2009年09月10日

■■ CH.16 ■■

★ <あこがれ>母港 大阪南港でセイルドリルを披露 [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
南港 セイルドリル.jpg

大阪市の帆船「あこがれ」では、平成21年9月12日(土)に「セイル・ドリル」を実施します。

「セイル・ドリル」とは、操帆訓練といい、帆を操る訓練のことをいいます。今回は、南港オズ岸壁に停泊させたまま、通常港内では広げないの帆を張り、再び畳む訓練を実施します。

本来は、洋上でしか見られない12枚全ての帆が張られた帆船「あこがれ」の雄大な姿をぜひご覧ください。

•日時
平成21年9月12日(土) 13時30分〜16時30分

•場所
大阪南港オズ岸壁
南港ポートタウン線「トレードセンター前」駅又は「中ふ頭」駅下車

※天候等やむをえない事情により中止の場合があります。あしからずご了承ください。

※当日、飛び入り参加で船上でロープを引っ張ったりするボランティアの方を募る場合があります。見学に来られる方はぜひ動きやすい格好(運動靴等)でお越しください。

■■また、9月22日(火・祝)には船内を無料で一般公開します。

「あこがれ」の船内は、通常はセイルトレーニングに参加しないと見ることはできませんので、この機会にぜひご覧ください。

日時:平成21年9月22日(火・祝)
10時30分〜12時、13時30分〜16時30分(最終受付)

場所:大阪南港オズ岸壁(ATC西側)
南港ポートタウン線「トレードセンター前」駅又は「中ふ頭」駅下車

詳しくは帆船「あこがれ」ホームページにて



★ <みちのく丸>体験航海とその他関連事業について[青森]
```````````````````````````````````````````````````
先月、函館開港150周年と「青函ツインシティー」提携20周年を記念して建造後初めて津軽海峡を渡り、函館に寄港していた<みちのく丸>が青森に帰ってきました。

9/13、9/27にみちのく北方漁船博物館にて、<みちのく丸>の体験航海が催されます。帆走試験航海に乗船して青森港・陸奥湾内での帆走が体験できる(受付は既に終了)ほか、以下のイベントが開催されます。

1.講座:(1)「北前船の歴史と構造」(9/13)
     (2)「北前船の帆走技術復元」(10/18)
2.みちのく丸体験航海:(1)9/13、(2)9/27
3.みちのく丸帆走見学会:(1)9/13、(2)9/27
4.みちのく丸船乗り体験会:(1)9/12、(2)9/26
5.みちのく丸一般公開:
  (特別展開催期間中の毎週土・日・祝日、但し、9/13、9/27は除く)

http://www.mtwbm.com/index2.html
http://www.mtwbm.com/what/img090818/tirashi.pdf



★ 横浜帆船模型同好会 秋の帆船模型展 [横須賀]
```````````````````````````````````````````````````
横浜帆船模型同好会による第1回 秋の帆船模型展が
記念艦「三笠」特別展示室にて開催されます。
(財)三笠保存会との共催によるイベントです。

ysmc_mikasa.jpg



★ みなとみなくる2009 静岡・国文祭[焼津]
```````````````````````````````````````````````````
「海」がテーマの“食”に関する博覧会。
水産高校実習船が寄港のほか、大阪市帆船<あこがれ>による一般公開も開かれます。
また、SaltyFriendsが注目するところでは「焼津八丁櫓」の体験乗船もアリ!
これは見逃せません。

日時:10月25日(日)9:20〜16:00
会場:新焼津漁港
入場料:無料

http://www14.ocn.ne.jp/~yakikoku/uminosyoku.html



★ 帆引き船 操業中! [霞ヶ浦]
```````````````````````````````````````````````````
かすみがうら市観光協会では、下記の通り通常操業を行います。
2艘の帆引き船が霞ヶ浦でご覧になれます。

9月20日・27日
(受付=13:30〜 出航=14:00〜)

10月4日・11日・18日・25日
11月1日・8日・15日・22日・29日
(受付=15:00〜 出航=15:30〜)

★乗船場所   かすみがうら市坂地内 志戸崎漁港

★随伴船乗船料 大人 2,000円 小人1,000円 ※未就学児は無料
 ※お客様は帆引き船を周回する随伴船への乗船となります。
 
★運航状況 下記の「QRコード」または「関連リンクはこちら」より当日の運航状況が確認できます。
 (午前11時公開予定)
 ※天候状況(無風・悪天候など)により中止または乗船時間が遅れることになる場合もあります。

★問い合わせ先 かすみがうら市観光協会事務局(市観光商工課内) TEL029-897-1111(内線2526)

http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/hobiki/index.html



★ 象潟郷土資料館「北前船の軌跡」開催中 [秋田]
```````````````````````````````````````````````````
秋田県にかほ市にある象潟郷土資料館にて、「北前船の軌跡」が開催されています。
期間は、2009年6月6日(土)〜2010年5月23日(日)まで。

大阪と北海道を結ぶ北前船の寄港地として多くの港がありますが、にかほ市近辺にも多く存在していました。象潟郷土資料館、白瀬南極探検隊記念館、仁賀保勤労青少年ホームの三館の
合同企画展で、3つの会場にそれぞれ北前船の展示がされています。


象潟郷土資料館(にかほ市象潟町字狐森31-1)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/kyoudo/

白瀬南極探検隊記念館(にかほ市黒川字岩潟15-3)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/shirase/

仁賀保勤労青少年ホーム(にかほ市平沢字中町79)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/Nikaho/ni03.html



★ 9/12は「水路記念日」― 貴重海図の特別公開 [東京・築地]
```````````````````````````````````````````````````
帆船の話題からちょっとそれますが、船の航海になくてはならない海の地図「海図」。中でも貴重な海図の特別公開情報です。

日本の海図作成がスタートしたのが138年前のこの日ということで、9月12日は「水路記念日」。築地の海上保安庁海洋情報部の海洋情報資料館では、伊能図や軍機海図、秘密海図など、普段見る事の出来ない貴重な資料がこの記念日に合わせて特別公開されます。

平日の2日間という日程ですが、興味のある方はぜひ。

期間:平成21年9月14日(月)〜16日(水)午後1時〜午後5時
場所:海洋情報資料館(海上保安庁海洋情報部庁舎内)
   東京都中央区築地5丁目3番1号

問い合わせ先:海上保安庁 海洋情報部企画課
       TEL:03−3541−3686



★ 「支倉常長が辿った太陽の国」特別展 [石巻]
```````````````````````````````````````````````````
支倉常長といえば、サンファン・バウティスタ号に乗船して慶長遣欧使節団を率いた伊達政宗の家臣。
江戸時代、日本初の外交使節としてスペイン国王、ローマ教皇と謁見、ローマでは貴族に列せられるも帰国後の禁教令で失意のうちに亡くなった仙台藩士の軌跡を、メキシコ在住宮城出身の画家描いた特別展が開催されます。

宮城県慶長使節船ミュージアム 「サン・ファン館」企画展示室
(宮城県石巻市渡波字大森30-2)
http://www.santjuan.or.jp/



★ 極地探検帆船<PANGEA(パンゲア)号>横浜入港 [神奈川]
```````````````````````````````````````````````````
アルミ製の船体と格納可能なキールを持ち、過去に類を見ないの状況適応能力を持った極地探検帆船<パンゲア>号。このスマートな帆船が、9月4日、横浜に入港した。

「パンゲア」は、スイスの冒険家マイク・ホーン氏とメルセデスベンツが共同で進行中のプロジェクトで、若い世代に自然保護の大切さを理解してもらうことを趣旨に活動しているそうだ。

同船は昨年欧州を出航の後、北米、南米、オセアニアを経て今回横浜に入港。現在は上海を目指して航海中。今後は、最終的に北極・南極を含めた5大陸(パンゲアはギリシャ語ですべての大地の意)全てを訪問する予定としている。

マイク・ホーン/パンゲアエクスペディション(英語)
http://mikehorn.com/3dglobe/pangaea.html


★ 第1回全日本帆船模型展 [東京都]
````````````````````````````````````````
日時:2009/09/20(日)〜09/27(日)
10:00〜17:00(最終日は14:00まで)
会場:船の科学館 3階マリタイムサルーン
☆要入館券☆

船の科学館でも展示や制作を行なっている「ザ・ロープ」が
加盟する「日本帆船模型同好会協議会」との共催で行なわれる
イベントです。
精密な帆船模型を一同に見ることができる機会です!

船の科学館イベント情報
http://www.funenokagakukan.or.jp/news/?p=330
posted by SaltyFriends通信 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。