2006年03月10日

◆ よろず「帆船人」突撃インタヴュー【2】 by ふっくん ◆

2006.02.10発行SaltyFriends 通信22号から始まった、“よろず
「帆船人」突撃インタヴュー”。第2号は大阪を中心にセイル・
トレーニング活動を続ける大阪市の帆船「あこがれ」の三代目
船長、瀬川彰彦(あき)さんにお話を聞きました。

===セイル・トレーニング・シップ<あこがれ>と瀬川船長
(あきさん)のご紹介===

船名:あこがれ(一般公募により7000通近い応募の中から選出)
建造:1993年
艤装形式:3本マスト トップスル・スクーナー型
全長:52.16メートル(バウスプリット含む)
総トン数:362トン(国際)
メインマスト高:約30メートル (上甲板上)

船長:瀬川彰彦(あきさん)
外航貨物船の後、琵琶湖の遊覧船の船長を17年務めた後
<あこがれ>へ。鳥羽商船高専卒。
子供の頃の夢:電車の運転手

FullSail.JPG
フルセイルの<あこがれ>


以下、瀬川船長にお答えいただいた、一問一答です。
(Salty Friends:【SF】  瀬川船長:【あき】 )


【SF】船乗りになろうと思ったきっかけは?

【あき】中学3年のお正月に、家族で日本海にカニを食べに行く
か、伊勢参りに行こうかという話になり、日本海は雪が危ない
ということで、伊勢神宮に行くことになった。その時、国立鳥羽
商船高等専門学校の前を通る。鳥羽商船高専は参考書などで校名
を知っていた。

学校に近づくと門番の人が学校案内をくれて、それを読むと外国
航路の船長とかカッコイイと思い、願書を提出した。この時、
日本海にカニを食べに行っていたら、船には乗っていなかったと
思う。


【SF】今までの航海で最も印象に残っているのは?

【あき】2004年10月に佐賀県唐津港からの回航の途中に、富山で
練習帆船<海王丸>が座礁した台風23号に<あこがれ>も山口県の
屋代島の西側、柳井市の沖合いで遭遇したこと。<あこがれ>
走錨(錨が流される事)して大変でしたが、何ともありません
でした。

Clinometer.JPG
<あこがれ>の傾斜計
1998年3月に最大角 右舷45度・左舷53度を体験。


【SF】今まで行った中で、一番良かった港は?

【あき】スペインのバルセロナ。街としてステキ。海洋文化(海か
ら見た文化)の差を感じる。またスペイン人は親切だった。
海洋博物館なども素晴しい。地中海に沈んだ船の木片を集めて復元
していたり、海とのかかわり合いの歴史を感じる。

MtgRm.JPG
国内・海外の港や船同士で交換した盾(ミーティングルーム)


【SF】最も尊敬する船乗りは?またその理由は?

【あき】ジョン万次郎。唯一の漂流して成功した人だから。


【SF】グリーンフラッシュは何度見た?

【あき】1回。太平洋で。何かいいことがあったかと言えば、今まで
無事に来れたのでよかったと思う。

Bridge.JPG
<あこがれ>のブリッジ内部

【SF】お気に入りのセイリングスポットまたは海域は?

【あき】鹿児島〜大阪。黒潮に乗れる。スピードが出る。


【SF】船に乗っていて「いいな」と思うときはどんな時?

【あき】小笠原航海で二見港にもって行くときは目的地に着くぞ!
という気持ちでゾクゾクする。いい条件の風、特に夜。星空や夜光
虫の雰囲気が気持ちいい。
下船式が終わった後の開放感。さびしいけれど、思い出をいっぱい
つくってくれた人々を安全に送り届けた瞬間が最高。

Chart.JPG
大阪湾のチャート(海図)

【SF】「Salty Friends読者へのメッセージをお願いします」

【あき】「帆船は乗るものではなく、見るものだ」という人がいま
すが、私はやっぱり当事者として乗って楽しむほうがいいと思う。
嵐を乗り越えた時の気持ち、新しい港に入る時のワクワクした気持
ち、みんなでフェアウェルパーティーをした時の感じとか、見てい
るだけでは面白くない。是非、体験していただきたいです。


あきさん、ありがとうございました!!
この日、ボランティアのミーティングが終わってからお話を聞く約
束をしていましたが、ミーティングが長引き、あきさんは休んでお
られました。
そこを無理やり起こして暗がりの船長室でインタヴューさせていた
だきました。そんな状態でも快くインタヴューに応じていただき、
感謝しています!本当にありがとうございました!!

(インタヴュー:ふっくん@大阪)


次号:神奈川県三浦市、油壺を拠点に活動しているボランティア
ヨット、<レッド・シャーク>の正木船長です。お楽しみに!
posted by SaltyFriends通信 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。