2011年01月10日

□■ よろず帆船人突撃インタビュー [51] イラストレーター 西村慶明さん ■□

帆船の絵だけでなく、客船、鉄道、ダイビングの世界でも大活躍中!
西村さんのご先祖様は、「北前船」で絵も運んでいた雑貨屋さん。

今回は、東京お台場「船の科学館」で開催された「全館まるごと
美術館計画 海洋船舶画の世界展」会場でお話を伺いました。


◇西村さんプロフィール◇

お名前:西村慶明(にしむらよしあき)さん
ご生年:1948年
ご出身:京都府舞鶴市

ご趣味:鉄道模型(半分仕事)、ダイビング写真(これも半分仕事)
    「・・・好きなことを仕事にすると、趣味がなくなっちゃいま
    すね(笑)」とご本人。

西村慶明さん.jpg
船の科学館「全館まるごと美術館計画 海洋船舶画展」会場にて


以下、西村慶明さん:YN 敬称略
   Salty Friends:SF
(添付写真のキャプションは、すべて西村さんご本人によるコメントです)


SF:そもそも、絵を志されたきっかけは何だったのですか?

YN:実家が、江戸時代から船の絵も扱う雑貨屋のようなことをやっていまして。
  ふすま絵、屏風絵、錦絵などを、京都から絵師を招いて描かせ「北前船」
  に積んで北海道へ売りに行っていたんです。
  
  実家にこれらの絵がたくさん残っていて、小さい頃はよくこれに落描きを
  (!)していました。なので、最初に親しんだのは実は墨絵なんです。

西村慶明さん作品 1:.jpg 西村慶明さん作品 2:.jpg
左:米国の5本マスト・木造スクーナー、船名は特定せず。戦前、シアトルか
  ら米松を積んで日本へやってきていました。場所は三陸沖。鳥の群れは
  オオミズナギドリです。
右:オランダ・テクセル島沖をかすめてドイツに向かうドイツの3本マスト・
  バーク型練習帆船のイメージ。ドーバー海峡をすぎると、帆船は浅いテム
  ズ河口をさけてオランダ寄りを走ってゆきます。
  
  
YN:海上保安庁から海上自衛隊に入った父の仕事の関係で、高校の時に上京し
  その後進学する時に「絵をやりたい」と。ただ、絵描きでは食えないぞと
  家族に反対されましてね。では商業デザインをやろうと、1968年に東京
  渋谷区にある、桑沢デザイン研究所に入学しました。
  
  その後父が海自を退職し、大阪商船に入社。今度は貨物船の通信長になっ
  たんです。その頃は寄港地に船が入るたび、母の代理で父に着替えなどを
  届けに行っていました。
  ちょうどその頃写真をやりだした私は、父に届けものに行くたび、沖に停
  泊していた船を外から撮っていたんです。
  
  その写真を、当時サントリーに勤めていた従兄弟に見せたら「うちに船好
  きのイラストレーターさんがいるよ」と、柳原良平さんを紹介されました。
  当時、買ったばかりの望遠レンズを使って写真を撮っていたんですが、ご
  存知のように、望遠を使って撮ると被写体が少し左右に縮みます。これを
  柳原さんにお見せしたら「面白い」と。
  
  で、柳原さんに「僕のイラストの資料のために、写真を撮って欲しい」と
  頼まれまして、在学中にバイトで船の写真を撮っていました。
  
西村慶明さん作品 3:.jpg 西村慶明さん作品 4:_edited-1.jpg
左:フランスの鋼製ニッケル鉱石運搬船「フランス」2代目です。ニューカレ
  ドニアのヌメアからアフリカ廻りでボルドーまで年1往復の航海をやりま
  した。手前の大型タグはケープタウンのもので、「サー・デイビッド・
  ハンター」。ケープタウン寄港時の情景です。
右:オランダ・北海運河を帆走するポーランドの練習帆船「ダー・ポモーザ」。
  北海沿岸のアイムイデンからアムステルダムまで49マイルの航行です。
  KLMの機内誌「ウインドミル掲載。
  
  
SF:柳原良平さんと言えば、最近またハイボールが流行っているらしく、時々
  「アンクル・トリス」を見かけますね。では船の写真がご縁となって、
  柳原さんと一緒にお仕事をなさることになったんですね?
  
YN:そうなんです。それからしばらくバイトで資料の写真を撮っているうちに
  柳原さんから「一緒に本を作ってみないか」と誘われ、至誠堂で編集兼
  カメラマンの仕事を始めました。「柳原良平 船の雑誌」など、色々な仕
  事をご一緒した後、オーシャンライフに入社。10年ほど編集の仕事をした
  後でフリーになり、現在に至っています。
  
  
SF:なるほど。柳原さんとの出会いがあったから、今の西村さんがいらっしゃ
  るんですね!
  ところで、ご実家は北前船、お父様は海保、海自、商船の船乗りでいらし
  たんですよね。ご自身はいかがですか?帆船の絵もたくさん描いていらっ
  しゃいますが、乗船、航海なさったことはありますか?
  
YN:はい、撮影のために<日本丸>や<海王丸>の回航などに乗せてもらった
  ことはありますね。あと、オランダで復元した<咸臨丸>の試験航海に乗
  せてもらい、北海を航海したことがあります。
  ただ、<日本丸><海王丸>の時は湾内ということもあり、ほとんどセイ
  リングしませんでしたから、実はこの時はまだあまり「帆船」はピンと来
  なかったんですよ。

  深く関わるようになったのは、オランダ政府観光局から依頼されて取材で
  行った1985年の「セイルアムステルダム」からです。この時、300mくら
  いしか幅のない運河を、帆をあげてガーッとセイリングする<ダル・ポ
  モーザ>などの帆船たちを見て、好きになっちゃいました!(笑)
  それから、これは本気で勉強しようと、あちこちの保存帆船を見てまわる
  ようになり、1997年に大阪で開催された「SAIL OSAKA'97」や、長崎のオ
  ランダ村などにも仕事で関わるようになりました。
  
  
西村慶明さん作品 5:.jpg 西村慶明さん作品 6:.jpg
左:ドイツ・Pラインの練習帆船「パミール」。戦後まで生き残り、オースト
  ラリアのポートリンカーンから小麦を運びつつの練習航海でしたが、大西
  洋で行方不明になってしまいました。
右:アメリカ南北戦争時代の南軍の襲撃艦「シェナンドー」。太平洋で北軍の
  捕鯨船を襲い続けました。ラメール連載の挿絵。
  

SF:オランダ村、ハウステンボスといえば<咸臨丸><観光丸>ですね!先程
  <咸臨丸>のテスト航海に乗船されたとうかがいましたが、あの船を日本
  に回航するとき船長をなさった野崎利夫さんにも、お亡くなりになる少し
  前、この「よろず帆船人」インタビューに出ていただいたんですよ。
  
(野崎利夫さんインタビュー記事:
http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/120651500.html )

YN:そうだったんですか。野崎さんとはオランダで建造していた<咸臨丸>
  建造の現場で、よくご一緒していました。私は造船所のあるデンハーグに
  取材で一ヶ月滞在したのですが、毎日電話で進捗状況を日本に報告してい
  たんです。
  川縁の土手にあるメルウェーデ造船所は、昔ながらの船台で。近くに初代
  の<咸臨丸>を造った造船所の跡地も、産業遺産のような形で残ってい
  るんですよ。
  
  日本への回航には中村カメラマンが乗船して、私は乗らなかったのですが
  出航した早々にひどい天気で、そうとう揺れたらしいです。野崎さん、
  ほんとにユニークで臨機応変な船長さんでしたね。

SF:私も野崎キャプテンとはよく、元日本郵船の大河原さんのヨットでご一緒
  させていただきました。ほんとに楽しい方でしたよね。
  ところで、話は絵のことに戻りますが、西村さんはイラストを描かれる時、
  どんな画材、道具を使っていらっしゃるのですか?特別な「西村スペシャ
  ルツール」なんてあったりするのでしょうか?
  あと船、とくに帆船を描くときに、気をつけていらっしゃることなどあり
  ますか?

YN:そうですね、まず輪郭は「ロットリング」という製図ペンを使っています。
  私達の学生時代には烏口(からすぐち)という道具もありましたが、ロッ
  トリングの方が使いやすいので。彩色はもっぱらアクリル絵の具です。

  道具といえば、曲線定規はアクリル板を削って自作したりしますね。もち
  ろん市販のものも使いますが、なかなかピッタリくるものがない時は、自
  分で作っちゃった方が早いですから(笑)。

  帆船を描くときに一番気をつけるのは、リギング(索具、ロープ)の取り
  まわしです。図面を見ながら、一本のロープがどこから出てどこを通り、
  最終的にどこに繋がるのか、そして何のためのものなのか調べます。これ
  を理解していないと、正確な絵は描けません。難しい部分ですが、でも一
  度覚えてしまえば、他の船も基本的に構造は同じです。

  資料は図面が基本ですが、あれば写真もおおいに参考にします。図面は建
  造途中で変更になったり、運用中に改造が施されることもあり、実物と
  違っていることも多いですからね。
  
西村慶明さん作品 7:_edited-1.jpg 西村慶明さん作品 8:_edited-1.jpg
左:「プロイセン」。ドイツPライン所属の世界最大の5本マスト・シップ型貨
  物帆船。アメリカ・スタンダードのカン入り灯油を世界に配送していまし
  た。
右:アメリカ東海岸のフィッシングボート。店内装飾のための原画で船名は
特定しておりません。


SF:なるほど。模型と同じで「どの時点の艤装を選んで描くか」にもよる訳で
  すね。悩ましいところですね。
  では、もう既に何百隻と描いていらっしゃるとは思いますが、これから特
  に描いてみたい船というのはありますか?

YN:最近、幕末の船に関する資料が新たに出てきているので、そのあたりの船
  を描いてみたいですね。たとえば<いろは丸>とか。
  当時は、上海やインドネシアなどの植民地で建造された、素性の分からな
  い船がたくさん日本に入ってきていたようで、そのへんのちょっと面白い
  船を調べて描いてみたいと思っています。
  

SF:面白そうですね!どんな絵になるのか、また楽しみです。
  それでは最後に、Salty Friendsに何かメッセージをいただけますでしょ
  うか?

YN:大型帆船というものは、日本人にとっては敷居が高いというか、残念なが
  ら文化的に馴染みがあるとは言えません。でも面白い世界なので、ぜひ
  もっと皆さんに親しんで、そして学んでいただければ、と思います。
  
  
本当にそうですね!お忙しいところ、気さくに長時間のインタビューにお付き
あい下さいまして、どうも有難うございました!!

(インタビュー:Qたろー)
posted by SaltyFriends通信 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。