2009年03月10日

■□ QueenMary2 & ナッチャンWorld in 横浜 □■

3月の最初の一週間、横浜にはユニークな船たちが来てくれました。
開港150周年事業の一環として来航してくれた船たちが、横浜の港をどう盛り上げてくれたのか??
写真とビデオとAISにて見てみましょう。

AISとは、船舶の位置がリアルタイムにわかるシステム。
こちらの記事でも取り上げたものですが、入港時の航跡なども分かる面白いシステムです。
http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/109293417.html

では、まず来航してくれた船のデータから。
(来航順)
■ナッチャンWorld(ナッチャンワールド)
ウェーブ・ピアーサー(高速での航行が可能な大型の双胴船)
推進装置は、ウォータージェット推進器4基を使用。
最高速度は約36ノットです。
船の種類としては、フェリーになります。
全長:112m
全幅:30m
喫水:3m
総トン数:10712トン

■QueenMary2(クイーンメリー2)
イギリス船籍のクルーズ客船。一般的には「豪華客船」です。
進水当時(2003年)には世界最大の客船でした。
全長:345m
全幅:41m
喫水:10m
総トン数:148528トン
船の全高は72mですが、喫水の10mマイナスした62mが
水面上に出ている高さとなります。
横浜の玄関口のベイブリッジの高さは約55m。。。
そのため、大さん橋まで入ってくることはできません。
大黒ふ頭への着岸となりました。

1.ナッチャンの船内見学
今回は、主にブリッジの様子を写真レポートしたいと思います。

n_all.jpg
<ナッチャンWorld>

n_cockpit01.jpg
<ブリッジというよりも、飛行機のコックピットの様>

n_cockpit02.jpg
<見える景色は少ないですが、高速なため問題ないとのこと>

n_pc.jpg
<ブリッジ内、後方にある機器類>

n_cp.jpg
<着岸様のコントロールパネル>

n_back.jpg
<船後方より、車の積み下ろしのゲートがあります>

n_cabin.jpg
<一等の客席>

ブリッジは、前方にコックピット様の座席があり、ポート側より
・機関長
・船長
・航海士
の順に座ります。
従来の船とは異なり、クルーが座った状態で一通りの作業ができるように
機器類が配置されています。
飛行機のコックピットのような印象を受けます。
船長のシートの後方には、着岸時のコントロールパネルが配置されています。
さらにその後方部分には海図用のデスク(ほとんど使わず電子チャートがメイン)
とともに、気象関係等と思われる機器類が配置されています。
ブリッジ自体は2階層となっており、下層部分には機器類専用の
部屋が準備されているとのこと。
相当なハイテク船ですね。

n_ais.JPG
<おまけ、ナッチャンのAIS上での情報表示>

2.QueenMary2の見学
「QueenMary2」は3/6に入港、その日のうちに出港という
横浜滞在時間の短いものでした。
また、船内見学が自由にできるといったものでもないため、
大黒ふ頭からの見学となりました。
入港時間は朝の7時と事前の情報では流れていたのですが
どうやらだいぶ早まったらしく、6時過ぎには入港していたようです。
入港の姿を写真に収めようと多くの方が、朝から御出勤だったようですが、
なかなか船の入港時間というものを正しく知るのは難しいですね。

qm2_top.jpg
<大黒ふ頭のQueenMary2>

qm2_bridge.jpg
<特徴的なブリッジ>

qm2_gate.jpg
<船体横の出入口>

qm2_wash.jpg
<さっそく掃除していました>


<QueenMary2動画>


3.AISの動画
3/6のAISの動きを動画にしたものをアップします。
映像中の注釈がついた赤い船が「QueenMary2」です。

大さん橋に停泊している緑色の船が「ナッチャンWorld」。
当日は、2回ほどクルーズをしており、航跡を確認することができます。


<AIS動画>


<ナッチャン出港時の動画>

(SF みっきー)


posted by SaltyFriends通信 at 08:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
I received 1 st <a href="http://goodfinance-blog.com">loan</a> when I was 20 and that aided my relatives a lot. Nevertheless, I need the short term loan over again.
Posted by AnnieBird at 2012年08月07日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。