2009年10月10日

■■ CH.16 ■■

★ 特別展「北前船復元〜みちのく丸建造と帆走の記録」開催
              みちのく北方漁船博物館[青森]
```````````````````````````````````````````````````
2005年に復元された北前船<みちのく丸>。その建造過程や帆走実験を写真パネルや映像を通して知ることができる展示が、青森市にある、みちのく北方漁船博物館で開催されています。期間は11月3日まで。北前船に関する実物資料(設計図、湊絵図など)の展示もあります。
http://www.mtwbm.com/what/news.html


★ 象潟郷土資料館「北前船の軌跡」開催中 [秋田]
```````````````````````````````````````````````````
秋田県にかほ市にある象潟郷土資料館にて、「北前船の軌跡」が開催されています。
期間は、2009年6月6日(土)〜2010年5月23日(日)まで。

大阪と北海道を結ぶ北前船の寄港地として多くの港がありますが、にかほ市近辺にも多く存在していました。象潟郷土資料館、白瀬南極探検隊記念館、仁賀保勤労青少年ホームの三館の
合同企画展で、3つの会場にそれぞれ北前船の展示がされています。

象潟郷土資料館(にかほ市象潟町字狐森31-1)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/kyoudo/

白瀬南極探検隊記念館(にかほ市黒川字岩潟15-3)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/shirase/

仁賀保勤労青少年ホーム(にかほ市平沢字中町79)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/Nikaho/ni03.html

★「舟から船へ」企画展 〜原始から近世までの日本船の変遷を探る〜
```````````````````````````````````````````````````
構造の観点から見た「舟」と「船」。原始から近世までの日本の船に
ついて、構造の変化や社会に果たした役割を辿りながら「ふね」と
人々のつながりについて紹介。


千葉県立関宿城博物館
開催中〜11月29日(会期中無休)
開館時間:am9:00〜pm4:30(入館はpm4:00まで)
企画展入館料:一般300円、高大生150円、中学生以下&65歳以上は無料

http://www.chiba-muse.or.jp/SEKIYADO/2009/kikakutenji/fune/top.htm


★「海を越えた中世のお金」企画展 〜“びた一文”に秘められた歴史〜
```````````````````````````````````````````````````
東アジアの中の中世日本へ、海を越えてもたらされた銭貨。
なぜ中国の銭貨が日本に大量に流入し、浸透したのか。後に「びた銭」
と呼ばれる粗悪な銭貨が、経済にどのような影響を及ぼしたのか。
最新の研究結果をもとに、中世の貨幣の全貌が展示されます。


貨幣博物館
開催中〜2010年3月14日
休館日:月曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月4日)
会期中の臨時休館日:2010年1月19日(土)
開館時間:am9:30〜pm4:30(入館は16時まで)

http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/09kikaku_chusei.htm

海を越えた中世のお金展.pdf


◆「山と海を結ぶ道」秋期特別展 〜相模川・相模湾の水運〜
```````````````````````````````````````````````````
江戸時代、物流の大動脈として栄えた相模川、相模湾の
水運の歴史。
高瀬船や筏など、相模川をゆく船に関する資料や、相模湾を
往来した廻船の資料。貴重な戦前の風景をとどめる絵はがき
などを展示します。


平塚市博物館
開催中〜11月29日(日)
休館日:月曜(10月12日、11月23日は開館)、10月13日(火)、11月24日(火)
開館時間:am9:00〜pm5:00(10月27日〜11月1日はpm7:00まで開館)
入館無料

http://www.hirahaku.jp/tokubetsuten_kikakuten/index.html


★EurAsia3000年「海と陸のシルクロード」
```````````````````````````````````````````````````
「W大航海時代前夜」では、あの鄭和大艦隊の航海図も展示
されます!

横浜ユーラシア文化館
開催中〜2010年1月11日(月・祝)まで
開館時間:am9:30〜pm5:00(入館はpm4:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料:一般500円、小中学生250円

http://www.eurasia.city.yokohama.jp/exhibition/index.html


◆「未来の船」NYKスーパーエコシップ2030を中心に
```````````````````````````````````````````````````
CO2などの温暖化効果ガスを排出しない、つまりゼロエミッション
を目標として考えられた未来の船、NYKの<スーパーエコシップ
2030>は、帆船型?のコンテナ船。


日本郵船歴史博物館
2009年10月24日(土)〜2010年2月21日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
開館時間:am10:00〜pm5:00(入館はpm4:30まで)


講演会は11月7日(土)14:00〜15:30
講師:(株)MTI 技監 信原眞人氏
料金:500円
定員80名(先着順)要予約(申し込み電話番号045−211−1923)

http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/future/index.htm

posted by SaltyFriends通信 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。