2012年06月24日

□■ おススメ☆彡塩本「チムとゆうかんなせんちょうさん」[2] By みっきー ■□

今回のおススメ☆彡塩本は、前回のピー(覚えてますか?)に引き続き、瀬田貞二つながりの
「チムとゆうかんなせんちょうさん」
作・絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:瀬田貞二
発行:福音館書店
です。

主人公は、船が大好きなチムという男の子。
ストーリーは、不正に乗り込んだ船でちょっとした座礁をしてくる、というもの
なんですが、ハラハラドキドキ楽しめるシーンが山盛り!
乗り込んだ船の船長が土壇場で船乗りの背中ってやつを見せてくれるんですが、
これがまたカッコいい!
けっして、親切でも優しくもない船長なんです。
でも海で生きるってことを(不正に)乗り込んだチムにも、ちゃんと求める姿が
やっぱり海の男だなぁ!と。
こういう船の世界、社会?ってのをストレートに感じ取れるのがチムシリーズの
魅力かなと思います。

小さいときによ〜く読んでいた本なので、私の持っている本はボロボロなんですが
今でもお気に入りの一冊です。
SaltyFriendsが船の科学館でやっていたお話会
http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/162408270.html
でも使ったのですが、久々に読んでみてまた!新しい感動を覚えました。

船が好きな子供たちと一緒に読みたい一冊です。

チムとゆうかんなせんちょうさん―チムシリーズ〈1〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本) [大型本] / エドワード アーディゾーニ (著); Edward Ardizzone (原著); せた ていじ (翻訳); 福音館書店 (刊)

(みっきー)
posted by SaltyFriends通信 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。