2009年06月10日

■□ 横浜みなと博物館 見学レポート ByQたろー □■

われわれ帆船ファンにとって、横浜港のシンボルといえば<初代日本丸>!
この優美な帆船の横に建つ、かわいいマリタイム・ミュージアムが今年2009
年4月、「横浜みなと博物館」としてリニューアルオープンしました。
皆様はもう、足を運ばれましたでしょうか?

先日、この新生「横浜みなと博物館」の副館長、志澤政勝さんに館内を案内
していただいたレポートをお届けします。

みなと博物館&ポン丸.jpg みなと博物館 玄関.jpg
(左)横浜みなと博物館と<初代日本丸>
(右)オレンジ色が目をひく博物館入り口


<初代ポン丸>を横目で見ながら、入り口を入るとまず目に入るのは、模型
やタイムベル、コンパスなどの<日本丸>関係の資料。帆船モノに出迎えら
れて、思わずニッコリ*
通路を進んでいくと、常設展示室の吹き抜けが広がります。床面積の割にあ
まり狭さを感じないのは、この吹き抜けのせいかも?

今回のリニューアルのコンセプトは、そのものズバリ「横浜の港」というこ
と。まず先に見終わった感想を述べますと、限られたスペースで効率よく展
示し、かつ触って体感できる資料を、という博物館側の配慮が随所に見られ
るような気がしました。

みなと博物館 俯瞰.jpg みなと博物館 帆船資料.jpg
左:地下の常設展示場を見下ろす吹き抜け
右:日本丸関係の資料


SF的オススメ展示は、開港前後の横浜コーナーにある「ペリー艦隊」の
ジオラマです。我々SFのボラチームが活動中の「船の科学館」にも同じ
シチュエーションのジオラマがありますが、こちらの方が断然迫力あり☆

船の精巧さ、海やまわりの風景の表現などもかなりリアルにできていますが
楽しいのは、まわりに設置してある小さな望遠鏡。これで「ペリーを探そ
う!」って訳です。なかなか難しいのですが、見つかった時には相当盛り上
がります。

みなとM ペリー艦隊ジオラマ.jpg みなとM 押送船.jpg みなとM 半ドン.jpg みなとM 大さん橋鋼材連結用鋼材.jpg
左上:ペリー提督を捜せ!精巧なジオラマ
右上:押送船
左下:半ドンの語源って○○だったんだ!フタを持って下さっているの
   は志澤さん
右下:大桟橋鋼材連結用鋼材 刻印が歴史を物語ります



「港のしくみ」「築港」「港運」などのコーナーのご説明をじっくり聞きな
がら、やって来たのは今回のリニューアルの目玉「操船シミュレーション」
コーナー。
横浜港をリアルに再現した映像のなかで、船を操縦する本格的なシミュレー
ション、ということで、Qたろーもチャレンジしてみました。

まずはぷかり桟橋から大桟橋or大桟橋からぷかり桟橋の二つのコースから選
択。このシミュレーションのすごいところは、お天気や海の状況も自分で
選べるところ。(荒天は船酔いに注意!)私はぷかりから大桟橋を選んだの
ですが、大桟橋までは目と鼻の先なのに、なかなか船は思うように走ってく
れません。志澤さんに助けていただきながら(←反則)なんとか時間内に
<飛鳥>の横にゴール!・・・はぁはぁ。難しいけど、面白い!

みなとM 操船シミュレーター.jpg みなとM 帆船シミュレーション.jpg
左:画像のリアルさにびっくり!「操船シミュレーション」
右:ちょっと地味だけど、帆船好きにはこちらもマル「帆船シミュレー
  ション」


おっと!忘れてはいけません。こちらの博物館にはもうひとつ「帆船シミュ
レーション」というゲームがあります。これは架空の海を、風向を見ながら
セイリングするもの。逆風になった時、どこでタックするか、どのポイント
で舵をきるか。二人で行って、お隣と競争すると、かなり熱くなること
間違いなし。

「横浜みなと博物館」では、8月2日まで企画展「横浜開港祭展」を開催中で
す。期間中、足を運ばれる際はぜひ、こちらもお見逃しなく!
お忙しい中、長時間ご案内下さった志澤さん、どうも有り難うございました!


「横浜開港祭展」
開催中〜2009年8月2日(日)まで
高校生以上 200円/小・中学生・65歳以上 100円
※常設展示をご見学になる場合には別途料金が必要です。

横浜開港祭展の詳細はこちら

博物館を見学したあとは、もちろん<初代日本丸>へGo!

posted by SaltyFriends通信 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。