2006年04月10日

◆ 2006年長崎帆船まつり by ジュン ◆

桜の見頃も終わり、もうすぐ黄金週間ですね。
長崎では帆船が集まる、帆船好きのための大イベント
「長崎帆船まつり」が始まります!
今年の目玉は100メートル超の大型帆船贈隻の初同時入港!
長崎から帆船ファンに熱いメッセージが届いてます。

長崎帆船まつり副実行委員長、佐々木 康夫氏から
SaltyFriends読者に向けてコメントをいただいてます。

『長崎港 今から200年から400年前までの間、日本で唯一海外に
開かれた港でした。狭い長崎港には、当時オランダ、中国の帆船が
多多く寄港し、海外の)化の窓口として街は発展してきたのです。
その長崎港で、4月27日から5月1日の間、8回目の帆船まつり
が開催されます。

今年は、ロシアから<ナジェジュダ>、<パラダ>の2隻の大型
帆船、韓国から贈本マストのスクーナー<コレアナ>に加え、
国%からは<日本丸>、<海王丸>、<あこがれ>、<観光丸>
そして地元長崎港の旗艦帆船「飛帆」の贈隻の損加です。
卒間中は、一般公開の他パレード、セイルドリル、!験乗船、
カヤック、ヨットレース、夜は花火も予定されています。
すり鉢状の長崎港は、周りの損の上からも帆船が楽しめます。
お待ちしています。』

つづいては、長崎市観光宣伝課の安田 和伸氏からも一言。

『こんにちは。春がやって来ました。長崎には、帆船もやって
来るんです。今年はいつもより多く来るので、私は毎日準備に
追われています。でも、私はこの帆船まつりがホントに好きです。
みんなも長崎に来んね!』

 お問合せ
 長崎帆船まつり実行委員会 095-829-1314(長崎市観光宣伝課)

会場は長崎多辺の森公園、松が枝国際観光埠頭、出島ワーフ
周辺です。会場UR贈

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/hansen/accsess.htm

 
また損加帆船、韓国の<コレアナ>はトレーニーを往路・復路
ともに募集中!興味のある方は<コレアナ>HPをご覧下さい。
(ただし日本語ができるのは船長だけです)

<コレアナ>HP
posted by SaltyFriends通信 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。