2009年08月10日

■■Ch16■■

★ <海星>北太平洋のごみ調査へ [米国]
```````````````````````````````````````````````````
海には廃棄されたプラスチックゴミが無数浮遊しています。そしてそのゴミは海流にのって、ハワイとサンフランシスコの間に広がる、北太平洋亜熱帯収束帯と呼ばれる海域に集まりやすいとされています。これまで誰も調査に乗り出していなかった、このプラスチックゴミの実態を調査し、回収とリサイクルの方法を検討するために、「プロジェクト・カイセイ」という活動が、環境運動家、科学者、海事関係者などの手によって、アメリカで動き出しました。調査船として活躍するのは、以前日本でセイルトレーニングシップとして活躍していた<海星>。同船は8月4日にサンフランシスコを出港し、現在、同海域へと向かっています。今後もSFではこのプロジェクトに注目していきたいと思います。

ひらめきプロジェクト・カイセイ 公式サイト
http://www.projectkaisei.org/index.html
ひらめき<海星>の航海・調査の様子は随時下記サイトにアップされています(英語のみ)。
http://projectkaisei.wordpress.com/

★ 長崎のオランダ村で活躍した復元帆船、火災で炎上[オランダ]
```````````````````````````````````````````````````
オランダ東インド会社の木造帆船の復元船として1985年に建造され、長崎のオランダ村のシンボルとしても活躍した帆船<プリンス・ウィレム(Prince Willem)>が、展示されていたオランダ・デンヘルデルの歴史博物館で炎上しました。



★ <みちのく丸>津軽海峡を渡り函館へ [函館]
```````````````````````````````````````````````````
2005年に青森のみちのく北方漁船博物館で復元された、北前船<みちのく丸>が初めて津軽海峡を越え、函館に到着した。途中動力船に曳航されての移動になったが、函館では熱烈な歓迎を受けた。今回は函館の開港150周年を記念しての寄港で、16日まで一般公開される予定。


★ 長崎龍馬大航海、観光丸4港に寄港 [神戸・広島・松山・福岡]
```````````````````````````````````````````````````
2010年の大河ドラマ「龍馬伝」をきっかけに、坂本龍馬ゆかりの地・神戸、広島、松山、福岡に『観光丸』が寄港します。8月13日の神戸を皮切りに、16日に広島、18日に松山、22日に福岡に着岸。船内では、龍馬の足跡をたどるミニ龍馬館、旅する長崎学講座、ロープワークやバウスプリット渡りを体験できます。また埠頭ではオランダ木靴の絵付け体験や物産展が開催されます。

詳しくはコチラ↓
ひらめきhttp://tabinaga.jp/pdf/daikoukai.pdf

かわいいおまけかわいい

長崎、横浜、函館と、開港150周年をむかえる3港をテーマにした
記念切手が発売されました。今年の残暑見舞いは、ぜひこの切手で!

詳細はこちらでチェック☆


★ なにわの海の時空館 夏休み期間中は入場無料![大阪]
```````````````````````````````````````````````````
日本でも指折りの海事博物館、大阪市にあるなにわの海の時空館に8月26日までの夏休み期間中、無料で入場することができます。菱垣廻船の実物大復元船や、帆走の仕組みを学ぶことのできるコーナー、海・船を題材にした絵画など、楽しさ満載。夏季企画展「大坂の水油(みずあぶら) −江戸時代の油流通−」も無料となっています。

ひらめきなにわの海の時空館 公式サイトhttp://www.jikukan.or.jp/


★ サマーナイト NIPPON MARU開催!![横浜]
```````````````````````````````````````````````````
8月13日から15日までの3日間、横浜のみなとみらいに係留されいてる初代<日本丸>をバックに「サマーナイト NIPPON MARU」が開催されます。ステージは無料。出演アーティストはSwinging Strings、水岡のぶゆき、LiLiビールなど6組。ビールを片手に楽しんでみては?期間中は、帆船<日本丸>、横浜みなと博物館ともに18:30まで公開されます。詳しくは下記で。

ひらめきイベントのチラシhttp://www.nippon-maru.or.jp/news/files/68_3.pdf
ひらめきhttp://www.nippon-maru.or.jp/news/news.html?id=68


★ 慶長使節船<サン・ファン・バウティスタ>でマスト登り体験![石巻]
```````````````````````````````````````````````````
宮城県石巻市にある、宮城県慶長使節船ミュージアムで、夏休み期間中、<サン・ファン・バウティスタ>のマスト登りを体験することができます。<サン・ファン・バウティスタ>は今から約400年前にヨーロッパに渡った慶長使節を乗せた帆船の復元船。滅多に体験できない、帆船のマスト登りにぜひチャレンジしてみてください。8月25日までの期間中、午前は伝馬船の櫓漕ぎ、午後はマスト登りに無料で参加することができます。

詳しくはこちら↓
ひらめきhttp://www.santjuan.or.jp/event/pdf_h21/taikengakusyu.pdf
ひらめき宮城県慶長使節船ミュージアムの公式サイトhttp://www.santjuan.or.jp/


★ 海の日の帆船たち
```````````````````````````````````````````````````
海の日、今年の横浜は3隻の帆船が開港150周年の街を大いに賑わせました。

^^^^^
横浜のシンボル、初代<日本丸>。帆船ファンを始め、詰め掛けた大勢の観客が、その一挙手一投足に視線を注ぐ。「う・み・の・ひ、お・め・で・と・おーっ!」 海の日を祝う、帆船最高の儀礼「登檣礼」。ヤード(帆桁)に配置されているのは展帆ボランティア「かもめ」と乗組員たち。初代日本丸では、毎年この日だけに実施される、晴れ舞台だ。地元横浜は、今年開港150周年とあってなおさらだ。登檣礼に続いて、29枚の総帆展帆。満船飾。そして、正午の時報を合図に、港内に停泊中の船舶が一斉に「汽笛吹鳴」。この日一日、様々なイベントが海の日を盛り上げていた。(Wさん)

SF_登檣礼2.jpg SF_総帆展帆.JPG

^^^^^
<日本丸>と<海王丸>の姉妹セイルドリルの様子(byむらもとさん)
Kaio-maru-Nippon-maru.jpg


★ 第8回「明治丸シンポジウム」レポート Byみっきー
```````````````````````````````````````````````````


7月20日、海の日に東京海洋大学にて「第8回 明治丸シンポジウム」が行なわれました。<明治丸>は、今年の2月23日に経産省が認定している「地域活性化に役立つ近代化産業遺産」に登録・認定証の授与も行なわれました。文化財としての価値認識が高まっているなかでのシンポジウム開催。今後の<明治丸>の保存方針を決めていくという重大な使命を持ったシンポジウムとなりました。当日は、さかなクンの講演もあり多くの参加者に恵まれた会となりました。

プログラムは、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
■第一部 明治丸の現状
・明治丸とは
・世界の水辺の街と海洋文化
・講演「水辺の街〜海をもう一度見つめ直して〜」(さかなクン)
・明治丸海事ミュージアム事業について

■第二部 明治丸を見てみよう
・明治丸広場から明治丸見学
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という構成。特に「明治丸海事ミュージアム事業について」では、保存計画に基づいての寄付の募集も始まり、具体的に動き出したことを印象付けてくれました。

<明治丸>海事ミュージアム事業とは、<明治丸>を中心とした海事文化の拠点形成を図り、海事文化の交流活動を支援する事業とのこと。主な予算の使われ方として、<明治丸>の修復に6.5億円、学校内の資料館の整備に1.5億円の予算を組み、計8億円の予算中、2億円は学校負担、残り6億円を寄付の目標額とするとのこと。

<明治丸>の工事終了後は、海事意識啓発活動などを行い、<明治丸>周辺の恵まれた環境を利用し続ける計画が立てられています。具体的な中身は今後決まっていくことと思いますが、<明治丸>周辺に多くの方が訪れ、<明治丸>が常に活用できる状態のまま維持されることを願っています。SaltyFriendsも、工事完了後の<明治丸>の維持のため、ボランティアとして参加したいと考えています。

P1000564.jpg
第一部、庄司和民先生、邦昭先生の講演

P1000569.jpg
さかなクンの講演

P1000572.jpg
第二部 明治丸広場から明治丸を見学する

■参考資料
近代化産業遺産についてはこちらを参照ください。
http://www.meti.go.jp/press/20090206001/20090206001.html


posted by SaltyFriends通信 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。