2009年08月10日

■□勢古宗昭さん 日本で唯一!海洋画教室のご紹介■□

「海洋画」と聞いてピンと来るのは、このメルマガをいつも読んで下さって
いる皆様くらいでしょうか?(^^;まだまだこのジャンル、一般的には馴染
みがうすく、いわゆるお稽古ごととしてカリキュラムを組んでいるのは、全
国でも横浜の「読売文化センター」のみとのこと。

当メルマガやSFサイトでもお馴染みの海洋画家、勢古宗昭さんは、こちら
のカルチャースクールで教えていらっしゃる先生でもあります。
6月末、この「日本で唯一」の海洋画教室にお邪魔して、レッスン風景を見
学させていただきました。

海洋画教室1.jpg
勢古さんの丁寧な指導で、はじめての方も安心して始められますハートたち(複数ハート)


教室は月に2回。神奈川県、横浜駅に隣接する百貨店「そごう」9階、
「読売文化センター」のカリキュラムのひとつとして、毎月第一、第三火曜
日の午後6時半から行われています。駅とつながったビルなので、通うには
とても便利♪

勢古さんがこの教室をお始めになったのは2004年で、現在の生徒さんは
全部で7人(うち女性2名)。当然ですが皆さん、海や船が好きな方ばかりで、
リタイヤなさってから始めた方、お勤めしながら描いていらっしゃる方など、
年齢層も色々です。研究熱心な方も多く、なかにはスペイン以外ヨーロッパ
の海洋博物館は、ほとんど制覇したというツワモノ(失礼)も!


海洋画と一口に言っても、そのモチーフはさまざまです。18世紀の帆船あり、
あらゆる海の表情をとらえる海景あり、<日本丸><海王丸>もあれば、
タンカーなどの商船を描かれる方もいらっしゃいます。もちろん画材もお好
みで、油彩、水彩、アクリル、パステルも色鉛筆もなんでもOK。


入会するとまずレッスンは「海洋画とは」という概念的なところから始まり、
模写、実船(おもに桜木町の<日本丸>)の見学、下絵の作成などを勉強。
その後、さらに帆船の構造や、海や波の描き方などを研究しつつ、それぞれ
自分の海洋画の世界を構築していきます。

難しいことはさて置き!とにかくテーマが水、海に関するものならなんでも
アリというとても自由な雰囲気の中で、みなさんおしゃべりしながら和気あ
いあい&のびのびと作品に取り組んでいらっしゃいました。

海洋画教室2.jpg
「波がむずかしいんだよね・・・」「ここはもうちょっと陰を入れたら?」
和気あいあいとした教室の雰囲気。


ちなみに、生徒さんに「勢古さんはどんな先生ですか?」と伺ったところ、
「ざっくばらんで優しい」「指導が丁寧」「忍耐強い方」との評*****
2004年の教室開始から続けていらっしゃる方が多いのも、うなずけますね。

最初に必要な画材は、鉛筆とスケッチブックだけで、教室の見学は無料です
(要予約)。
暑い夏が終われば、やって来るのは芸術の秋。今まで展示会で「観る専門」
だった方も、この秋から勢古さんと一緒に海のロマンを描いてみませんか?

勢古さん 個展@渋谷東急2.jpg
たて続けの展示会、お疲れ様です!渋谷東急百貨店での勢古さん



◆「海と帆船・・ロマンを描く 海洋画教室」◆

講師:海洋画家 勢古宗昭さん
場所:〒220−0011神奈川県横浜市西区高島2−18−1横浜新都市ビル
   「そごう」9階
   読売文化センター横浜
日時:毎月第一・第三火曜日 18:30〜20:30

入会金:5,250円(65歳以上、小学生、幼児は入会金不要)
受講料:6ヶ月≪12回分≫31,500円
設備維持費:≪12回分≫1,638円

初回持ち物:鉛筆、スケッチブック(A4サイズ以上)
      画材は油彩、水彩、パステル、ペン、色鉛筆などなんでも可

*見学随時(要予約)*

お申し込み・お問い合わせ:読売文化センター横浜
電話:045−465−2010(代)
FAX:045−465−2014
e-mail:yokohama@ync.ne.jp

詳細は読売文化センター横浜HPで★
posted by SaltyFriends通信 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。