10月31日、11月1日の2日間、東京は新木場にある、若洲海浜公園で開催された「シーフロントミュージアム イン オータム 2009」に参加してきました!

  自転車でも端から端まで20分以上かかるという巨大な公園に、アーティストたちがちらばり、長さ10m以上のキャンバスに絵を描いたり、カメラマンと一緒に写真を撮ったり、、、SaltyFriendsは例年通り、ヨットの乗船会のお手伝いと塩友商会の出店、そしてワークショップを開催しました。
  ギグの乗船会は、日曜日はあいにくの強風のため中止になってしまいましたが、土曜日だけでも69人もの方が参加されました!30分おきの出航でしたが、各回ともすぐに埋まってしまう盛況ぶり。若洲ヨット訓練所を出た、赤茶色のセイルのギグは見る見る間に沖合へ。ディズニーリゾートを横にみながらのセイリングは、初めてフネに乗る子供たちを笑顔でいっぱいにしていました。


  今年のワークショップでは、プラバンキーホルダー、救命浮輪ストラップの2つを用意。かわいいんですよー、浮輪のストラップ。スタッフの間でも人気アイテムです。プラバンも「うわー懐かしい、昔やったよねー」という大人の支持が絶大。子供たちも夢中になって色をぬり、トースターに入れて待つことしばし、ふにゃあっと縮まっていって完成。
  そして、もう一つのワークショップが、みんなで完成させるちぎり絵。帆船が海を進んでいく様子を描いた少しメルヘンな感じの下絵に、10色ほどの和紙をちぎっては貼りちぎっては貼り。貼る人によって、同じ色を綺麗に並べて行く人、いろいろな色を混ぜて点描のようにする人、ふちを鮮やかな色で囲う人、など個性満開!完成品は若洲海浜公園の責任者の方の目にとまり(?)なんと、公園で飾ってもらえることになりました!







  おかげさまで今年のワークショップは過去最高の参加者数になりました。
  参加してくださった方々ありがとうございました!