2011年01月10日

□■ CH16 ■□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■■  Ch.16  ■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO


★春の帆船モノ映画「アメイジング・グレイス」「ナルニア国ものがたり」
 「平成ジレンマ」 「パイレーツ・オブ・カリビアン4」
`````````````````````````````````````````````````````````````

今年は春から、帆船が出てくる映画が何本か公開されます。どれも見逃せ
ません!

☆「アメイジング・グレイス」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SF的に、ヨアン・グリフィズといえば、もちろん「ホーンブロワー」!
彼の主演する映画「アメイジング・グレイス」が、3月から順次全国公開
されます。
時代は18世紀イギリス、奴隷廃止主義者ウィリアム・ウィルバーフォース
の半生を描いた作品。制作されたのは2006年で、それから5年後の今年
2011年、やっと日本公開となりました!

その昔、奴隷船が出てくる映画といえば<プライド・オブ・ボルティモア>
が使われた「アミスタッド」という映画もありました。久しぶりに観直して
比較してみても面白いかも♪

「アメイジング・グレイス」公式サイト☆


☆「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原作は、言わずと知れた有名なイギリスの児童文学。今回目を引くのは、
<朝びらき丸>と邦名がついたバイキング・シップ。
オリジナルの名前<Dawn Treader>の船名を聞くと思い浮かべるのは、
静岡の海運・港湾物流業会社、鈴与グループ所属の同名スクーナー!?
2月25日より全国ロードショー。

「ナルニア国ものがたり」公式サイト☆

静岡の<ドーントレッダー>ってこんな船☆


☆「平成ジレンマ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨットをやっていらっしゃる方や、40代以上の方ならご記憶あるのでは
ないでしょうか?1980(昭和55)年に起きた「戸塚ヨットスクール事件」。
あれから30年。今もなお、ニートや引きこもりの生徒達をかかえるこの
スクールの今をとらえたドキュメント映画です。

2010年5月に東海テレビが制作放映した直後、再放送を望む声が殺到したとか。
背景には、モンスターペアレント、学級崩壊など、現在の教育現場が
かかえる深刻な問題があるのでしょうか。

全国順次公開中
「平成ジレンマ」公式サイト☆


☆「パイレーツ・オブ・カリビアン4 生命の泉」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1作めから、回を重ねるごとに増す荒唐無稽感(^^;
それでもやっぱり観てしまうのは、娯楽作品としては文句ナシという点と
帆船が出てくるだけで盛り上がってしまう、という帆船ファンの性?

今回は、ジョニー・デップ以外のキャラクターは一新。ヒロイン「女海賊
アンジェリカ」は、先日お母さんになったばかりのスペイン人女優、
ペネロペ・クルス。

5月20日から全国ロードショー
「パイレーツ・オブ・カリビアン4 生命の泉」公式サイト☆


★ 元海王丸船長、荒川博さん&船舶海洋画家、谷井建三さんコラボ作品
    「船と海かるた」数量限定販売
```````````````````````````````````````````````````

元<海王丸>船長にして、元航海訓練所所長でいらっしゃる荒川さんが
とっても楽しい「船と海かるた」を作られました!イラストは第42回「よろず帆船人」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=140088667にご登場下さった、画家の谷井建三さんです。

船と海かるた.JPG 船と海かるた 2.jpg
帆船ネタもいっぱい♪の「船と海かるた」


サイズはA4版で、一枚ずつ切り離して「手作り」します。
裏には手旗信号の覚え方、トリビアちっくなネタの解説など。
船仲間といっしょに遊べば、盛上ること間違いなし!

面白くてためになる「船と海かるた」は部数限定(500部)で、一部700円
(送料別)。荒川さん直販で、Salty Friendsが仲介します。
ご希望の方は、stbd@saltyfriends.comまで
タイトルを「船と海かるた購入希望」とし、お名前・ご住所・お電話番号・
購入希望数を書いてメール下さい。


★<あこがれ>「第64回 東京みなとまつり」参加決定!
`````````````````````````````````````````````````````````````

東京港が国際貿易港として開港したのは、1941(昭和16)年5月20日。
この日を記念して、毎年5月20日前後の週末、晴海埠頭を中心に
「東京みなと祭」のイベントが行われています。

2011年は、東京港開港70周年。これを記念して今年の「東京みなと祭」は
いつもの航海訓練所の大型帆船に加えて、大阪から<あこがれ>も参加!
期間中、一般公開とセイルドリル(展帆訓練)が予定されています。

晴海埠頭会場と「船の科学館」会場の2箇所で開催される第64回
「東京みなと祭」の詳細は、東京都港湾振興協会のサイトに近日中に
アップされる予定とのこと。お楽しみに♪


★復元帆船<飛帆(フェイファン)>、解体決定・・・!
`````````````````````````````````````````````````````````````

毎年「長崎帆船まつり」に華を添えていた、中国明朝〜清朝初期
時代の復元帆船<飛帆>が、老朽化のため今年の「長崎」を最後に
解体されることが決定しました。ショック↓↓↓

<飛帆>は、その昔中国の福建地方で作られていた木造船
<大福船>の船型を復元したもの。かつて日本と中国を結んでいた
海洋文化、交流の歴史の象徴ともいえる、貴重な船ゆえに
今回の決定は、残念でなりません。

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/htb/2011/02/26093942.shtml


★ネルソン提督の旗艦<HMSヴィクトリー>、大規模修復へ!
`````````````````````````````````````````````````````````````
英国のポーツマス軍港、ヒストリック・ドックヤードに保存されている
戦列艦<ヴィクトリー>は、1765年に建造された第一級戦列艦。現役艦船と
しては、世界最古です。
ナポレオン戦争時代の「トラファルガー海戦」で、ネルソン提督の旗艦を
つとめ、フランス・スペイン連合艦隊を撃破(ネルソン提督自身は、戦闘中
敵弾を受け死亡)。

ポーツマスには1922年から係留されていますが、立派な現役の軍艦で
今でも新任の艦長は、<ヴィクトリー>で「艦長心得」を学ぶことになって
いたり、重要な海軍の式典の会場としても使用されています。

HMS Victory 2005,IFOS.jpg
2005年ポーツマスで開催されたInternational Festival of the Seaにて。
<ヴィクトリー>一般公開には長蛇の列。


この<ヴィクトリー>が、今年2011年夏から船底を中心に船体全体を
補強する、10年がかりの修復工事に着手するとのこと。折しも英国では
財政赤字のため国防予算も大幅削減となり、海軍もその波をかぶりつつ
あります。が、そこは焼失した<カティ・サーク>復元の為に、あっという
間に膨大な寄付が集まってしまう英国。きっと「我らが<ヴィクトリー>を
守れ!」とばかりに、あちこちからボランティアや寄付が集まるのでしょう。

<ヴィクトリー>と同じ敷地内に保存される、ピカピカの<HMSウォリアー>は、
日本の<明治丸>と「同い年」。この扱われ方の雲泥の差・・・###

ふらふら・・・と書いてしまいましたが、よく調べたら<ウォリアー>の方が
14歳も年下でした!!爆弾
お詫びと共に訂正させていただきます。申し訳ありません!



★<みちのく丸>北前船の航跡をたどる旅
`````````````````````````````````````````````````````````
北前船<みちのく丸>は、復元「北前船」としては日本で唯一
実際に航海できる貴重な船です。昨年は、船体の腐食等から
一時航海を中断し、リフィット作業が行われていました。

今年は北海道から島根まで、「北前船」の航跡をたどる航海が
計画されています。
2011年7月に青森を出航し、北海道に寄港した後、島根県へ。
福井、石川、富山、新潟、山形、秋田の各県に寄港しながら日本海
沿岸を北上し、8月末に青森へ帰港する予定。

関連記事☆

みちのく4.jpg
(写真提供:みちのく北方漁船博物館)


★「英国帆船軍艦のマスティングとリギング 1625〜1860」翻訳本
`````````````````````````````````````````````````````````````````
帆船模型製作者の間では「バイブル」的存在だったこの本。
英語が堪能な方は、原書で買って読んでいた方もたくさん
いらっしゃると思います。
そんな憧れの本が、横浜帆船模型同好会会長、山本信樹さんの
手によって翻訳され、このたび海文堂より出版されました。

帆船模型の参考書としてだけでなく、当時の帆装軍艦の歴史を知る
上でも貴重な資料です。

◇書誌データ◇

ジェームス・リーズ 著(英国国立海事博物館 上級管理官)
山本信樹 訳(横浜帆船模型同好会 会長)

A4上製・352頁・定価(本体12,000円+税)
ISBN978-4-303-10260-9
初版2011年2月発行

http://www.kaibundo.jp/syousai/ISBN978-4-303-10260-9.htm

posted by SaltyFriends通信 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。