2012年06月24日

□■ SaltyFriends 年報2011 ■□

2011年 Salty Friends 活動年報

以下、SFが企画、運営から携わったイベントや、他団体が
主催・企画したイベントへ参加したものなどを時系列に沿ってご報告。

2月8日〜27日
船館読書ルームにてミニ企画展「探検航海の時代」。
本館で開催した「白瀬南極探検隊展」にあわせて
<開南丸>で日本人で始めて南極へ航海した白瀬矗(しらせのぶ)や
大航海時代、キャプテン・クックなどを特集しました。

5月4日
船館読書ルームにて、絵本の読み聞かせ「第4回 海と船の
おはなし会」開催。使用した絵本は、エドワード・アーディゾーニ作
「チムとルーシーとかいぞく」。
第1回で使用した「チムとゆうかんなせんちょうさん」の続編にあたる本作品は
前回同様、わくわくドキドキの連続です。コミカルなシーンでは、
子供たちが声をあげて笑ってくれました(よっしゃ〜!)。
第4回おはなし会 チムとルーシーとかいぞく.jpg


6月4、5日
東京海洋大学越中島キャンパス学園祭「海王祭」。
<明治丸>リフィットボランティア活動のPRをするため
「塩友商会」として参加し始めて、早いもので6年目となります。
今回はいつもの「明治丸クイズ」やオリジナルグッズ販売に加えて
「船の科学館」の協力で「帆船缶バッジ」を行いました。
用意した100個分の材料は、二日目の昼過ぎにはSOLD OUT!
今年もやりますよ〜♪
2011年6月海王祭 今年もありがとう.jpg
なななんと!お客様の中に、2010年版のSFTシャツを
着ていらして下さった方が!!ベビーカーと一緒という状況から
ご近所の方でしょうか?有難うございました(感涙)。
(写真:Gingaさん)


7月1日〜18日
船館読書ルームにてミニ企画展「海の日と明治丸」。
海洋大、明治丸海事ミュージアム事務局の協力を得て
「海の日」の由来や<明治丸>のリフィットボラ活動の紹介。
さらに<明治丸>の現状などをレポートしました。
この企画展を観るため「だけ」に来館されたお客様もいらして感激!
読書R「海の日と明治丸」1.jpg


7月31日
船館読書ルームにて、絵本の読み聞かせ「第5回 海と船のおはなし会」開催。
使用した絵本は、儀間比呂志作「ふなひき太良(たらあ)」。
沖縄が舞台ということで、おはなしが終わった後は
カチャーシータイム!SFメンバー行きつけの沖縄料理店「芭蕉布」の
「おかぁ」さんのリードで、みんなでカチャーシーを踊りました。
めっちゃ盛り上がりました!楽しかったぁ♪
第5回海と船のおはなし会 ふなひき太良.jpg 第5回 海と船のおはなし会 カチャーシー.jpg
左:おはなしの中にたくさん出てくる沖縄弁の発音を
芭蕉布の「おかぁ」さんに習い、ヒッシに練習しました。
「まーらんぶーにーぬ、いっちちゅううんどー!」
右:さすが!沖縄ジモピーのカチャーシーは一味違います。
「おかぁ」さんのリードで、最初は固まっていた子供たちも
徐々に手を振り上げてDance!!るんるんるんるん


8月13日
船館読書ルームにて「船と海かるたとり大会」開催。
7月下旬から開催した「船と海かるた」のイラスト、
海洋船舶画家、谷井健三さんの原画展とリンクさせたイベントです。
実物の「船と海かるた」を使って、子供たちとかるた取りに熱中!

作者の荒川船長にもお越しいただき、誰かが一枚とるごとに
内容について、簡単にわかりやすく解説をしていただきました。
船と海かるたとり大会 真剣勝負.jpg
超真剣な子供たち。いい加減なジャッジは許されませんふらふら


8月15日
船館読書ルームにて、オリジナル紙芝居「ふなゆうれい」開催。
今までのおはなし会は、既成の絵本を使って読み聞かせを
していましたが、今回はストーリーから作画、おはなしまで
全部オリジナルの紙芝居を作りました。
オリジナル紙芝居「ふなゆうれい」表紙.jpg
東北地方を中心に、日本中に残る船幽霊の怪談をもとに
作った紙芝居「ふなゆうれい」表紙絵。
おはなしの舞台は伊勢湾。セリフはナンチャッテの名古屋弁ですいい気分(温泉)


みんなでアイデアを出しあって、部分的に絵が動くように
工夫したり、船幽霊の声をサラウンド?にしたり。
もちろん、大豆で波の音を出す効果音「波造(なみぞう)」も大活躍。
「ひしゃくを貸せぇ・・・」海の中からのびる沢山の青白い手;;
子供たちは目がまんまる、口が半開き(笑)。


9月10日、24日
船館読書ルームにて「さわれる模型体験会&海と船のおはなし会」開催。
毎日新聞で船館の読書ルームを紹介していただき、それが
きっかけとなって企画されたイベントです。

視覚障害のある方々にも、船をもっと知っていただきたいと、
和船(4隻)、<エスメラルダ>、<咸臨丸><日本丸>などの模型に、
実物のセイル(部分)やビレイピン(索止め栓)、ヒービングライン&
サンドレッド(接岸時、太索につないで船から岸壁に投げる道具)を使用。
実際にさわっていただきながら、SFボラチームが逐一解説をしました。
このイベントのために、わざわざ大阪から来館された
お客様もいらして、改めて「さわれる」ことの大切さを実感しました。

読書ルームで一緒にボラ活動をしている海洋会の方にも
体験談などを披露いただき、「海と船のおはなし会」
(10日:『ちいさな赤いとうだい』、24日:『ふなゆうれい』)も
開催した、盛りだくさんのイベントでした。
さわれる模型体験会 1.jpg
「船の科学館」本館は2011年10月よりリニューアル準備のため休止中
(ミニ展示場と南極観測船<宗谷>は営業中)ですが、いまだに
船の科学館には「さわれる船の模型があると聞いたので、触ってみたい」と
視覚障害のあるお客様からの問い合わせが時々あります。
リニューアル後は、さわれる模型で船の歴史が全部網羅(丸木舟〜帆船〜
軍艦〜現代の客船、貨物船etc.)できるようになるといいなぁかわいい


11月12、13日
若洲海浜公園アート&海イベント「Sea Front Museum in Autumn」
(通称『シーフロ』)運営補助。
このイベントも、お手伝い歴は5年になります。
「塩友商会」でオリジナルグッズ販売とワークショップをしながら、
若洲ヨット訓練所所有の<ギグ>乗船会の乗船受付窓口を担当。

今回のワークショップはお馴染みのプラ板、缶バッジに加えて
新しい試み、ワイヤーアートを展開。毎回試行錯誤の連続ですが
子供たちにウケると、よっしゃ〜!♪とやりがいを感じます。

新しい試みとしては、もうひとつ「さわれるヨット体験会」を
開催しました。「スナイプ」(2、3人乗りの小型ヨット)を
陸上にあげ、さわっていただきながら、SFボラチームがパーツの名前や
セイリングについて解説する、という試みです。
会場では「ファミリーカメラマン」などのイベントも行われており
ヨットは格好の被写体になったようです。

主催者側から、視覚障害のある方々をお招きしての<ギグ>乗船会と
「さわれるヨット」は大変意義のあるイベントと認められ
今年2012年の「シーフロ」でも開催されることになりました!
2011年若洲シーフロ 中澤さん.jpg 2011若洲シーフロ リピーター!.jpg 2011若洲シーフロ Gigs.jpg 若洲 WSワイヤーアート.jpg ちぎり絵2011製作中.jpg ちぎり絵2011 若洲屋丸と花火.jpg 
左上:SFボラチームの「大型新人」ぴかぴか(新しい)87歳の中澤さん。(右から二人目)
「海洋会」(東京海洋大学OB会)メンバーでもある中澤さんの
十八番はロープワーク。後ろは「さわれるヨット」。スナイプ級の
ディンギーを陸置きしてさわっていただきました。
右上:なななんと!若洲でも「塩友商会」のリピーターがっハートたち(複数ハート)
「去年買ってもらったの」と、ソルティ手ぬぐいを巻いて
来てくれた女の子。
左中下:普段はギグとセイリングクルーザーを1隻ずつ出すことが
多いのですが、2011年は2隻ともギグでした。渋いセイルの色が
絵になってますね。
右中下:今回初の試み「ワイヤーアート」。手と道具を使って一筆書きの
要領で形をつくっていきます。写真はメモホルダーのヨット&イルカ。
左下:2011年版ちぎり絵は、和船がモチーフ。お客さんに
ちょっとずつ貼っていただきます。
右下:完成した「若洲丸と花火」。若洲ゴルフリンクス会議室にて。


12月12日
ロシアの練習帆船<ナジェージダ>入港歓迎&見学会
入港時に大桟橋の突端にあげた、ロシア語の「ようこそ!
ナジェージダ」横断幕は、乗組員に大好評。
横浜大桟橋は「SOLAS条約」(海上における人命の安全のための
国際条約)適用岸壁のため、当初予定していた一般公開ができなかった
<ナジェージダ>ですが、事前に船に直接申し入れ、10名限定で
見学会を開催しました。

Nadezhda entering Yokohama.jpg Nadezhda Elena.jpg
左:横浜港大桟橋に接岸作業中の<ナジェ>。
右:見学会で案内して下さったエレーナさんは、主席指導教官
というエライお方ぴかぴか(新しい)ですが、超ーーフレンドリーわーい(嬉しい顔)
かなり遠くからでも分かる赤毛がチャームポイント!


船関係者同士、ということもあるかとは思いますが、
<ナジェ>のクルーは、とっても親切!北方四島問題など、
日本とロシア両国の間にはいろいろ複雑な問題もありますが、
人と人とは、気持ちさえあれば分かり合えますよね。

出港には再び「また会いましょう」とロシア語で書いた
横断幕を持参し(夜だったので電飾つきです☆クルーはみんな
バシバシ写真を撮ってました)別れを惜しみました。
何度も「アリガトウ、アリガトウ」とロシア大使館の方に
感謝されたのが、とても印象に残った来日でした。

かわいいおまけかわいい
2011「年度」として、もう一つご報告。
この3月末、「明治丸海事ミュージアム事業」に
Salty Friends&SFボラチーム有志より、20万円の募金をしました!!
ちょっと頑張りました!手(チョキ)
2012年6月の明治丸.jpg
7月16日(月・祝)は「明治丸シンポジウム」@東京海洋大学
越中島キャンパス。お時間のある方はぜひ!足をお運び下さいかわいい
posted by SaltyFriends通信 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。