2008年07月10日

■■ CH.16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★ 白石康次郎の冒険学校2008開催![横浜]
`````````````````````````````````````
ヨットで世界一周を3度達成した白石康次郎さんと、大阪市の帆船<あこがれ>で一日の航海。
帆をはったり、マストに登ったり、はたまた帆船乗りの日課デッキ磨きを体験したり。
夏の冒険旅行へ、出航!

開催日:8月18日、19日
対象:小学校4〜6年生の男女 各日50名
主催:冒険授業2008実行委員会(企画運営:株式会社スポーツビズ)
場所:横浜みなとみらいのぷかり桟橋発着
申し込み締め切り:8月4日(定員になり次第募集締め切り)

申し込み方法等の詳細はこちら↓
http://www.sports-biz.co.jp/pdf/bokenjugyo2008.pdf
帆船<あこがれ>でのセイルトレーニングの様子はこちら↓
http://www.akogare.or.jp/shipslog2/shipslog0.html

★ <Dawn Treader> 乗組員募集!
`````````````````````````````````````
物流業を舳に、多様な事業を展開している「鈴与グループ」
所有の帆船 <Dawn Treader (ドーントレッダー) > では、
現在クルーを募集しています。

詳細は以下の通り

募集要項:
1) 現在2名のクルーを募集中(一等航海士、および二等航海士)
2) 5級海技士(航海)以上の免状保有者
3) 海上特殊無線技士免許保有者
4) 一等航海士・・・年齢40才以下、男性
5) 二等航海士・・・年齢20〜35才程度、性別・経験不問
6) 人物重視(研修航海においてインストラクターを兼任する
ため)・・・リーダーシップ、コミュニケーション能力を
兼ね備えた方
7) 船に強いこと(Dawn Treader はまぁまぁ揺れます)
8) 横須賀定係のDawn Treader に通勤可能な方
以上

お問い合わせはメールにて、タイトルを「Dawn Treader クルー
募集」とし、採用担当:森 《 d_t_isa@ybb.ne.jp 》 まで
ご連絡下さい。
(*スパムメール対策のため、@マークの部分を小文字に変換
をお願いします)

★ なにわの海の時空館にて 帆船「あこがれ」ジオラマ製作参加者募集!!
`````````````````````````````````````
大阪市の帆船<あこがれ>のボランティアが様々な活動を展開しているあこがれウィンズクラブが大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館 エントランスホールにて、帆船あこがれの1/20スケール模型(全長2.5m、幅0.45m、高1.5m)を利用して、風と水波しぶきなどを表現した海のジオラマを製作を予定しています(全体1.8m×3.6m)。見どころは、1/20スケール帆船あこがれの模型のデッキやマストの上で作業をする人たち。1/20フィギュア(人形)を紙粘土細工で作り、情景などもリアルに表現し、他の展示施設にない動きのあるジオラマの完成を市民ボランティアが目指す。

なんと、このジオラマ作りボランティアの参加者を現在募集中!

akogareフィギュア.JPG

<日程>
7/13(日)10:00〜参加費無料(昼食は各自持参) 
7/27(日)10:00〜 同   上

※7月13日(日)は1/20フィギュア作りをメインで製作する予定です。こんなカワイイ人形の作り方を教えてもらえます!ぜひご参加ください(小学生以上のお子様の参加大歓迎)!!

申込はこちらまで⇒ akogare_winds@yahoo.co.jp

http://www.akogare.or.jp/2-6heave/2-6heave0.html

★船館ギャラリートーク開催
`````````````````````````````````````
今回の船館ギャラリートークには、船乗りと第一線で活躍された方々が勢ぞろい。興味のある回をいくつかピックアップして参加してみても十二分に楽しめそうです。週末の散策には都内61の美術館・博物館に入ることのできる(一部の施設は割引のみ)ぐるっとパス2008が便利。船の科学館と他の博物館を組み合わせて回ってみてもおもしろいかもしれません。シリーズは全22回の予定。


【1】 7/19(土)『海の遭難に学ぶ』
 野間 寅美 (元海上保安庁第十管区本部長)
【2】 7/20(日)『タイタニックはなぜ沈んだ〜スミス船長の責任とは〜』
 島 健 (元日本海運椛D舶担当役員)
【3】 7/26(土)『台風で座礁した大型船の救助』
 豊村 誠二 (元日本サルヴェージ竃員)
【4】 7/27(日)『衝突、乗揚げ、火災〜海難の実体験から〜』
 江森 健二 (元外国航路船船長)
【5】 8/2(土) 『なぜ超大型タンカーは建造されなくなったか』
 廣瀬 齊 (元日本船長協会副会長)
【6】 8/3(日) 『暮らしに役立つロープ結び』
 中澤 一義 (元外国航路船機関長)
【7】 8/9(土) 『羅針盤(コンパス)のルーツ』
 橋本 進 (練習帆船“日本丸”元船長)
【8】 8/10(日)『プルトニウム船“あかつき丸”の航海』
 谷山 洋 (元動力炉核燃料開発事業団)
【9】 8/16(土)『日本の海運事情〜9割は外国籍船〜』
 中島 光雄 (元運輸省海上技術安全局)
【10】 8/17(日)『やさしい海の交通ルール』
 横山 信夫 (元外国航路船船長)
【11】 8/23(土)『船内でケガ人発生〜衛生管理者の活躍〜』
 山田 淳一 (元外国航路船機関長)

サーチ(調べる)船の科学館

★船館カナディアンセイリングカヌー乗船会
`````````````````````````````````````
開催日時:7月20日(日)
     11時〜16時(15時30分受付終了)
開催場所:“宗谷”“羊蹄丸”中間海域
開催内容: カナディアンカヤックにセールを張り、風の力でカヌーを
動かします。
      指導はチーム西村と東京海洋大学ヨット部OBの方々
     (http://www.compass-course.com/team-nishimura.info/
参加費:  無料
その他:  荒天の場合、中止となることがあります。

主催/詳細:サーチ(調べる)船の科学館
posted by SaltyFriends通信 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。