・
ヨット>。作り方は、作者曰く「・・・秘密♪」とのこと


もう10年近く前だろうか。
ここ伊東屋で「ザ・ロープ」の方が講師を務める帆船模型教室に
通ったことがある。現在同会の役員でもある方に、個人的に教わっ
たりもした。しかし、教室へは2回と持たずに挫折してしまった。
帆船キット「アンフィオン」はキール作製途中でお蔵入りし、それ
以降、本物の帆船に乗るようになった。帆船模型作りの再開はまだ
当分先だなぁ。。。

あこがれジオラマ.jpg
こちらは実船。昨年の<あこがれ>乗船会でのジオラマ


会場には、昨年6月に「ザ・ロープ」会員の方10名ほどが帆船<あ
こがれ>に乗船した時のレポートも、写真と共に紹介されていた。
何を隠そう、その日自分も<あこがれ>に乗船しており、そして
ボランティアデビューした記念すべき日だったのだ。

何か不思議な縁を感じつつ、会場をあとにした。


★氷川丸、2008年に営業再開予定 (みっきー)
``````````````````````````````````````````````````````
氷川丸ですが、移行先の日本郵船から今後の活用について発表が
ありました。
2008年春に一般公開が再開予定です。
しばらくの間の化粧直し、、、またステキな姿で楽しませてくれる
ことと思います。
Gingaさん マリンタワーから氷川丸.jpg
マリンタワーから見た氷川丸(写真提供者Gingaさん。感謝!)
詳しくはこちら。
http://www.nykline.co.jp/news/2007/0130/index.htm


★マリタイムミュージアム 秘蔵の模型船公開(みっきー)
``````````````````````````````````````````````````````
マリタイムミュージアムにて、2月10日〜4月8日まで秘蔵の模型船が
公開されます。
普段も精巧な模型が展示されていますが、今回は「宗谷」や「東京丸」
などが見られます。楽しみですね!
http://www.nippon-maru.or.jp/event/mokeiten-02.html


★海王丸 77歳の誕生日(みっきー)
``````````````````````````````````````````````````````
1930年2月14日に進水した初代・海王丸が77歳の誕生日を迎えます。
2月11日には、富山の海王丸パークで特製チョコレートのプレゼントも
行なわれます。
http://www2.hitwave.or.jp/kaiwomaru/


★<観光丸>出演!!映画「長州ファイブ」本日公開!!  (Q)
``````````````````````````````````````````````````````
先月のメルマガでもお知らせした、<観光丸>が出演する映画
「長州ファイブ」がいよいよ本日、全国公開になりますよ〜!

「長州ファイブ」の舞台、1800年代中ごろといえば、日本は幕末。
船の世界ではそろそろ帆船時代が終焉をむかえ、風まかせの航
海から徐々に「蒸気機関」という動力を使って海を渡るようになる
時代。
この映画はアメリカのペリー艦隊来日、開国そして尊皇攘夷運動、
と日本が身をよじりながらその姿を変えようとしていた時、母国の
未来のために刀を捨て、イギリスに渡った5人のサムライ達の物語
です。

監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」「アダン」で名を馳せた
五十嵐匠。演じるのは三浦アキフミ、泉谷しげる、榎木孝明などの
個性派俳優と…そして長崎ハウステンボスの<観光丸>!!
以前から「幕末モノ」のドキュメンタリーや書籍などでひっぱりだ
こだったこの外輪船が、今回の映画でも大活躍しています。
観光丸2.JPG

後にイギリス人達から敬意を込めて「長州ファイブ」と呼ばれるよ
うになった彼ら5人が、開港間もない横浜から決死の覚悟で乗り
込んだ船が、ジャーディン・マセソン商会所有の船<チェルス
ウィック>でした。極秘裏に出国後、上海で<ペガサス>と
<ホワイト・アッダー>に分乗。ロンドンへと渡航します。
<観光丸>の役どころはこの蒸気船です(どの船かは映画を観て
からのお楽しみ♪)。

見つかれば死罪の危険を冒しながら海を渡った彼らは、数年間
イギリスで様々な経験を積んだ後帰国し、後年その志どおり、
いずれも日本の歴史に偉大な功績を残す人物へと成長します。
なかでも伊藤博文(初代内閣総理大臣)は、帰国して数年後、
初代工部卿となってあの<明治丸>の建造を発注しているのですから、
人生って不思議なものですね!

☆2007年2月10日より全国ロードショー☆
公式サイトでもよりの公開映画館をチェック!
posted by SaltyFriends通信 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。