2006年11月10日

★Ch16★

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO


◆ チリ海軍練習帆船<エスメラルダ>来日決定!◆
````````````````````````````````````````````````````````
前回2004年の来日から2年。もう日本では「お馴染み」と
なりつつあるチリの<エスメラルダ>が、来年もやって来ます!!
来年は「日智修好110周年」にあたり、今回も経済関連のイベン
トが数多く催される予定。

前回の来日時に開催したSFの艦内見学会は、参加希望者が募集
定員をはるかに上回ってしまうほどの大人気でした。次回はなるべ
くたくさんの方に参加していただけるよう、計画いたしますので
お楽しみに!

来日は今のところ、9月上旬とのこと。詳しい情報はまた随時
当メルマガにてお知らせしていく予定です。

La Esmeralda.jpg
南米バルパライソの海を航る<エスメラルダ>
写真提供/Sr. Ramon Arevalo, Muchas gracias!!

◆2007年4月、韓国の麗水市で帆船まつり開催決定!◆
````````````````````````````````````````````````````````
帆船まつりでよく来日する、韓国の練習帆船<コレアナ>のホーム
ポートでもある麗水(ヨス)市は、その名のとおりとても海のきれ
いな町。2002年の「セイルコリア」ではあの<海星>をはじめ、
たくさんの大型帆船が寄港し、クルーパレードも行なうなど、かね
てから帆船の招致には積極的な土地柄です。

ここで2007年4月18日〜22日、帆船まつりの開催が決定
しました!参加帆船はまだ未定ですが、ここを母港とする<コレア
ナ>のほか、ロシアの大型帆船ほか数隻とのこと。

この機会に、ぜひ「帆船を観に"テーハミングック"へ!」
詳細はまた追ってお知らせいたします。お見逃しなく☆

Yosu 2002, Tucker & Kaisei.JPG
「セイルコリア」に参加した<海星>より。中央はニュージー
ランドの<R・タッカー・トンプソン>。後方の町がヨス。


◆ハワイの航海型カヌー<ホクレア> 続報◆
````````````````````````````````````````````````````````
すでに来日が決定したハワイの<ホクレア>ですが、いよいよ
日程などの詳細が決まりつつあります。日本人クルーとして乗り
組む荒木汰久治さん(オーシャンアスリート)は、年末に日本を
出発し、ハワイで<ホクレア>に乗船予定。船長のナイノア氏との
息もバッチリ☆のようです。

今のところ1月6日にホノルルを出航、ミクロネシアを経てパラオ
の後、12日間程かけて4月1日、日本最初の寄港地沖縄に寄港、
横浜寄港は5月14日の予定。その間他に熊本、長崎、福岡、山口
広島、愛媛にも寄る予定ですが、これらの港が選ばれた理由は、
その昔、ハワイへの移民が多い土地であったことだそうです。

この航海に合わせ、寄港先の地元では高校生など子供達を対象に
した、伝統航海術やハワイ文化のワークショップなども開かれる
とのこと。

自身も日系アメリカ人から海について学び、また19世紀に東京の
学習院で学んだ祖先もいるナイノア氏(<ホクレア>号船長でポリ
ネシア航海協会常任理事)も、「日本の人たちの、ハワイ文化への
貢献に感謝したい。そして平和について考える、これ以上にない
(良い)航海にしたい」と語っています。

続報はまた、入り次第お知らせいたします。

      

★プチCh16★  〜小ネタ集〜     

◆神奈川県横浜市、山下公園に係留展示している客船の<氷川丸>
の非公開見学コースが只今大人気!帆船ではありませんが、往時を
しのぶ船内のインテリアは一見の価値アリですよ〜!
詳しくはこちら↓
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxinov85/
http://www.hmk.co.jp/emenu/capts_tour/capts_tour.html

◆2007年3月、箱根芦ノ湖に3代目海賊船が就航予定です。
…でもモデルがイギリスの<ヴィクトリー>で「海賊船」って、
イギリス人が聞いたら怒りませんかねぇ??
詳しくはこちら↓
http://www.d-cue.com/program/info/data.info/1953_4024452_.pdf

◆山形県酒田市で、千石船を復元!!
和船建造では国内屈指の技術を誇る「気仙船匠会」が、山形県で
新しい千石船を復元することになりました。

「気仙船匠会」としては<気仙丸><白山丸><浪華丸>
<みちのく丸>に続いて、五隻目の建造となります。今回は外観
だけでなく内部も忠実に再現し、建造には市内の子供達も総合学習
の一環として参加する予定、とのこと。素晴らしいっ***
詳しくはこちら↓
http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws1690

◆沈没した<スカンジナビア>
2年前にSFバスツアーを開催した折に見学した、静岡県沼津の
海上ホテル<スカンジナビア>がこの9月2日午前2時、上海へ
向けて曳航中に沈没したニュースは、皆様ご存知かと思います。

サルベージの専門家の話によりますと、この<スカンジナビア>が
沈んでいる和歌山県串本町、潮岬沖はたいへん海流の流れが速く
かつ沈んでいる72メートルの水深は、ダイバーが潜って作業でき
る深さを超えている、とのこと。サルベージできたとしても、億単
位のお金がかかるようです。
残念ながら<スカンジナビア>は、このまま半永久に「魚の寝床」
になる可能性が高そう…。

沈没のニュースは↓
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/09/03/01.html
posted by SaltyFriends通信 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。