2010年03月10日

☆ SaltyFriends通信 3月号 ☆

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo  
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo                             
o   〜 帆船で海、行く? 〜
   
     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 71号   2010.3.17

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんにちは、SaltyFriendsのQたろーです。
元来毎月10日にお届けするべき当『Salty Friends通信』なのですが
諸事情により、一週間も遅れてしまいました。楽しみにしていて
下さった皆様、ごめんなさい!さらに記事や情報をご提供下さった皆様、
ご迷惑ご心配をおかけ致しまして、大変申し訳ございません!

さて今年2010年は、中国で「上海万博」、日本では「平城遷都
1300年祭」。現在中国と日本両国で、2隻の復元遣唐使船の建造
プロジェクトが進んでいるようです。
ぜひ帆走しているところをこの目で見てみたいものですね。
この夏は上海にもGo!・・・もちろん万博は『ついで』です。

それでは、SaltyFriends通信3月号、暖かくなってきた風に乗って出航!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by SaltyFriends通信 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(130) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 目次 ■■

┏┓
┗■ 3月のSaltyFriends通信 ==================

┏◆ スターボード&ポートカレンダー

┣◆ CH.16

┣◆ カイくんの「帆船に乗ろうかぃ!」 不定期その1

┣◆ 帆船<あこがれ>バウネットレポート by タカさん

┣◆ 「キッド」3000部の重版!!

┗◆ 編集後記
posted by SaltyFriends通信 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(82) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ スターボード&ポートカレンダー ■■

=================================

******************************************************************
■■■■■■■■ スターボード&ポートカレンダー ■■■■■■■■
******************************************************************

OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
船フネに乗る!

▽帆船<あこがれ>
……………………
03/20(土) - 03/22(祝) 2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
03/25(木) - 03/26(金) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
03/27(土) - 03/28(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]

04/17(土) - 04/18(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
04/24(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
04/25(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
04/29(祝)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]

*参加費は、小・中学生3000円/大人5000円〜
◇お申し込み方法等詳しくは→ http://www.akogare.or.jp/ssnew.html

▽帆船<海王丸>
……………………
位置情報■遠洋体験航海
04/07(水) - 05/05(日) 2/5受付締切 [東京〜サンフランシスコ]

◇お申し込み方法等詳しくは→ 財団法人海技教育財団HP 

船フネを見に行く!

04/11(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
04/25(日)      "初代"<海王丸>総帆展帆     [富山]
04/29(木)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
05/04(祝)      <あこがれ>船内一般公開    [大阪]
05/04(祝)      "初代"<海王丸>総帆展帆     [富山]
05/30(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
………………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-----------------------------

ひらめき◆セイルズ・サウス・アメリカ 2010 - 南米諸国建国200周年帆船レガッタ
```````````````````````````````````````````````````````
"SAILS SOUTH AMERICA 2010 - Bicentennial Regatta and Great Sailing Ships Meeting"

03/18 《アルゼンチン》:スタテン島/エスタドス島
03/20 - 03/23 《アルゼンチン》:ウシュアイア
03/24 《チリ》:ケープホーン
03/27 - 03/30 《チリ》:プンタアレナス
04/08 - 04/12 《チリ》:タルカウァノ
03/27 - 03/30 《チリ》:バルパライソ
03/27 - 03/30 《ペルー》:カヤオ
03/27 - 03/30 《エクアドル》:グアヤキル 
03/27 - 03/30 《コロンビア》:カルタヘナ
03/27 - 03/30 《ベネズエラ》:ラグアイラ
03/27 - 03/30 《ドミニカ(共和国)》:サントドミンゴ
03/27 - 03/30 《メキシコ》:ベラクルス


ひらめき◆ガリバルディー トールシップス レガッタ
```````````````````````````````````````````````````````
"Garibaldi Tall Ships Regatta" - Organized by Sail Training International

04/08 - 04/11 《イタリア》 : ジェノヴァ
  →【レース】→
04/16 - 04/19 《イタリア》 : シチリア島トラパニ

イベント◆ハーバーフェスト@コネチカット州グリニッジ
```````````````````````````````````````````````````````
"HARBORFEST – Tall Ships Are Coming!®" to Greenwich, CT
04/23 - 04/25 《米国》 コネチカット州グリニッジ

◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
イベント博物館・資料館での企画展
演劇〜03/14 日貨幣博物館                [東京・日本橋]
『海を越えた中世のお金』企画展  
演劇〜05/23 象潟郷土資料館              [秋田・にかほ市]
 『北前船の軌跡』展
演劇〜06/27 東京みなと館               [東京・青海]
『海の華 客船・帆船』写真展
演劇03/18〜03/23                   [東京・銀座]
第1回横浜・海洋画倶楽部展
posted by SaltyFriends通信 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(122) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH.16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★第1回横浜・海洋画倶楽部展のお知らせ
```````````````````````````````````````````````````
昨年2009年8月号の「SF通信」でもお伝えした、横浜、海洋画倶楽部の
皆さんが、初のグループ展を開催します。講師は、海洋画家の勢古宗昭さん。
メンバーの皆さんの潮気あふれる作品を、ぜひご覧下さい!

第1回横浜・海洋画倶楽部展
会期:2010年3月18日(水)〜3月23日(火)
時間:am11:00〜pm7:00(最終日はpm5:00閉場)
会場:美岳画廊
住所:東京都中央区銀座7−11−6
電話:03−6280−6639
アクセス:地下鉄銀座線「銀座」A3番出口より徒歩4分

美岳画廊HP

「SF通信」2009年8月号関連記事


★ コンコルディア沈没 全員無事救助 [ブラジル]
```````````````````````````````````````````````````
SV_Concordia.jpg
©SaltyFriends Stock Photo
<SV Concordia> 

既にサイトのトップページでも取り上げていますが、カナダの練習
帆船<コンコルディア>が2月19日、マイクロバーストと呼ばれる
突風のため、南米ブラジル沖で転覆、沈没しました。

<コンコルディア>は、カナダの大学が運営する「クラス
アフロート」(単位が取得できる洋上学校)で、今月23日、
ウルグアイのモンテビデオに寄港する航海途上、今回の災難
に遭遇した模様です。

日本人女子高生1人を含む64人の生徒、乗組員は、全員救命
艇で脱出。約40時間を洋上で過ごした後、ブラジル海軍が
派遣した2隻の船に救出され、全員無事とのことです。

カナダを中心に世界中の子供達を育ててきたプログラム
「クラスアフロート」のフラッグシップとして、建造から
18年にわたり活躍しつづけた<コンコルディア>。その
功績を称えるとともに、謹んで哀悼の意を表します。

CONCORDIA 2000 2.jpg CONCORDIA 2000 1.jpg
2000年、オランダのアイマウデンで、<あこがれ>の隣に接岸する<コンコルディア>


★ 帆船「あこがれ」AIS搭載について [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
帆船「あこがれ」が上海行きにあわせて、AISを搭載しました。
先月末に行なわれたボランティア研修時の動作状況をご覧ください。

AIS 船の映っている画面.jpg
<動作状況>

akogare_sp01.JPG
<陸でもキャッチ!>


★ <Jewel of Muscat>、まもなくインドに寄港 [インド洋]
```````````````````````````````````````````````````
先日当ブログでもご紹介した、オマーンの復元帆船<Jewel of
Muscat>が2月16日にマスカトを出航後、初の寄港地であるインド
のコーチンに間もなく到着の模様だ。

注目の「船長Log」は、ほぼ毎日更新。これまでのところ、9世紀の
復元船はモンスーンの風をたくみにとらえて順調に航行中だ。現地
時間8日には、最高時速6.6ノット、24時間で100マイルを超える
航海記録を達成した。陸から何百キロと離れた大洋のど真ん中で、
お約束のクジラやイルカに加えて蝶の群れに遭遇するサプライズが
あるなど、復元航海という様々な不自由が強いられる生活の中、乗
組員みな人生の貴重な一航海をそれぞれに愉しんでいる様子がう
かがえる。

また、先日のログには、2007年12月に当会で開催した講演会
<帆船時代の航海術>で、大河原船長のレクチャーの中に出て来
た緯度を測る航海計器<Kamal>を、実際に使用している様子が紹
介されているものも!!詳しく読んでみると、西欧の「大航海時代」
以前にすでに高度の航海術がこの地域で発達云々、という話など
出てきて面白い。ちなみに話は変わるが、出港時に積み込んだ鶏
と2匹の山羊は、すでにクルーの活力源になってしまったようだ。

この船長ログだけでなく、ピクチャーギャラリーには膨大な数の写真
が公開されているので、英語がわからなくても眺めているだけで結構
楽しめる。気になった方はぜひチェックを!

<Jewel of Muscat>HP(English)


★ <あこがれ>が乗組員を募集! [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
大阪市の帆船「あこがれ」が船員を募集しています。
33歳までの船舶免許ををお持ちの方で、男女・経験は問いません。
詳しくは<あこがれ>HPで!
http://www.akogare.or.jp/topics/topics02012010.html


★ <あこがれ>が登録ボランティア・スタッフを募集 [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
上記はプロの資格を持つ乗組員の募集ですが、こちらは船の資格を持たなくてもなることができる「ボランティア・スタッフ」の募集です。
<あこがれ>はプロの乗組員10名と、船での活動を無償でサポートする100名以上登録しているボランティア・スタッフの力も借りながら動いています。
詳しい内容はこちら


★ 海洋教育フォーラムのご報告 [東京・船の科学館]
```````````````````````````````````````````````````
3/6に船の科学館にて海洋教育フォーラムが行なわれました。

P1010404.jpg
<橋本キャプテンの講演>

今回は
「日本の海洋教育を考える
−船長さんが語る海洋教育−」
というテーマで、多くの船の船長さん!が体験、教育への取り組みを
語ってくださりました。

船の科学館の4階マリンホールで行なわれましたが、参加者は120名以上
という大入りでのフォーラム。
日本船舶海洋工学会が主催された関係もあり、学会発表のような流れでした。


以下発表者(敬称略)と講演内容について抜粋です。

いまなぜ帆船教育か       橋本 進(航海訓練所 日本丸 元船長)

練習船汐路丸における海洋教育  鹿島 英之(東京海洋大学 練習船 汐路丸船長)

世界一周航海の思い出      荒木 直行(東海大学 海洋調査研修船 望星丸 元船長)

練習船深江丸の海事教育効果について  古莊 雅生(神戸大学 練習船 深江丸 元船長)

親子サバイバル・レッスン−海上技術と防災・減災教育とトレーニング−
                本木 久也(大島商船高等専門学校 練習船 大島丸 一等航海士)

羊蹄丸での普及活動について      西沢 弘二(船の科学館ボランティア 青函連絡船 元船長)

幹部海上保安官を育てるための乗船実習 梅田 宜弘(海上保安大学校 練習船 こじま 元船長)

実習船湘南丸における海洋教育     菅原 敬(神奈川県立海洋科学高等学校 実習船湘南丸 船長)

にっぽん丸におけるキッズクルーズと海洋教育 澤山 恵一(商船三井客船 にっぽん丸 元船長)


日本で取り組まれてきた海洋教育というものの幅広さと
多くのすばらしい人材の取り組みを一同に聞くことができ、大変
勉強になるフォーラムでした。
ただ、これからの海洋教育が、下り坂であるのも事実と感じさせられました。
なぜ海洋教育なのか、が大きなポイントとなると思われます。
答えかどうかはわかりませんが、魅力を感じたスライドを紹介させていただきます。

P1010411.jpg
<橋本キャプテンのスライド>

P1010432.jpg
<西沢キャプテンのスライド>

こんな想いを大切に、海洋教育が再度見直され実施されることを
切に願います。


★艦船模型サークル「ミンダナオ会」第15回展示会レポート
```````````````````````````````````````````````````
昨年もご紹介させていただきました、艦船模型サークル「ミンダナオ会」さん
の第15回展示会『世界の軍艦〜戦後各国の海軍と海上自衛隊〜』が、今年も
2月13、14日の両日、東京お台場の「船の科学館」フローティングパビリオン
<羊蹄丸>のホールで開催されました。

「ミンダナオ会」さんは艦船模型サークル、いうことで、つまり展示される船
はすべて軍艦。大方は灰色の現代艦船になりますが、中には日本にも馴染み深
いチリの<エスメラルダ>やトルコの<エルトゥールル>など、数隻帆船の姿
も見受けられました。

今回はNHKでもドラマ化されている「坂の上の雲」企画コーナーもあり!
2日間という短い会期にも関わらず、相変わらずの盛況ぶりは、このジャンル
の根強いファンの存在をアピールしていました。

ミンダナオ La Esmeralda.jpg ミンダナオ Victory.jpg ミンダナオ Amerigo V.jpg ミンダナオ Eltu Hiei Kongou.jpg

左上:チリ海軍練習帆船<エスメラルダ>。ご存じのように、チリでは先月起
   きた大地震で、800人以上の方が亡くなりました。海軍の施設にも相当
   の被害が出ています。特にタルカウアーノの海軍工廠は、津波で完全に
   破壊され、入渠中だった艦船はすべて擱座(かくざ)したとのこと。
   亡くなられた被災者の皆様のご冥福を、衷心よりお祈りいたします。
右上:戦闘準備中のイギリス海軍<HMSヴィクトリー>。模型は小さければ
   小さいほど手間がかかります。どこを省略してどこを見せるか、制作者
   のウデの見せどころ。
左下:イタリア海軍<アメリゴ・ヴェスプッチ>。参加する帆船まつりでは
   いつも見学者の長蛇の列。
右下:「坂の上の雲」をテーマに。手前からトルコ海軍の<エルトゥールル>
   帝国海軍の<比叡><金剛>。
   1890年来日時、紀伊大島の樫野崎沖で遭難、沈没した<エル号>では
   587名が死亡。69名の生存者は、明治天皇の意向によって<比叡><金
   剛>の両艦で本国まで送り届けられました。
   「船の科学館」では2010年8月〜9月<エル号>関連の企画展を計画中。
posted by SaltyFriends通信 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(121) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ カイくんの「帆船に乗ろうかぃ!」 不定期その1  ■□

帆船に乗ろう!!
とオレはみんなに言いたい。「いいことなんてねーよ」って言ってる君!!難
しく考えて落ち込むなら、体を動かして汗かいて、いっぱい笑って、いっぱい
泣いて、海のど真ん中で自分をたくさん好きになってほしい。
誰に向かって言っているんだか分らないよね。ごめんなさい。言ってみたかっ
ただけです。

じゃあ、なんで帆船なの?
答えは、乗ったら分かるよ。・・・ではあまりにも不親切なので、オレの個人
的な考えを書かせてもらいたい。

Soren 1.jpg
ニュージーランドの<ソーレンランセン>。
ボートを使ったレスキュー(落水者救助訓練)時、洋上からのショット。


まず、帆船はかっこいい!単純なようだけど、かなり重要な事だとオレは考え
ている。世界で一番美しい乗り物とされている帆船。
「帆船に乗って風をよみながら海を渡る!!」ね?なんかかっこよくない?
「飲み会で空気をよみながらウケをねらう!」とは、かなり違った響きではな
いだろうか。

次に言いたいのは、帆船は楽しい。船にはたくさんのいろんな人間が乗り込ん
でくる。寝食を共にし、冗談を言い合いながら、協力してロープを引き、帆を
張り、船を動かす。

職業、年齢、性別を問わず、集まった全員で航海を成し遂げるのは、学生時代
の学園祭のようで、何とも楽しい。航海中、自分の経験からは想像もできない
ような面白い話がきけたりするし、共同生活の船で料理に目覚めたり、体が鍛
えられたり、星座に詳しくなったり、でっけー魚が釣れたり、毎日何かが起こ
り、自分の意外な一面を発見できる事もある。楽しみ方は自分次第だ。
なんといっても目的地にたどり着いた時の達成感と、港に着いてから仲間みん
なでパブに繰り出して飲む酒は格別だ。

日本人しよーぜー Kai.jpg Tenacious 3 Kai.jpg Soren 2 Christmas in NZ.jpg
左上:<ソーレンランセン>初めての長期航海を前に。
  「日本人ぽい?写真撮ろうぜ!」と、みんなを集めて記念撮影。
右上:昨年11月<テネイシャス>にて。若い子達による初めてのスパンカー
  ガスケット「ん〜と、どうやって結んであったっけ〜?;;」試行錯誤の
  真っ最中。
左下:一昨年のクリスマス時期、NZオークランドのプリンセスウォーフから。
   <ソーレンランセン>とクリスマスカラーのタワー。
   

それに帆船はどこにでも行けるんだ。例えばオレが乗った帆船たちだけでも、
<ソーレンラーセン>はニュージーランドからイースター島、南太平洋の島々
を巡る8カ月の航海を行っていたり、<R・タッカートンプソン>ではニュー
ジーランドの歴史をめぐりながら、クジラと出会う旅を企画していたり。

今乗っている船<テネイシャス>は、6月までイギリスからスペイン、イタリ
ア、ギリシャ、北アフリカの国をめぐり、イスタンブールまでの航海をしてい
る。オーストラリアのスバーニンでは、シドニーの港をエンターテイメント
たっぷりの半日セーリングも楽しめる。

短いものは一日から、長い航海は一カ月以上と、自分の都合や日程に合わせて
航海が選べるのもとても魅力。もちろん日本にも帆船はあるし、数こそ多くは
ないが世界中に帆船はある。ワイン片手に、優雅にセーリングを楽しんでも素
敵、長い航海にガツンと乗りこんでいろいろな国を巡るのも最高だ。

Tenacious 1.jpg テネイシャス Kai.jpg Tenacious 2 Kai.jpg
3枚とも<テネイシャス>
左上:イタリア着岸作業風景
右上:マルタ島ヴァレッタ港にて。昨年のクリスマス頃。
左下:昨年11月ごろ。ロアトップスルガスケットの様子。


英語が心配という気持ち、よくわかります。英語が全く話せなかったオレは、
カタカナ英語と見ぶり手振りでここまでやってきました。英語が話せれば、や
はりそれに越したことはないだろうと思う。しかし日常会話なんて、中学生の
英語で十分事足りる。
なにせ帆船は船独特の単語がいっぱい。英語が母国語の人たちだって、始めて
聞く単語に戸惑う。一緒になってあれやこれやワイワイやってれば、自然とコ
ミュニケーションがとれ、船での生活も早く慣れるはず。

「できない、恥ずかしい」はナシ!要はガンガン分かんない事は聞いて、
なんでも挑戦してみたほうが、きっと面白い。けど無理はぜったいしちゃダメ。
海は危ない場所だ。危ないからかっこいいとか、勘違いしてはいけない。危な
いものは危ない。これとっても大切。

もし旅行に行くのなら、ぜひ帆船の旅をおすすめしたい。世界の広さと、身近
さを感じられるはず。

まだまだ書きたいけれど、言いたいことはそんなに多くない。

みんな海に行こう!嫌な事、難しいこと、たくさんあるけど、海にいるってだ
けで、なんだか頭の中がポジティブになれると思う。だからみんな海に出よう!
なかでも帆船はオレおすすめ。


                          帆船バカより R Tacker 1 Kai.jpg

□■ 帆船<あこがれ>バウネットレポート by タカさん □■

セイルロフトにて 記念写真.JPG
[セイルロフトにて記念写真]

大阪市の帆船<あこがれ>がバウネットを新調しました!!
そこには<あこがれ>ボランティア・スタッフ延べ100名以上の力が結集されて製作されました!
新しくなったバウネットの製作過程を帆船<あこがれ>ボランティア・スタッフのタカさんがレポート。


バウネットをあむ.JPG
[バウネットをあむ1]

帆船「あこがれ」 
   市民ボランティアたちがモノ作りの楽しさを実感。

 チームワークでモノづくり、人が集まりFACE TO FACEでチャレンジ。
もう一つのセイルトレーニング。市民ボランティアでバウネットを製作。


バウネットを編む.JPG
[バウネットを編む2]

 建造から17年使い続けてきたバウネットが傷んでいた。
昨年の秋、クルーはもちろん、ボランティアスタッフもジブセイルを扱うとき、この傷みに気付いていた。
 バウ渡りにチャレンジするトレーニーひとり一人の顔を想像、ボランティア・スタッフで製作することを決めた。
主に製作を仕切るのは長さんこと清水長八氏。
このとき彼の頭の中には、既に設計図が描かれていた。
長さんは言った。「枡目の大きさを今までのモノよりも少し小さくするぞ。」
バウネット設計図.JPG
[バウネット設計図]

今までだと10才ぐらいの子ども達が履く運動靴は、網目に挟まったり、脱げて海に落すこともあった。
しかし、波打つ海面やフィギュアヘッドが見えなくては意味が無い。
網の目を9×9cm角にした。


 材料のロープ類も、ボランティアの人が寄付をしてくれた。
本船内での作業は航海もあるのでできない。これから寒い冬をむかえる。
広い作業場の確保。あとは、一人でも多くのメンバーが欲しい。
 しかし、ロープワークだけの関わりは地味な作業。
この呼びかけに、何人が参加してくれるだろうか一番の心配だった。
 10月31日(土)早朝、お日様の光を浴びて水面がキラキラ輝くオズ岸壁。
南側の駐車場にあるセイルロフトと呼ぶ白い倉庫で作業がスタートした。

このセイルロフトには、予備セイルや様々な備品が収納されている。
また、大きな工業用ミシンがあり、セイル補修のスペースがある。

初日、参加者は予想に反して17名ものメンバーが集まった。
いろんな話題の中、ボケとツッコミ、ダジャレが飛び交うスタート。
和気あいあいとしたなか、気付いたら自然にチーム編成ができていた。
メンバーも増えてきた。モノ作りには、なんと不思議な魅力があるものだ。

製作図面。それは碁盤の目で細かく色分けされた線の模様。なんとも美しい。
これは長さんが考案した貴重な設計図である。
番号を書き込んだ白いビニールテープを約15cm等間隔に貼ったエンビパイプを、バウネットの変形した台形につなぎ合わせて外枠を作る。
そして、黒い主ロープは一本モノ。
それぞれに意味のある番号を大きな声で確認しながら手で送って行きます。
交差部(接合部:シージング)は上下交差を繰り返す。
慣れない初日、目の錯覚で隣り合う交差部にムジュンが生じ、やり直しを繰り返す。

我々が製作したのは畳8畳分に相当する広さのネット。
接合(シージング)部分は角縛り、これがなんと約1000個所も。
このとき参加メンバーは、気が遠くなった。

取り付け前.jpg
[取り付け前]

昨年秋から週末に集まってきたセイルロフト、最後に帆船「あこがれ」のバウに取り付け、2010年2月14日に完成した。
関わったメンバーから、完成は嬉しいけど少し寂しいとの声。皆で達成感を味わった。

帆船あこがれウィンズクラブ
タカさん(高見 昌弘)

バウネット取り付け作業.jpg
[バウネット取り付け作業]


バウネット設営図.JPG
[バウネット設営図]

〜〜〜〜〜〜〜
タカさんレポートありがとうございました!!
製作に携わった方もお疲れ様です。
ぜひ、次回乗船の時には、踏み心地?確かめさせてもらいます。
ねっころがって、ノンビリするのも良いかもしれませんね〜!
posted by SaltyFriends通信 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□「キッド」3000部の重版!!□■

当Salty Friendsも、応援キャンペーン継続中。早川書房(ハヤカワ文庫)の
『海の覇者トマス・キッド』シリーズの第5巻『新任海尉、出港せよ』が
3000部の重版となりました!!(拍手)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

我々の小さな声が届いたのだとしたら、嬉しいですね!ご協力下さった皆様、
どうも有り難うございました。
苦難の末とうとう艦長となったキッド、親友のレンジの運命やいかに。是が非
でも続きを読ませて下さい、ハヤカワさんっ!ハートたち(複数ハート)

8巻刊行のために、引き続き皆様の応援&ご協力をお願いいたします。

今回重版なったシリーズ5作め『新任海尉、出港せよ』まだ読んでいない方は、
ぜひこの機会に♪
シリーズ中、最新作7作目『新艦長、孤高の海路』もチェックひらめき

さらに嬉しいお知らせ☆ 翻訳者の大森洋子さんより「キッド」の新しいブッ
クマーク(しおり)をプレゼントしていただけることになりました晴れ
先着20名様(無料)に差し上げますので、ご希望の方はタイトルを
「キッドしおり希望」とし、お名前・ご住所・連絡先を明記の上、stbd@saltyfriends.com宛にご応募下さい。
当メルマガ「Salty Friends通信」のご感想なども、ついでに書いていただけ
たら嬉しいですわーい(嬉しい顔)かわいい

ひらめきプレゼントは、申し込みメール先着順です。お申し込みはお早めに!
ひらめきご当選はプレゼントの発送をもって、換えさせていただきます。
posted by SaltyFriends通信 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 編集後記 ■■

帆船は何かのモチーフになりやすいらしく、
お酒のラベルやコイン、シンボルマークなどに使われている。
有名なのは、ウイスキーのブランド、カティーサーク。
2003年までスポンサーしていたカティーサーク帆船レースは、
帆船レースの代名詞的存在であった。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Tall_Ships'_Races
アメリカの解放奴隷が海を渡り、アフリカに作った国、
そして船籍でも有名なの西アフリカの小さな国、リベリア。
その国章にも帆船が描かれている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%9B%BD%E7%AB%A0

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:いかろー&Qたろー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒https://regssl.combzmail.jp/web/?t=df20&m=u2sn
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。