2009年11月10日

■■ CH.16 ■■

★ 大儀見さんを送る会 [横浜]
```````````````````````````````````````````````````
弔いの八点鐘、世界各地で同時に

先日当サイトでもお知らせしましたが、日本の民間のセイル・トレー
ニングの礎を築いた第一人者、大儀見薫さんを偲ぶ集いが去る7日、
横浜で開催されました。呼びかけられた八点鐘への参加は世界各地に
広まり、故人の冥福を祈りました。

KeynoteSpeech.JPG Attendees.JPG
(会場の様子)

当日、会場となった横浜ベイサイドマリーナには事前登録をはるかに
超える150名以上の参加者があり、50人も入ったら一杯の部屋は
満杯。色とりどりのペナントが飾られた正面の壁側には献花台がセッ
トされ、在りし日の大儀見さんの写真がきれいにアレンジされたピク
チャーボードが掛けられていました。参加者は入り口で白またはピン
クのカーネーションを受け取り、一人一人順番に献花したところで始
まりの挨拶。

Flowers.JPG
(献花台と大儀見さんのポートレート)

まず、呼びかけ人代表で元(財)日本セイルトレーニング協会事務局長
の今井常夫氏によるキーノートスピーチがあり、続いて英国に本部を
置く国際セイルトレーニング組織、セイル・トレーニング・インター
ナショナル(STI)会長から届いたメッセージを紹介。続いて、セイル
トレーニングの第一人者であるクリス・ブレーク氏をはじめとする
帆船<海星>ゆかりの人達からの手紙が朗読されました。

また、急な呼びかけにも関わらず、八点鐘への参加表明が米国サンフ
ランシスコの<海星>、大阪の<あこがれ>、横浜/富山の新旧<日
本丸・海王丸>、オーストラリアの<ルーウィン>といった主に洋上
の帆船に加え、世界各地の港やマリーナなどからも寄せられている
ことが伝えられ、時間は定刻の16:00に。

今井氏の合図のもと、呼びかけ人の一人で帆船<海星>の元航海士、
武市氏により八点鐘が打たれました。そして献杯。

EightBells.JPG
(2009年11月7日16:00 [GMT0700] 、八点鐘が打たれる)

その後、大儀見さんと親交のあった、行政、財界、メディア・出版、
そしてヨット界など多彩な分野の関係者の方々のスピーチがあり、
最後に帆船<海星>歴代の船長紹介&ひと言で終了となりました。

TheCaptains2.JPG
(帆船<海星>の歴代船長ら)

帆船<海星>をはじめ、これまでセイルトレーニングに関わって来た
多くの人たちにとって、大儀見さんへの感謝と残してくれたものの偉
大さを改めて強く認識した1日になったのではないでしょうか。
(か)




★ 菱垣廻船<浪華丸>すす払い [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
菱垣廻船『浪華丸』ボランティア募集!(大阪)

higakikaisen.jpg

今年も年に1度の「浪華丸」大掃除の季節がやってきました。

大阪市立海洋博物館なにわの海の時空館に展示されている菱垣廻船
「浪華丸」は、全長約30mの復元木造帆船。

江戸時代、大坂から江戸へ生活物資を運んでいた和船の中でも最大、
いわゆる千石船と呼ばれる船で1999年に復元されたものです。

毎年恒例の<浪華丸>清掃作業は菱垣廻船の解説とともに、普段は
立入禁止の船底や船上も行ないます。清掃前には、菱垣廻船につい
ての解説もありますので、ふるってご参加ください。

【実施日】 平成21年11月29日(日)10:00〜15:30頃解散

【講 師】 松木 哲氏(神戸商船大学名誉教授)

【定 員】 50名 ※応募多数の場合は抽選

【対 象】 高校生以上

【申込方法】往復はがき・E mailのいずれかで下記の事項を明記し、お申込ください。
(1)参加者氏名 (2)年齢 (3)住所  (4)電話番号 
(5)FAX番号もしくはEmailアアドレス

【申込先】〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-5-20
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館
E-maiL : wasen●jikukan.or.jp (←●は半角@)

【申込締切】11月21日(土)必着

【持ち物】 マスク、雑巾1枚以上、昼食

【アクセス】 地下鉄 中央線 コスモスクエア駅 1号出口より約650m
【問合せ】 なにわの海の時空館 TEL: 06-4703-2900

大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館HPはこちら

★ 帆船<あこがれ>冬から春の航海スケジュール [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
夏まで待てない。週末しか休めない・・・そんな人でも大丈夫!
あこがれの冬〜春の航海は、すべて週末をフル活用する日程。
夏に本格的な航海に出る前に、まずは、フネの雰囲気を味わってみてください!

あこがれの航海の様子は、フネの航海日誌へ↓
http://www.akogare.or.jp/shipslog2/shipslog0.html

申し込みできるコース↓

演劇冒険旅行へ出発。宿泊航海!

▽1泊2日
11/28(土)〜11/29(日)大阪南港発着
12/12(土)〜12/13(日)同上
12/19(土)〜12/20(日)同上
03/13(土)〜03/14(日)同上
03/25(水)〜03/26(木)同上
03/27(土)〜03/27(土)同上
ダイヤ料金
小・中学生        9,500円
16〜18歳(高校生) 13,000円
19歳以上       18,000円

▽2泊3日
03/20(土)〜03/22(月・祝) 大阪南港発着
ダイヤ料金
小・中学生       19,000円
16〜18歳(高校生) 26,000円
19歳以上       36,000円

演劇最初のステップ!日帰り体験航海。
12/05(土)大阪南港発着
12/06(日)同上
03/07(日)同上
ダイヤ料金
小・中学生       3,000円
16〜18歳(高校生) 4,000円
19歳以上       5,000円

ひらめきお申し込み・お問い合わせは<あこがれ>の公式サイトへ。
http://www.akogare.or.jp/top.html
SaltyFriends応援のため、お問い合わせの際はSaltyFriendsを見た!
とお伝えください。よろしくお願いしますダッシュ(走り出すさま)

★ 日蘭通商400年記念『歴史的造船施設シンポジウム』 [東京]
```````````````````````````````````````````````````
今月28、29、30日の3日間、日欄通称400年を記念して『歴史的造船施設シンポジウム』が開催されます。会場となるのは船の科学館。オランダ、ドイツの海洋博物館から専門家が来日し、日蘭交流の歴史や造船技術やその保存についてのシンポジウムを行う。30日は横浜、横須賀方面に保存されるドックの見学も予定されています。

詳しくはこちら↓へ。
http://www5.ocn.ne.jp/~nichiran/


posted by SaltyFriends通信 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。