2010年10月10日

☆ SaltyFriends通信 10月号 ☆

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo  
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo                             
o   〜 帆船で海、行く? 〜
   
     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 78号   2010.10.10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

猛暑だった今年の夏が、すでに遠い過去のように思える今日コノゴロ。
みなさんどのようにお過ごしですか?

読書に耽るもよし、週末クルーズに出かけるもよし。折角すごし易い
気候のいまのうち、めいっぱい外に出て新鮮な空気と共に秋を満喫
したいものです。

そして大型帆船では今年最後のサプライズ?来航となった、ロシアの
帆船「ナジェジュダ」。いま現在、鳥取の境港に寄港中。12日まで滞
在し、母港ウラジオストックへの帰途につきます。

それでは、10月のSaltyFriends通信、出航です!
posted by SaltyFriends通信 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 目次 ■■

┏┓
┗■ 10月のSaltyFriends通信 ==================

┏◆ 《 スターボード & ポートカレンダー 》

┣◆ 《 Ch16 》

┣◆ 今年も出ます!シーフロントミュージアム in Autumn

┣◆ 南十字星の下、三色旗ひるがえし
┃ −Velas Sudamerica 2010 参加レポート- その2 By Qたろー

┗◆ よろず帆船人突撃インタビュー 〔49〕
    練習帆船<エウロパ>船長クラース・ガーストラさん

◇ メルマガ全文をサイトで読む・・・
---> http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/
posted by SaltyFriends通信 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ スターボード&ポートカレンダー ■■

OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
船フネに乗る!

▽帆船<あこがれ>
……………………
#入門コース

10/09(土)-10/11(月・祝)2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
11/03(水・祝)     1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
11/06(土)-11/07(日)  1泊2日コース  [大阪南港〜大阪南港]
11/27(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
11/28(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
12/04(土)-12/05(日)  1泊2日コース  [大阪南港〜大阪南港]
12/12(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
12/25(土)-12/26(日)  1泊2日コース  [大阪南港〜大阪南港]

2011年
03/05(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
03/06(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
03/12(土)-03/13(日)  1泊2日コース  [大阪南港〜大阪南港] *満席
03/19(土)-03/21(月・祝)2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
03/26(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
03/27(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]

#航海型コース

次項有急募!!11/13(土)-11/23(火・祝) 10泊11日伊豆諸島航海 [大阪南港〜大阪南港]

伊豆チラシ(表).jpg
申込書はこちらをクリック!!

*参加費は、1日体験:小・中学生3000円/大人5000円〜
◇お申し込み方法等詳しくは→ http://www.akogare.or.jp/ssnew.html


▽帆船<海王丸>
……………………
位置情報■国内体験航海
2011年
02/02(水) - 02/07(月) 5泊6日 [門司港〜鹿児島港]
02/11(金) - 02/16(水) 5泊6日 [鹿児島港〜那覇港]
02/21(月) - 02/26(土) 5泊6日 [那覇港〜別府港]

10/17(日) 室蘭港停泊中
申込期間:8月10日(火)〜9月10日(金)
2011年
02/27(日) 別府港停泊中
申込期間:11月15日(月)〜2011年1月21日(金)

参加料:2,000円
◇お申し込み方法等詳しくは→ 財団法人海技教育財団HP http://www.macf.jp/


船フネを見に行く!
◆セイルドリル(展帆)を見に行く
`````````````````````````````````````````````````````````
10/10(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
10/10(日)      "初代"<海王丸>総帆展帆     [富山]
10/24(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
10/31(日)      "初代"<海王丸>総帆展帆     [富山]
11/07(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]

演劇"初代"<海王丸>/海王丸パーク  
演劇"初代"<日本丸>/日本丸メモリアルパーク  


………………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-----------------------------

◆グレートチェサピークベイ・スクーナー・レース 2010
http://www.schoonerrace.org/
```````````````````````````````````````````````````````
10/12 - 10/16 《米国》メリーランド州ボルチモア〜ヴァージニア州ポーツマス


◆オーストラリア木造船フェスタ
```````````````````````````````````````````````````````
MyState Financial "Australian Wooden Boat Festival"
http://www.australianwoodenboatfestival.com.au/
2010/02/11 - 02/14 《豪州》 タスマニア州ホバート


◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
イベント博物館・資料館での企画展ほか

演劇『海洋国家薩摩 〜海が育んだ薩摩の文化〜』
〜10/14 尚古集成館別館  [鹿児島・鹿児島市]

演劇『遣唐使船復元展示』
〜11/07 平城京歴史館  [奈良・奈良]

演劇『伊達の黒船二十年の航跡』
10/28〜11/29 慶長遣欧使節船ミュージアム[宮城・石巻]

演劇『海のむこうへのあこがれ 漂流記と漂流文学』
〜11/28 大黒屋光太夫記念館  [三重・鈴鹿]
*1802年、弁財船で漂流、20年ぶりに帰国した光太夫の記念館

演劇『海揚がりの備前陶磁 海に残された有田焼』
〜11/30 平城京歴史館  [佐賀・有田]
*坂本龍馬ゆかりの<いろは丸>から引き揚げられた焼き物の
展示もあり!

演劇『初代大瀬崎灯台1日点灯見学ツアー&ミニ講演会』
10/30 船の科学館  [東京・江東区]

演劇『海と船のおはなし会』
11/03 船の科学館  [東京・江東区]

演劇『「トラファルガー海戦」ミニ企画展示&講演会』
11/19〜24 船の科学館  [東京・江東区]
*講演会は24日のみ

イベントその他イベント
演劇『シーフロントミュージアム2010』
11/06〜7 若洲海浜公園  [東京・江東区]
posted by SaltyFriends通信 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★ ロシアの「ナジェジュダ」、鳥取・境港に寄港 [鳥取・境港]
```````````````````````````````````````````````````
極東ロシアのウラジオストック海洋国立大学の大型練習帆船<ナジェ
ジュダ>が9日、鳥取・境港市昭和町の境港に入港した。

航海実習の一環で、直前には今月31で閉幕する上海万博の「ロシア・
デー」に合わせて訪中し、イメドベージェフ大統領らと式典に出席。
毎年この時期には対ロシア貿易が活発な島根の浜田港に昨年・一昨年
と続けてこの時期入港していたが、今年は境港への寄港となった。

11日には事前に県庁サイトで募集していた船内一般見学会(定員200
名/無料)が行なわれ、また学生らは地元技術高校の海洋科に所属す
る高校生などと互いに交流を深める予定。

Nadezhda2.jpg
長崎帆船まつりに参加時の<ナジェジュダ>。手前は同じく
ロシアの姉妹船<パラダ>。



★ 帆船<あこがれ>一般公開 [大阪・天保山]
```````````````````````````````````````````````````
帆船<あこがれ>が大阪港で「エコ」を考えるイベント
「エコアートフェスタ大阪2010」に参加します!
http://ecoartfesta.com/

大阪港天保山岸壁で、いつもと違った一般公開をしますので、
ぜひ遊びに来てくださいネ!!

<日時>10月30日(土) 10時〜11時30分
                13時〜15時30分
<場所>大阪港天保山岸壁 (地下鉄「大阪港」駅下車徒歩5分)

(入場無料・荒天時中止)

エコアートフェスタ.jpg
(大阪港天保山岸壁の<あこがれ>)

船内では、
(1)展示 
・パネル展示 「成ケ島 親子環境観コース 紹介」
・「あこがれ」の 環境保護への取り組み
(2)ワークショップ(RE−USE)
・ 古いチャート(海図)を利用した封筒作り
・ ロープを利用したスナップ(船の雑巾)や小物作り
・ 帆走模型による風の実験
(3)チャレンジコーナー
・ デッキ磨き体験(ヤシの実と砂による)船のリクエーション(ロープアート)

などが行われる予定です!!

タンツー.jpg
(デッキ磨き体験の様子 ※イメージ)


★ 谷井健三さん画集「日本の船」通信販売開始! [全国/Online]
```````````````````````````````````````````````````
この夏、地元の魚津市で第2回目の展示会を開催、「よろず帆船人」
コーナーにもご登場いただいたことのあるイラストレーター
谷井建三さんの画集「日本の船〜海から見た日本史」の通信販売が
ついに始まりました!

"日本のフネ"を描かせれば右に出るものが無い、と言われる
谷井健三氏の精密情景画が一杯つまった画集です。
この機会にぜひ「谷井ワールド」を自分のものにされてみては
いかがでしょうか?

日本の船 谷井建三さん画集.jpg
谷井建三さん画集「日本の船」
サイズ:A4版 全39ページ フルカラー 一部1,000円(送料別)
部数限定(2000部)で発売中です。

画集:\1,000
送料:\350(レ―タ―パック350利用)
(銀行振込手数料120円込み、合計\1470)

売れ切れ次第とのことですので、興味のある方はお早めに!

詳細・ご希望の方は谷井建三さんのHPまで。
http://navy.ap.teacup.com/kanzo/


★ 「全館丸ごと美術館計画 海洋船舶画の世界」 [東京・江東]
```````````````````````````````````````````````````
現在、船の科学館で開催されているこの企画展は、全部で101点の
展示を目録を見ながら歩くと、全館まわれてしまうというもの。

鈴木正輝さんの迫力☆100号<日本丸>ほか<雲鷹丸>、<大成丸>
<明治丸>、谷井建三さんの和船の数々、梶田達二さんの<日本
丸>、田辺穣さんの<エスメラルダ>etc…。

その他軍艦や客船、貨物船、遣唐使船、海景など揃っています。
SFご贔屓、勢古宗昭さんの作品は「番外編」で、3階読書ルーム
に19世紀、英国のトプスルスクーナー(3ディメンション
バージョン)を展示しています。

開催は12月19日(日)まで。


★ 船の科学館 SFボラチーム企画
○"旧"大瀬崎灯台1日点灯+見学ツアー&ミニ講演会
○第2回「海と船のお話し会」"赤い灯台"
○「トラファルガー海戦」ミニ企画展示&講演会 [東京・江東]
```````````````````````````````````````````````````
東京お台場の「船の科学館」で活動を続けているSFボラチーム発案
企画として、以下3つのミニイベントを開催します!


●1)「灯台、いま、むかし」〜灯台記念日によせて〜
初代「大瀬崎灯台」1日限りの点灯+見学ツアー&ミニ講演会

元海上保安官の梁木忠三郎さんによるミニ講演会を開催。灯台
の歴史、役割、航海士の目から見た灯台の利用法などについて
30分程度お話しいただきます。また灯台巡視船として活躍した
<明治丸>の紹介もあり。

講演会の後、敷地内の灯台に移動し、普段は非公開の灯台内部
の見学ツアー。内の階段を上って実物の反射鏡、昭光器の見学
を行います。

大瀬ア灯台.jpg
船の科学館に移設保存されている大瀬崎灯台

日時:2010年10月31日(日)午後2時〜4時半頃まで
会場:「船の科学館」 3階読書ルーム
   および屋外展示場「大瀬崎灯台」外周、内部


●2)第2回「海と船のお話し会」

大好評だった先月に続く第2弾!
今回読む絵本は、明治時代に作られた来島海峡の灯台のお話、
"赤い灯台" です。

日時:2010年8月29日(日)午後2時半〜
会場:「船の科学館」3階読書ルーム


●3)「トラファルガー海戦」ミニ企画展示&講演会

トラファルガー海戦から205年目にあたる10/21前後の
6日間、船の科学館読書ルームにて所蔵の関連資料の公開
と共にSFボラチーム"ぐんそう"によるトラファルガー
海戦とネルソン提督についての解説を行なうミニ講演会
を開催します。

Trafalgar.jpg 船館ヴィクトリー.jpg
模型は船館に展示されている<HMSヴィクトリー>

「トラファルガー海戦」ミニ企画展示
日時:2010年10月19日(火)〜24日(日)

「トラファルガー海戦とネルソン提督」ミニ講演会
日時:2010年10月24日(日)午後2時〜2時半 

会場:「船の科学館」3階読書ルーム


●●●1〜3、いづれも参加無料
(ただし船の科学館の入館券が必要です)

船の科学館
住所:〒135-8587 東京都品川区東八潮3番1号
TEL:03-5500-1111
posted by SaltyFriends通信 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

□■ 今年も出ます!シーフロントミュージアム in Autumn  □■

都内で唯一ヨット訓練所とゴルフ場が併設された、江東区の若洲海浜
公園で今年も「アートと海」をテーマにイベントが開催されます!

Salty Friends も例年通り、セイリングクルーザー&ギグの無料乗船会
などのお手伝いに加え、昨年大好評だった「帆船ちぎり絵」のワーク
ショップを開催します!今回はこの晩夏に日本に来航したポルトガル
の帆船「サグレス」がモチーフになる予定。

すごし易くなった秋の一日、アートと海が一度に楽しめる若洲海浜公
園へぜひ、足をお運び下さい。

SeaFrontMuseum2010.gif Chigirie2009.JPG
右の写真は昨年のちぎり絵ワークショップより

「シーフロントミュージアム in Autumn 2007」

開催日時: 2010年11月6、7日(土日)
     午前10時〜午後4時(雨天中止)
     
ヨット体験試乗会:出港予定時刻:(1)10:30, (2)13:00, (3)14:30
当日受付・無料(SFブースにて受付)


その他、活躍中のアーティストと一緒に作品を制作する
ワークショップやファミリーカメラマン(親子撮影会)、
スタンプラリーなど、家族で楽しめるプログラム多数開催!

詳細は、シーフロントミュージアム公式ブログ
http://sea-front.seesaa.net/
または若洲海浜公園シーフロントミュージアム係
TEL: 03-3522-3225
までお問い合わせください。
posted by SaltyFriends通信 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ 南十字星の下、三色旗ひるがえし   − Velas Sudamerica 2010 参加レポート - その2 by Qたろー □■

かわいいテレビや新聞のニュースなどで耳にされている方も多いと思いますが
チリ北部、サンホセ鉱山の落盤事故現場で行われていた救出作業が終了。
33人全員が無事、地上に生還されました。
本当に、ほんとうに良かった!!Viva Chile!!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

かわいいかわいいかわいい

「2度目のチリへ」

チリの大地震から数週間。時折起きる余震のニュースにビクビクしながら、
渡航準備をすすめる。前回、2003年にチリを訪れた時知りあったビーニャ・デ
ル・マルの友人が、部屋はあるから是非、泊りに来いという。願ってもない!
元<エスメラルダ>のクルーをはじめ、チリ海軍関係の友人たちも待っていて
くれる。大方の友達とは、七年ぶりの再会だ。

往路は、アメリカのダラス経由でチリの首都、サンティアゴへ。普通、日本か
らアメリカ経由で南米へ行く場合、アメリカ国内でのトランジットだけで5、
6時間、場合によってはまる半日乗り継ぎの飛行機を待たなければならない。
ここが格安航空券のツライところ。

いっそのこと東海岸か西海岸の、海洋博物館のある都市で乗り継ぎできれば、
時間が有効に使えるかも?…と淡い期待を抱いたのだが、今回の航空会社AA
(アメリカン・エアライン)でのトランジット、ダラスは内陸部。
海ナシ州だぁ…。ちぇっ。
代理店の担当者によると、最近南米路線の便数が減ってしまい、あまり選択の
余地はない、という。

そんな訳で、今回の往路の待ち時間は、ダラスで5時間。さらにチリの首都
サンティアゴまでのフライト、10時間。トータル、日本からは26時間の旅だっ
た。前回はアメリカ国内で一回、さらにペルーのリマでもう一度飛行機を乗り
継いだこともあって、遠さをひしひしと感じたが、今回は前と比べてさほど距
離を感じなかった。これは「知っている町に行く」「待っていてくれる友達が
いる」という違いだろうか。

Santiago.jpg
首都サンティアゴの町をサン・クリストバルの丘から望む。


サンティアゴのアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に着くのは、たいて
い早朝になる。眠ったのか眠らなかったのか、よく分からない朦朧とした頭で
入国審査を通り、荷物をピックアップ。市内の「高速バスターミナル行き」
シャトルバスに乗って、どれどれ、と車窓から街の景色を眺めてみる。
思っていたより、道路などの復興は進んでいるようだ。傍目には、大地震が起
きたとは思えないほど、町はおちついている。

もっとも、今回の地震で震源地に一番近くて被害の大きかったコンセプシオン
とは、300キロ以上も離れているのだ。ニュースでは、空港からの自動車道が
断裂した、と伝えられていたが、拍子抜けするほど道中は、まったく問題なし。

バスを乗り継ぎ、昼すこし前、友人宅に到着した。7年振りの再会に大いに盛
り上がり、話は尽きない。が、とにかく無事に着いたことを、メールで現地の
友人たちに知らせて、ひと休み。
しかし帆船レースの参加船団は、私より数時間前にバルパライソに入港してお
り、すでに一般公開も始まっているはずだ。そう思うともう、じっとしてはい
られない。

Museo de Lord Cochrane 1.jpg Museo de Lord Cochrane 2.jpg
(2枚とも)前回の「宿題」のひとつ、コクラン提督博物館。
提督の自宅を改造して造られており、その昔は砲台としても機能していた。
現在は埋め立てが進み、海ははるか射程距離外・・・。

Almirante Cochrane.jpg
ステンドグラスに描かれたチリ海軍創設者のひとり、トマス・
アレクザンダー・コクラン提督(1774~1860)
(こちらはバルパライソ海軍海洋博物館蔵)
続きを読む
posted by SaltyFriends通信 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ よろず帆船人突撃インタビュー〔49〕  オランダの練習帆船<エウロパ>船長 クラース・ガーストラさん ■□

お名前:クラース・ガーストラ
国籍:オランダ共和国
ご生年:1951年
ご職業:練習帆船<エウロパ>船長

Captain Kraas.jpg Europa en el desafile, Valparaiso.jpg
左:ワンコが好きな「親分」、キャプテン・クラース
右:<エウロパ>@チリ、バルパライソで行われた帆船パレード


第一印象は「わぉ、ヴァイキングみたい!」(失礼)
でもお話しすると、その気さくでジョーク好きなお人柄に、思わず
「親分!」と呼びたくなってしまいます。キャプテン・クラースは
大勢のクルーのなかに紛れていても、すぐ「あの人がキャプテン
かな」と分かる、風格のあるお方。

8月号に登場していただいたボランティアクルー、トムさんが
「今回の帆船レース Velas Sudamerica に参加している船の船長
のなかではピカイチ」と評されたように、<エウロパ>の船長歴は
16年!
<エウロパ>のことなら、隅から隅まで知り尽くしている
まさにベテランの船長さんです。


以下クラース ガーストラさん:KG
Salty Friends:SF


SF:なぜ今のご職業を選ばれたのですか?

KG:祖父が船乗りだったこともあって、小さな頃から帆船が好き
   だったんです。5才になった頃にはもう、将来船乗りにな
   るんだと決めていました。

SF:5才とは、また早い決断ですね!ではその船乗りとしての
   キャリアは、どのように始められたのですか?

KG:1967年にオランダ海軍に入り、数年間勤務した後、漁船に
   乗っていました。その後、いったん商船学校に戻って航海士
   の資格をとったあと、商船で働いていたんです。
   <エウロパ>の船長は1994年から。今年で16年になりますね。

Captain Kraas, Guayaquil.jpg Captain Kraas 2.jpg
左:青い目にアクアマリンのピアスがよくお似合いです***
右:ディバイダーを手に、チャートとにらめっこ。


SF:16年も同じ船で船長をしていらっしゃると、もうこの船の
   キールからマストトップまで知りつくしていらっしゃるんで
   しょうね!
   でも、そんなに長いこと乗られていて、この仕事を辞めたい
   と思ったことはありませんか?

KG:ありません!死ぬまで続けます(笑)。

SF:そうおっしゃると思いました(笑)。
   では本船に初めて乗られる方に、<エウロパ>式航海の楽し
   み方を教えて下さい。

KG:航海中は、日常生活から離れて、非常に小さな社会の中で生
   活することになります。そういう環境の中で、他人と知り合い
   人間関係を構築するには、まずコミュニケーションをとらな
   ければなりません。

   船を安全に走らせるには、人間関係、チームワークが大切です。
   うちの船ではまずトレイニーの皆さんに、ここで友達をたく
   さん作って欲しい。
   セイリングは二の次でいいと、私は考えています。

SF:今回私が乗せていただいた22日間のレグだけでも、14カ国の
   人が乗ってましたよね!<エウロパ>に乗ると、本当に世界
   中に友達ができそうです(笑)。
   クルーの方の国籍もバラエティに富んでいますが、仕事をな
   さる上で、とくに問題はありませんか?

KG:現在乗り組んでいるクルーは、オランダ人が半分くらい。
   あとはご覧のとおり、色々な国の人がいますが、仕事上の共
   通語は英語なので、とくに問題はありませんね。英語を話す
   人なら、どこの人でも歓迎しますよ!

   <エウロパ>では毎日、ボランティアクルーも含めてスタッ
   フのミーティングを行なっています。周知事項を伝えたり、
   トレイニーの体調を報告しあったり、細かいことでもお互い
   の意思の疎通をはかるために、私はこの時間をとても大切に
   しています。
   国籍や母国語が違っていても、コミュニケーションがちゃん
   と取れていれば、大丈夫です。

preparando la entrada a Callao.jpg
「セイルトレーニング」は、自主参加が大切。少しずつ増えていく
「自分にできること」が自信につながります。


SF:クラースさんの、セイルトレーニングについてのお考えをお
   聞かせ下さい。

KG:我々の船は、これから船員になる人を育てるためのものでは
   ありません。
   「トレーニング」とは言っても、プロになるための技術を教
   える訳ではありませんので、基本的な当直の仕事以外は、
   自由参加型。つまり、各自の自主的なアプローチが大変重要
   になります。

   帆船は一人では動かせません。お互いを必要とし、助け合わ
   なければ、船は動かないのです。
   <エウロパ>では、この「自主性」をとても大切にしています。
   何も知識や経験のない人でも、何かできることがきっとある
   はずですからね。

SF:そういえば、最初は眺めているだけだった人が、何日かして
   徐々にメンテナンスや操帆作業に加わるようになっていました。
   みんな、少しずつ「自分にできること」を見つけていくんで
   しょうね。
   では最後に、SFにメッセージをお願いできますでしょうか?

KG:<エウロパ>は、どんな国籍の方でも歓迎しますよ。一緒に
   世界の海をセイリングしましょう!

Captain Kraas reading papers.jpg
ペルーのカヤオ入港に備えて、必要書類に目を通すキャプテン・
クラース。


ダンキュ ウェル!どうも有難うございました!
posted by SaltyFriends通信 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 編集後記 ■■

先日あるTV映像を見ていて初めて知ったのですが、ヴァイキング船っ
て海上だけじゃなく、最初から陸上を動かすことも想定して作られてい
たのですね。実際約10年前に、シェトランド島でレプリカ船を使った
実験が行なわれていて、滑車やロープに加え、船をスライドさせる半丸
太には4ヶ月寝かせた鱈の肝油を塗って…9トンもある船を人力だけで
移動させる様子を見て感心していたら、知人の船長まで出て来て2度
ビックリでした。

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日頃配信
 ★編集:カズー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒https://regssl.combzmail.jp/web/?t=df20&m=u2sn
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。