東京都江東区にある若洲海浜公園。こちらで毎年行われる「Sea Front Museum」
略して「シーフロ」は、海とアートをテーマとしたイベントです。2007年の秋
から、我々SFボラチームも毎年お手伝いしており、今年で4回目の参加とな
ります。

  
左上:目の前は東京湾。若洲海浜公園は、園内にヨット訓練所、ゴルフ場、
   キャンプ場があり、広々***
右上:セイリング中のギグ。海から見る「ディズニーシー」もオツなもの。
左下:アイキャッチの帆船凧、目立ってました!


「シーフロ」でのSFボラチームのおもな活動は、「ギグ」体験乗船会の受付
とお客様の補助(ライジャケ着用のお手伝いや、桟橋までの誘導)、SFアン
テナショップ「塩友商会」でのグッズ販売とワークショップなど。
今年はお天気が良かったこともあり、人出はまずまず。今回も「ギグ」の乗船
会は、初日の初回を除いて毎回ほぼ満員御礼でした。キャンセル待ちが出た回
も!

プラ板キーホルダーとちぎり絵がメインだったSFワークショップも、たく
さんの子供たちに参加してもらえました。今回のちぎり絵は、ポルトガル海軍
練習帆船<サグレス>です。ヨーロッパ大陸西の端をバックに、フルセイルで
走る<サグレス>を和紙で貼りながら、子供達やお母さん、お父さんに、夏に
横浜港で一般公開をお手伝いしたことをお話しすると、「観に行きたかった!」
と残念がる方もいらっしゃいました。

 
左:ちぎり絵、スタート!貼り出したら止まらない(笑)。
右:鋭意制作中。完成した絵は、SFの年賀状になる予定です。
  新年のSFサイトをお楽しみに♪
  

帆船プラ板キーホルダーは、相変わらず人気のワークショップで、二日間の開
催時間中、とくに午後はほぼ途切れることなく「塩友商会」のテントでは、
オーブントースターの「チーン*」という音が聞こえていました。

そうそう!ご存じない方に。なぜオーブントースター↑かといいますと、プラ
板は、絵を描いたあとトースターで加熱、プレスして板状に成形するのですが、
加熱しているあいだに「ぐにゃ~ん」とスルメのように変形するのです。その
過程が、子供たちにはたまらなく面白いらしく、いつも「おぉー!」「ひゃ
あ~!」と歓声があがります。お手伝いする我々もニコニコです(^-^

すっかりSFワークショップの看板になった感のあるプラ板ですが、船館の
夏休み工作ひろばでは、このキーホルダーをモビールにしたり、バリエー
ションも広がりつつあり。
今後も、より海・船に親しんでいただけるような楽しい工作にチャレンジ
していきたいと思っています。

 
左:大人も子供も真剣です。今回はお客様も中国、韓国、アメリカ、ロシアの
  方がいらしたりと、インターナショナルでした。
右:下絵のガレオン船やスクーナーをなぞって、色を付けるもよし、自分で
  自由に好きな絵を描いてもよし。加熱、プレスして金具を取りつけ完成!