富山の<初代海王丸>で、一般のボランティアさんによる、総帆展帆
(すべての帆をひろげること)が行われているのは、帆船に興味があり、
このメルマガをご覧になっている皆さんは、ご存知かと思います。

横浜でも同じように<初代日本丸>で総帆展帆が行われており、はるばる
富山の<海王丸>から展帆に来られたり、また横浜の<日本丸>からも
毎年のように、何名か遠征をしたり、相互交流があります。

世間は大型連休シルバーウィーク。今回、僕もタイミング良く休暇があり、
横浜<日本丸>のメンバー(展帆ボランティアかもめ会)に誘われて、
休日料金値下げの高速道路をかっとばして、皆で行ってきました。
レポートします、ノブタくんといいます。よろしくお願いします。



顔を入れれば、これであなたも海王丸実習生!船尾の舵輪の隣に置いてありました。(たぶんお子様用)
当日、海王丸パークに入港しますと、<海王丸>に国際信号旗(船舶間で意志を伝える際にこのような旗を使う場合があります。例えば「UW」で「貴船の御安航をお祈りします」)が揚げられています。



ふーん、あんな長い信号があるんだ~…。「W・E・L・C・O・M・E」??
おお!!「Welcome!」「ようこそ!」ですね!
とある情熱的なキャプテンが遠洋航海でハワイの人々の歓迎する気持ちに
感動したという話をちょっと思い出しました。
併設されている建物内に入ると、ここにも、ロープワークで「WELCOME」
富山の人々の歓迎する気持ちが表れております!



天候は、抜群の秋晴れ、前日の強風で、米所、富山の収穫前の黄金の
稲穂が風で倒れていたのが、気がかりですが、帆船にとっては調度良い
感じの風が吹いております。
白い実習衣に着替えた後、まずは、船内の教室でミーティングです。




ベテランボランティアさんに混じり、中には未来の船長、機関長のピカ
ピカの富山商船高専の学生さん達もお見かけしました。
いやーまぶしいです!(>_<)

そしてデッキへ出てまずは体操!僕は四本あるマストの中の一番前の
「フォアマスト」にお邪魔させていただきました。
船が違えばロングスプライス(ロープ処理の手法の一種)が違う(意訳
すると、船が違えば流儀が違う)とかいう英語の言葉をどっかで聞いた
ことがありますが、同じ帆船で姉妹であっても、人間の姉妹がそれぞれ
違うように、言葉通りロングスプライスも違うのかもしれません。

まあ、技術的なことは僕はサッパリ☆ですが、なんとなくデッキ上でそんな
ことを感じました。帆船好きの方は姉妹の違い探してみては?

展帆は、久し振りすぎてスッキリ☆忘れてしまい、ベテランボランティア
さんや乗組員さんに優しく教えてもらいながら、展帆させていただきました。
僕ができることは、デッキ上を猪のように猪突猛進しながら、ワッショ
イワッショイ!力一杯ギア(ロープ)を引くのみ。展帆したら、富山の
良い風を受け、まるで帆走しているようです!




富山の青い空に真白なセイル(帆)がとても映えて美しい!<海王丸>も
気持ちよさそうです!
この美しさは、日頃からのコツコツ気の遠くなるような整備作業、
そして皆で力を合わせて広げたからこそのものなんでしょうね!



花は、咲き乱れ、家族連れや、カップルで賑わい、不景気で大変な世の中
ではありますが、海王丸パークは、平和だなーと感じます。
展帆後、展帆ボランティアさんでもある渡船の船長さんに、ご厚意で渡船
に案内して頂き、そこからも<海王丸>を見ました。遠くから見るとますます
帆走しているようにしか見えません!
渡船の船長さんありがとうございました!

 
左:渡船からの<海王丸>。
  左に見える建設中の橋が完成したら、渡船は運航しなくなるかもし
  れないとのことです。
  ちなみに白い雪を被った北アルプスをバックに総帆展帆の<海王丸>を
  きれいに撮るのは、富山に住んでいてもなかなか難しいそうです!  (海王丸船長談)

右:道路の代わりに日常で使われる渡船(無料です!)。
  自転車も乗せられます。当日は休日なので、カラフルなジャージを
  着たサイクリングの方も乗っていました。平日は通学の高校生が
  乗っていたりします。

僕は口下手ですので、今回は、色々な人と話をしたり、あまり気の利いた
ご挨拶もできませんでしたが、本業まで海に携わる人もいれば、学生、
主婦、サラリーマン、色々なお仕事、立場の人々が、帆船に関わってい
ると肌で感じました。帆船を通じ、そんな方々と交流を深めるのも、
なかなか面白いものですよ!

富山<初代海王丸>以外にも、横浜<初代日本丸>、大阪の帆船
<あこがれ>で、それぞれ体験することができます。
僕のレポートを見て、もし御興味をもたれた方、よろしければ参加されて
みてはいかがですか?

帰りに近くのへ温泉入ったのですが、ロープを握った手が、ホカホカして
気持ちよかったです。
ついでに、立山できれいな紅葉を見たり、立山、剣岳から、富山湾を
望んだり、富山名物の海の幸、白エビを天丼で食べたりしました。富山は、
海も山もあり羨ましい!

 
左:立山を縦走しながら、富山湾一望できます!

右:あれが今年の映画の舞台にもなった剣岳!
  命綱なしで、岩をよじ登り、有名なポイント、カニのタテバイ(マ
  スト登り?)、カニのヨコバイ(ヤード渡り?)、がけっぷちに架
  けられた梯子(シュラウド?)など、三点支持の帆船のマスト登り
  と同じ様な体験ができます!どっちがコワイ!?(海王丸メインマ
  スト高46m、剣岳標高2999m)

富山<初代海王丸>の皆さん、是非、また横浜<初代日本丸>にも総帆
展帆にお越しください。心の中でWELCOMEの信号旗をいつも揚げています。
最後に、富山で<初代海王丸>や山、街でお世話になった全ての皆さんに
感謝し、御安航をお祈りいたします。UW

 Reported byノブタくん