2006年09月10日

◆ 今年もWYRに参加したNEVERLAND乗船記 byばーさん ◆

NEVERLANDは、37年前に岡本造船で建造された24フィートの
ディープキール、1本マストの木造ヨット:Wooden Yachtです。木
造ヨットの定義は船体が全て木造であること、必ずしもマストも
木造であるとは限りません。
現在、府川さんがキャプテンをして、横浜ベイサイドマリーナ
(以下YBM)を本拠としています。そんなわけで、十年ほど前に関
東近辺の木造ヨットオーナー十数名によって結成された木造ヨット
クラブ:WYC(Wooden Yacht Club)主催で、年1回開催される木造ヨ
ットレース:WYR(Wooden Yacht Race)に初回から参加しています。

WYR with the  Jolly Roger.jpg
海賊旗をあげる<ネバーランド>

始めはWYCで独自にレースを開催していました。しかし、数年前か
らスポンサーがつき、開催されている相模湾ヨットレースのクラ
シック部門と一緒にレースを行っています。
今回は、2年ほど前からシーボニアの経営母体の京急がスポンサー
となり開かれている「リヴィエラカップレース」のクラシック部門
への参加となりました。

2006年のクラシック部門は15艇が参加、そのうちWYC所属のヨット
はその半分程度でした。結果を先に話しますが、NEVERLANDはレー
ティングを計算しても、残念ながら17出廷中17位でした。ちなみに
16位との時間差は51分。ただし、16位は2本マストの木造ヨット・
ヨールの「タキ」でした。ヨールなので、セイルはジブ、メイン、
ミズンとステイスルの4枚もセット出来ます。
彼女とはWYRで常に着順を争っている好敵手ですが、今年は大差を
付けられました。来年に期待したいところです。

「たき」の雄姿.jpg
ライバル?<タキ>の雄姿

レース結果が先になってしまいましたが、以下にレース前後の話を
しましょう。NEVERLANDがWYRに参加するためには、ヨットを東京湾
側にあるYBMから、相模湾側にある三浦・小網代湾のシーボニアま
でもって来なければならず、レース終了後は逆に、相模湾側から東
京湾側のYBMへもって帰らなければなりません。
すなわち、YBMからシーボニアで1日、レースで1日、シーボニアか
らYBMで1日の、3日必要となります。今回は祝日の「海の日」が7月
17日月曜で、レースが7月16日となりましたので、その3日間を連休
として取れた私は、その全航程に関与することが出来ました。

その3日間を簡単に話します。7月15日土曜、天気は曇りでしたが
今にも雨が降り出しそうな天気でした。府川さんもYBMへ来るのは
現在、千葉のヨット工房での仕事がメインの日常では、久しぶり
の事。
下の写真はそのような、ちょっと整備が必要なNEVERLANDです。

NEVERLAND雄姿.jpg

レース参加回航クルーは5名、10時半出航、途中城ヶ島のハーバー
に立ち寄り、シーボニアに着いたのは午後3時過ぎでした。2日目
レース本番、クルーは昨日の5名に1名増え6名でした。レース前に
WYCの木造ヨットが小網代湾内をパレード、当然NEVERLANDも参加し
ましたが、レース委員長のK先生から「難民船」とお褒めの言葉?
を掛けられたのには驚きました。
レーススタートの11時ごろになると、レース海域は霧で視界が500
m以下となり、スタートが1時間以上も遅れると言うハプニングが
起きます。

リビエラカップスタート前.jpg
「リビエラカップ」スタート海域に集まる参加艇

レース結果は先に話をしたようなものでした。3日目、相模湾から
東京湾のYBMへの帰りの回航のクルーは4名で、昨日まで乗船してい
たクルーは3名でした。出発は10時前、昨日のレース直前を思わせ
る霧が三崎港辺りから発生。特に、定置網があり、常に航路を注意
しなければならない三浦半島先端の毘沙門、松輪沖では、いつ何時
網に引っかかるかとハラハラものでした。

府川さん&笹原さん.jpg
スタートを前に乾杯をする「ネバさん」こと府川さんと
延べ5時間ティラーを握った「けんぼー」の雄姿

そんな海域も無事通過、YBMの府川さんのバースへ着いたのは午後
3時前と予想通りでした。
NEVERLANDは来年もWYRに参加する予定です。往き帰りの回航、レー
スには常に参加者を募っています。ご興味ある方は、来年の予定に
入れてください。日取りは「海の日」が目安です。

(文中写真提供:ばーさん 感謝多謝***)
posted by SaltyFriends通信 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。