2009年12月06日

■□ 「浪華丸すす払い」レポート ByQP □■

皆様はじめまして手(パー)わーい(嬉しい顔)
Salty Friends員外特派員(自称)のQPと申します。
平成21年11月29日(日)、「なにわの海の時空館」にて開催されました菱垣廻
船<浪華丸>すす払い(大阪の冬の風物詩?)に参加してきましたので、レポート
しま〜す。

午前10時、時空館のエントランスホールに集合。
参加者は20名強でしたが、さすが大阪市の練習帆船<あこがれ>のお膝元。
<あこがれ>ボラが多かったです。

QP 浪華丸1.jpg
集合風景


すす払いは、船底内部、上甲板、船首楼、船尾楼を掃除機と雑巾がけできれい
にしました。
上甲板の床板(?)も外して、船の内部もお掃除しますんで、普段見ることの
できない和船の船体構造を間近に見学することができます。船好きにはたまら
ないイベントですぴかぴか(新しい)
QP 浪華丸2.jpg QP 浪華丸3.jpg QP 浪華丸4.jpg QP 浪華丸5.jpg


そしてスペシャルイベントは、神戸商船大学名誉教授の松木哲先生による、
和船の構造や建造に関するお話。松木先生は<浪速丸>の建造にも関わられた
方で、<浪華丸>を愛おしそうに見守っておられる姿が印象的でした。
私も一応は、海関係の人間ですが、「木殺し」「釘の尾を取る」「チキリ」
「タタラ」等、初めて耳にする言葉ばかりで、聞き入っていました。

グッド(上向き矢印)これらの専門用語が気になる方は、ぜひぜひ、来年の「すす払い」に参加して
ください猫ダッシュ(走り出すさま)

QP 浪華丸6.jpg


寒いのが苦手で、冬は海にでるのはチョットという船好きの方も、来年の
「すす払い」は参加されてみてはいかがでしょうか?

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ晴れ
posted by SaltyFriends通信 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。