2005年03月15日

109歳のおばあちゃん帆船

SaltyFriendsのサイトでも参加者を募った、109歳の木造帆船
<キャリアド>の世界一周お見送り航海。
天候の影響もあって、結局出港したのは7日の月曜日。
その後も相当大変な航海のスタートとなったようです。

<キャリアド>は1896年にイギリスで建造された美しい2本
マスト、ガフケッチ。普段は東京湾でクルーズ船として活躍するほか、
各地の帆船まつりなどにも参加していました。
そして、今回3年間の予定で、世界一周航海に出ることに。

3月5日に予定されていた船出の計画では、浜離宮を出た後、
横浜のぷかり桟橋までお見送り航海の参加者を乗せ、その後
航海へと出帆する予定でした。

しかし天候不良などから、出帆は7日に。そして、横浜までの
お見送り航海も中止になりました。
でも逆にこんなラッキーな人も。

「出航が延期(更に延期)になり、運良くこれから世界一周への
旅に出る世界最古の「キャリアド」に逢えてとても感動しました。
そして帆船仲間の方々に囲まれ、交流、帆船談議に大満足致しました。
お見送りに参加して本当に良かったです。またこのような機会が
あることを願っておりますし、その際には是非とも参加をして参り
たいと思います。
本当に楽しく有意義な時間をありがとうございました!と共に
お世話になりました。
航海の無事と達成を心からお祈り致します。」(ホウキさん)

ホウキさんは、<キャリアド>で友人とコンビで、
「ホウキとチリトリ」と命名されたそうです。
そしてチリトリさんは・・・・

「知識も経験もない私を乗船させて下さったクルーの皆様、
そしてキャリアドを今後も支援していければと望みます。
なにもかも初めて尽くしで体当たりしたけれど今はただ、
…ただ、キャリアドがいとおしいです」(チリトリさん)

初めての航海の感動って一入ですよね。
その気持ちを大切に、ぜひ友だちに伝えてください。
「フネは俺の恋人だ」というわけではないけど、
朔弥さんにとって、109年経っても美しいフネの姿は
将来像に(?)重なって見えたようです。

「キャリアドに乗ってきました!
109歳のおばあちゃんはまだまだ現役でした。
あんな風に年をとってキャリアドのような
おばあちゃんになれたらと思います。」(朔弥さん)

ぜひぜひ、ステキなおばあちゃまになってください。
そのためにも?ステキなフネにたくさん乗ってください。

来月号の「SaltyFriends通信」ではキャリアドのちょっぴり
大変なたらーっ(汗)船出の様子を乗船していたホウキさんの
迫真レポートでお届けします。


posted by SaltyFriends通信 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。