2009年01月10日

■□ NAVTEXを受信してみた □■

navtex01.PNG
<NAVTEX 受信イメージ>

12月号に続き、受信機を用いた船舶関係の電波の
受信にチャレンジしてみます。

今回は、NAVTEXを受信します。

NAVTEXとは、海上保安庁が水路通報や航行情報、気象情報を
無線テレタイプで送信しているサービスです。

設置の義務がある船舶は20t以上のもの。(例外有り)
送信されている情報は、安全に航海する為に必要な情報や、気象関係、
火山の情報などもあります。

NAVTEXのサービス範囲の目安として沿岸より300マイルの範囲の情報を
送信するようになっており、国内では5局の送信局が配置されています。
南から
・那覇
・門司
・横浜
・小樽
・釧路
となっています。

次に周波数ですが、2波送信されており
英文 518kHz
和文 424kHz
となっています。
この周波数をみて、身近な周波数と感じる方もいると思いますが、
AMラジオ放送と同じ周波数帯です。(関東地方のNHK AM 594kHz)
ただし、AM方式の中でも特殊なSSBという形式で送信されています。
このため、一般の家庭用のラジオでは受信できません。
例外としては、高級な短波ラジオなどにはSSBモードがある機種も
あり、受信は可能です。

さて、NAVTEXですが常時電波が出力されている一般のラジオと違い、
送信される時間は4時間ごととなるため、身近な送信局から送信される
時間を調べる必要があります。

navtex_time.PNG
<送信スケジュール>

今回は、横浜局の和文を受信します。
和文の周波数は424kHzですが、SSBのLSBを用いるため+2kHzした
426kHzにて受信を行ないます。
受信機は前回と同じく、IC-PCR2500を利用。
アンテナは、第一電波工業のD303というモデルを利用しました。
このアンテナの周波数帯からいうと少しずれがありますが、機材の
都合上利用しています。
実際にはループアンテナなど長波、中波に対応したアンテナを
つかうべきでしょう。

今回、使うソフトウェアはNAVTEX Decoderというフリーソフトです。
http://www.frisnit.com/navtex/?id=decoder
日本語版もあり、とても簡単に使える優れたソフトです。

ソフトウェア側にて行なう設定はほとんどありません。
また、文字化けもほとんどせず、とても優秀なデコードを行なってくれます。

受信機とパソコンの接続は、受信した音声がPCに取り込めるように
オーディオケーブルを接続してください。

後は、放送時間を待つのみです。
無事受信が行なえると下図のように文字が受信されていきます。

navtex02.PNG
<受信イメージ>

受信したメッセージの意味について、簡単に解説を。
冒頭部分の
「ZCZC」
は市販されているNAVTEX受信機の自動受信機能を開始させるためのコードです。
最後の
「NNNN」
は逆に受信終了の合図です。

「ZCZC」の次のIB495は送信局のコールサインとメッセージの種類を表しています。
・G 那覇
・H 門司
・I 横浜
・J 小樽
・K 釧路
となっています。
メッセージの種別については、抜粋ですが、以下のようになります。
・A 航行警報1
・B 気象警報1
・C 海氷情報
・D 捜索救難情報、海賊情報
・以下略


きちんとアンテナを準備し、夜間などの条件の良い場合には日本中の電波を
受信することも可能なようです。
また、日本のみならず、周辺国の電波を受信するのも面白そうですね。
http://www.dxinfocentre.com/navtex.htm
こちらのサイトで、各国の情報が公開されており、参考になります。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

(みっきー)


posted by SaltyFriends通信 at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
船に乗っていて時々“ジャー、ジャー”と出てくるやつですね。
PC用のフリーソフトが出ていたとは知りませんでした。
早速試してみましたが送信時刻にPCを立ち上げていなければならず、ずっと待ち受けるのは実用的ではなくサーバなど常時運用しているマシン向けですね。
Java版もあるようなのでUNIX系でも‘いけそうな気がするー’
Posted by koumei_h at 2009年01月11日 09:24
koumei_hさん、さっそくのコメント、ありがとうございます!
レシートみたいな紙に印刷されてるやつですね!

確かに常時待ち受けは効率悪いですよね。
利便性考えると、携帯電話なんかで簡単に見れるってのが使いやすそう。なので、そのためのサーバなんかがあればなぁ、なんて思ったりします。
もう少し色々突っ込んだ使い方ってのを模索してみても面白いかもしれないですね〜!
Posted by みっきー at 2009年01月11日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。