2010年02月10日

☆ SaltyFriends通信 2月号 ☆

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo  
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo                             
o   〜 帆船で海、行く? 〜
   
     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 70号   2010.2.10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは、SaltyFriendsのみっきーです。

さむ〜い冬のあったか情報!
今月もHotな話題満載です。

それでは、SaltyFriends通信2月号、元気に出航!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by SaltyFriends通信 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 目次 ■■

┏┓
┗■ 2月のSaltyFriends通信 ==================
┏◆ スターボード&ポートカレンダー

┣◆  CH.16

┣◆  [あこがれ]ドッグレポート

┣◆ よろず帆船人突撃インタビュー 〔42〕 イラストレーター谷井建三さん

┣◆ バミューダの風、ハミルトンの椰子

┗◆ AISを使ってみよう(KG-AISについて)
posted by SaltyFriends通信 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ スターボード&ポートカレンダー ■■

=================================

******************************************************************
■■■■■■■■ スターボード&ポートカレンダー ■■■■■■■■
******************************************************************

OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

サーチ(調べる)今年開かれる予定の帆船イベントを集めてみました。
セイルアムステルダムをはじめ、レースシリーズが4つもある
欧州は盛りだくさん。夏休みなどの計画にぜひお役立てください!

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
船フネに乗る!

▽帆船<あこがれ>
……………………
03/07(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
03/20(土) - 03/22(祝) 2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
03/25(木) - 03/26(金) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
03/27(土) - 03/28(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]

04/17(土) - 04/18(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
04/24(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
04/25(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
04/29(祝)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]

05/01(土) - 05/02(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
05/05(祝)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
05/22(土) - 05/23(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
05/29(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
05/30(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]

06/05(土) - 06/06(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
06/12(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
06/13(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
06/19(土) - 06/20(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
06/26(土)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
06/27(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]

07/03(土) - 07/04(日) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]

08/11(水) - 08/12(木) 1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
08/15(日)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
08/24(火)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
08/25(水)       1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
08/27(金) - 08/29(日) 2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]

*参加費は、小・中学生3000円/大人5000円〜
◇お申し込み方法等詳しくは→ http://www.akogare.or.jp/ssnew.html

▽帆船<海王丸>
……………………
位置情報■遠洋体験航海
04/07(水) - 05/05(日) 2/5受付締切 [東京〜サンフランシスコ]

位置情報■国内体験航海
07/18(日) - 07/22(木) 4泊5日 [神戸港〜長崎港]
08/02(月) - 08/06(金) 4泊5日 [青方港〜徳山港]
08/24(火) - 08/29(日) 5泊6日 [御前崎港〜函館港]

2011年
02/02(水) - 02/07(月) 5泊6日 [門司港〜鹿児島港]
02/11(金) - 02/16(水) 5泊6日 [鹿児島港〜那覇港]
02/21(月) - 02/26(土) 5泊6日 [那覇港〜別府港]

位置情報■海洋教室
06/13(日) 東京港停泊中
申込期間:3月15日(月)〜5月7日(金)
10/17(日) 室蘭港停泊中
申込期間:8月10日(火)〜9月10日(金)
2011年
02/27(日) 別府港停泊中
申込期間:11月15日(月)〜2011年1月21日(金)

参加料:2,000円
◇お申し込み方法等詳しくは→ 財団法人海技教育財団HP 

船フネを見に行く!

04/11(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
04/29(木)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
05/04(祝)      <あこがれ>船内一般公開    [大阪]
05/30(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
06/13(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
06/27(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
07/19(祝)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]

イベント◆2010長崎帆船まつり 07/22(木) - 26(月)    [長崎]
`````````````````````````````````````````````````````````
08/08(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
08/14(土)      <あこがれ>セイルドリル     [大阪]
09/05(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
09/26(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
10/10(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
10/24(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]
11/07(日)      "初代"<日本丸>総帆展帆     [横浜]

*"初代"<海王丸>の総帆展帆スケジュールは、2/10現在、
まだ発表されておりません。
………………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-----------------------------
◆<日本丸>ホノルル寄港
```````````````````````````````````````````````````````
2/9 - 2/15 ホノルル *一般公開の予定はありません

ひらめき◆セイルズ・サウス・アメリカ 2010 - 南米諸国建国200周年帆船レガッタ
```````````````````````````````````````````````````````
"SAILS SOUTH AMERICA 2010 - Bicentennial Regatta and Great Sailing Ships Meeting"

02/02 - 02/07 《ブラジル》: リオデジャネイロ
02/22 - 02/26 《アルゼンチン》:マル・デル・プラタ
02/28 - 03/02 《ウルグアイ》:モンテビデオ
03/04 - 03/09 《アルゼンチン》:ブエノス・アイレス
03/18 《アルゼンチン》:スタテン島/エスタドス島
03/20 - 03/23 《アルゼンチン》:ウシュアイア
03/24 《チリ》:ケープホーン
03/27 - 03/30 《チリ》:プンタアレナス
04/08 - 04/12 《チリ》:タルカワノ
03/27 - 03/30 《チリ》:バルパライソ
03/27 - 03/30 《ペルー》:カヤオ
03/27 - 03/30 《エクアドル》:グアヤキル 
03/27 - 03/30 《コロンビア》:カルタヘナ
03/27 - 03/30 《ベネズエラ》:ラグアイラ
03/27 - 03/30 《ドミニカ(共和国)》:サントドミンゴ
03/27 - 03/30 《メキシコ》:ベラクルス


ひらめき◆ガリバルディー トールシップス レガッタ
```````````````````````````````````````````````````````
"Garibaldi Tall Ships Regatta" - Organized by Sail Training International

04/08 - 04/11 《イタリア》 : ジェノヴァ
  →【レース】→
04/16 - 04/19 《イタリア》 : シチリア島トラパニ

イベント◆ハーバーフェスト@コネチカット州グリニッジ
```````````````````````````````````````````````````````
"HARBORFEST – Tall Ships Are Coming!®" to Greenwich, CT
04/23 - 04/25 《米国》 コネチカット州グリニッジ

ひらめき◆ヒストリカルシーズ トールシップス レガッタ 2010
```````````````````````````````````````````````````````
"Historical Seas Tall Ships Regatta 2010" - Organized by Sail Training International

05/09 - 05/12 《ギリシャ》: ボロス
  →【レース1】→
05/21 - 05/24 《ブルガリア》: ヴァルナ
  →【レース2】→
05/27 - 05/30 《トルコ》:イスタンブール
  →【レース3】→
06/04 - 06/07 《ギリシャ》: ラヴリオン

ひらめき◆トールシップス レース 2010
```````````````````````````````````````````````````````
"The Tall Ships Races 2010" - Organized by Sail Training International

07/10 - 07/13 《ベルギー》: アントワープ
  →【レース1】→
07/21 - 07/24 《デンマーク》: オルボリ
  →【クルーズインカンパニー】→
07/29 - 08/01 《ノルウェー》:クリスチャンサン
  →【レース2】→
08/07 - 08/10 《イギリス》: ハートリプール

ひらめき◆ノースシー トールシップス レガッタ
```````````````````````````````````````````````````````
"North Sea Tall Ships Regatta" - Organized by Sail Training International

08/07 - 08/10 《イギリス》: ハートリプール
  →【レース1】→
08/17 - 08/19 《オランダ》: エイマイデン

イベント◆セイル アムステルダム
```````````````````````````````````````````````````````
"Sail Amsterdam"
08/19 - 08/23 《オランダ》: エイマイデン

*5年に1度の一大帆船まつり!!
 これを逃したら次は2015年!まずは過去記事↓をチェック!

次項有◇ふっくんのセイルアムステルダム攻略ガイド 1 
次項有◇ふっくんのセイルアムステルダム攻略ガイド 2 
次項有◇ふっくんのセイルアムステルダム攻略ガイド 3
次項有◇ふっくんのセイルアムステルダム攻略ガイド 4

ひらめき◆グレートレークス ユナイティッド
トールシップス チャレンジシリーズ 2010

```````````````````````````````````````````````````````
"Great Lakes United Tall Ships Challenge Series 2010"
Organized by American Sail Training Association

06/30 - 07/04 《カナダ》: オンタリオ州トロント
07/07 - 07/11 《米国》: オハイオ州クリーブランド
07/15 - 07/18 《米国》:ミシガン州ベイシティー
07/29 - 08/01 《米国》: ミネソタ州デュリュート
08/12 - 08/15 《米国》: ウィスコンシン州グリーンベイ
08/24 - 08/29 《米国》: イリノイ州シカゴ

イベント◆セイル ブレーマーハーフェン
```````````````````````````````````````````````````````
"Sail Bremerhaven"
08/25 - 08/29 《ドイツ》: ブレーマーハーフェン

イベント◆バルティック セイル 2010
```````````````````````````````````````````````````````
"Baltic Sail 2010"

07/08 - 07/11 《ポーランド》: グダンスク
07/16 - 07/18 《ドイツ》: ザスニッツ
07/29 - 08/01 《スウェーデン》:ハルムスタード
07/29 - 08/01 《リトアニア》: クライペダ
08/05 - 08/08 《ドイツ》: ロストク
08/11 - 08/14 《スウェーデン》: カールスクルーナ
08/13 - 08/15 《スウェーデン》: イェーヴレ
08/13 - 08/15 《ポーランド》: シフィノウィシチェ


ひらめき◆第26回 グロースター スクーナー フェスティバル
```````````````````````````````````````````````````````
09/03 – 09/06 《米国》マサチューセッツ州グロースター

ひらめき◆グレート プロヴィンスタウン スクーナー レガッタ 2010
```````````````````````````````````````````````````````
09/06 – 09/11 《米国》マサチューセッツ州プロヴィンスタウン

ひらめき◆ASTOスモールシップス・レース:カウズ
```````````````````````````````````````````````````````
10/01 – 10/03 《英国・ワイト島》カウズ

ひらめき◆グレートチェサピークベイ・スクーナー・レース 2010
```````````````````````````````````````````````````````
10/12 - 10/16 《米国》メリーランド州ボルチモア〜ヴァージニア州ポーツマス


◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------
イベント博物館・資料館での企画展
演劇〜02/21 日本郵船歴史博物館          [横浜・中区] 
    『未来の船』NYKスーパーエコシップ2030を中心に
演劇〜02/25 東京海洋大学付属図書館(品川キャンパス) [東京・品川]
『<雲鷹丸>の歴史』就航百周年記念展示
演劇〜02/28 たばこと塩の博物館            [東京・品川]
    『ガレオン船が運んだ友好の夢』  
演劇〜03/14 日貨幣博物館                [東京・日本橋]
『海を越えた中世のお金』企画展  
演劇〜05/23 象潟郷土資料館              [秋田・にかほ市]
 『北前船の軌跡』展
演劇〜06/27 東京みなと館               [東京・青海]
『海の華 客船・帆船』写真展
posted by SaltyFriends通信 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH.16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO


★ <あこがれ>が乗組員を募集! [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
大阪市の帆船「あこがれ」が船員を募集しています。
33歳までの船舶免許ををお持ちの方で、男女・経験は問いません。
詳しくは<あこがれ>HPで!
http://www.akogare.or.jp/topics/topics02012010.html


★ <あこがれ>が登録ボランティア・スタッフを募集 [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
上記はプロの資格を持つ乗組員の募集ですが、こちらは船の資格を持たなくてもなることができる「ボランティア・スタッフ」の募集です。
<あこがれ>はプロの乗組員10名と、船での活動を無償でサポートする100名以上登録しているボランティア・スタッフの力も借りながら動いています。
詳しい内容はこちら


★ <あこがれ>網ィ〜Go倶楽部開催中! [大阪]
```````````````````````````````````````````````````
帆船<あこがれ>では現在、痛んできた「バウネット」の補修作業を手伝ってくれる方を募集しています。こちらの活動は、船で現在活動しているような登録ボランティア制度ではなく、船が好きで時間をとっていただける方なら下記の日程でいつでも、どなたでも参加できます。

【これからの日程】2/11(祝)、2/14(日)、2/20(土)、2/21(日)
【活動時間】09:30〜16:00 ※2/14(日)は13:00〜
【場所】大阪南港オズ岸壁 帆船<あこがれ>メスルーム

詳しくは<あこがれ>HP

※※網ィ〜Go倶楽部ですが、皆様のご協力のおかげで2/14(日)をもって完成の予定です。よって2/20(土)、2/21(日)の活動はございません。2/14(日)13:00〜は最後のバウネットが本船に取り付けられる予定です!!最後のチャンス、ぜひお手伝い下さい!!

★ <カティー・サーク号〉2012年五輪にむけて復元へ [イギリス]
```````````````````````````````````````````````````
2007年にほぼ全焼したイギリス・グリニッジの保存帆船<カティー・サーク号>が2012年のロンドンオリンピックまでに復元されることになりそうだ。詳細はこちら(英語)

posted by SaltyFriends通信 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ [あこがれ]ドックレポート □■

2010年1月10日に大阪市内でドックに入っている「あこがれ」を見学してきました!!今年の夏に上海に行く(予定)ため、ブリッジ内を少し改造したり、毎年このドックの時に「あこがれ」はバージョンアップしていきます!!

「あこがれ」はまず自力で河口にあるこのドックにやってきます。そして入口を閉め、海水を抜いていくと徐々に「あこがれ」の船底が見えてきます。

akogare ドック 入口.jpg

↑こちらはそのドックの入口の扉。手前の人が小さく見えます!!
この扉の向こうには海水がたっぷりありますので、この扉が吹き飛ばされた時のことを考えるとチョッとコワイです。。。

<あこがれ>ではドック中、錨も外して洗浄しペンキも塗ります。
このドック中に鎖も点検し、一部だけが摩耗しないように左右や元先をローテーションで交換して万遍なく使用しているそうです。

akogare ドック 下から2.jpg

<あこがれ>の船底には「ボックスキール」と呼ばれるおもりがついています。ヨットなら下にかなり長いものがついていますが、<あこがれ>は高さ80cm、幅50cmぐらいのものです。このおもりのために、横風を受けても船が横滑りせず、また「おきあがりこぼし」みたいに元に戻ろうとする力が働きます。

akogare ドック ボックスキール.jpg

↑<あこがれ>のボックスキール。前から後ろまでず〜っとついています。

<あこがれ>はドック中にマストやヤードのペンキも塗ります。
海上のような波の揺れはありませんが、コンクリートの上でのかなりの高所作業!!一番後ろのマストのガフと呼ばれる斜めのところに登っておられる方がいらっしゃいましたが見ているだけでもコワかったです!!
しかし、このような方が細部まで点検してペンキを塗ってくれているので安心して乗船できるんだなと思いました

ブームの人.jpg

マストの上などでペンキなんかを塗っていますので、船上には「養生」とよばれるブルーシートが張ってあります。いつもと違った感じです。

akogare ドック 船上.jpg

プロペラや舵なども取り外して整備がされていました!
このプロペラは帆船として大きいのか小さいのか???

akogare スクリュー.jpg

<あこがれ>は現在、無事ドック作業も終え大阪南港オズ岸壁に帰ってきています!ペンキ塗りたての白く輝く美しい<あこがれ>に是非とも会いに来てください!!

akogare ドック 下から.jpg

posted by SaltyFriends通信 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ よろず帆船人突撃インタビュー 〔42〕 イラストレーター 谷井建三さん ■□

昨年「SF通信」12月号でも、ぐんそうさんがレポートを書いてくれましたが、
11月21日から12月13日まで、東京お台場「船の科学館」でイラストレーター
谷井建三さんの個展が開催されていました。

今回は、海洋画の画家さんでは、勢古宗昭さん、梶田達二さんに次いで3人目
となる、この谷井先生がご登場下さいます。
「船館」3階マリタイムサルーンの個展会場で、SFボラチームのメンバー
数人と一緒にお話しを伺いました。


谷井先生プロフィール

お名前:谷井建三(たにいけんぞう)
御生年:1937(昭和12)年
ご出身:富山県魚津市
ご趣味:読書、スキー

谷井さん個展1.jpg
気さくでお話し好きな谷井さん。


地元の印刷会社に就職した2年後、東京へ。23才の時、日本大学芸術学部
造形課へ入学し、インダストリアルデザインを専攻。
卒業後、「高島屋」宣伝部に就職。3年後に独立し、以降本格的にイラスト
レーターとして活動を始める。

和船界の重鎮、石井謙治先生の監修を元に描かれた数々の和船のイラストは
歴史資料としての価値も高い。作品の数々は「船の科学館」本館3階マリタ
イムサルーンに常設展示されている。氏の挿絵が使われた出版物も多数。


以下、谷井建三さん:〔KT〕(敬称略)
Salty Friends:〔SF〕


SF:絵を志すようになった、きっかけを教えていただけますか?

KT:実家は歯医者だったんですが、子供の頃からぜんそくで、身体が弱くて
   ね。とくに小学校5年生の時にかかったジフテリアでは、生死の境をさ
   まよったんですよ。そんなこともあって、学校も休みがち、成績もあん
   まり良くなかったんです(笑)。で、実家は継げなくて。
   
   周囲も療養ということで、ほったらかしでしたね。何もすることがなく
   て、よく海にスケッチしに行ってました。絵を描き始めたのは、絵描き
   になりたがっていたイトコの影響が大きかったかな。
   ブラブラ海に行って絵を描いているうちに、漁師さんと仲良くなり、
   よく漁船に乗せてもらってました。

谷井さん 平安・鎌倉時代の船.jpg
「平安・鎌倉時代の船」 船を映す水面に感動***
   
  
SF:きっと、その頃の漁船体験?で、船好きが「すり込み」されたんですね。
   その後、本格的に絵を勉強なさったんですか?
   
KT:大人になって、いったん地元の印刷会社に就職したんですが、やっぱり
   本格的に美術を勉強しようと思って。2年後に上京し、日大芸術学部に
   入りました。
   
   卒業後、マンガ雑誌の表紙イラストなんかを描いているときに、百貨店
   の高島屋宣伝部から声がかかり、同社のPR関係の仕事をするように
   なったんです。まだ「イラストレーター」という言葉が、一般に広まり
   出したばかりの頃でしたねぇ。
   
   そのうち大手広告代理店から、商船三井関係のイラストの仕事がきて
   その頃から本格的に、船の絵を手がけるようになりました。
   
   
SF:なるほど。しかし私がちょっと驚いたのは、こんなに有名な谷井先生な
   なのに、今回が初めての個展になるそうですね?
   
KT:私の絵は、石井先生やここ(船館)の学芸員の方、考証担当の息子など、
   沢山の方の協力があってこそのものです。欲がないわけじゃないけど
   昔からマイペースでやってきましたからね。
   今回の個展のために、あちこちから作品をかき集めましたが、改めて眺
   めてみて「やっとここまで来たんだな」と。
   
   でも僕としては、あんまり有名になりたくないんですよ。マニアの方に
   つっ込まれるから(笑)。最近は開き直っちゃったけど。

谷井さん <ヘダ>.jpg
遭難したロシアの船員達を本国に送るため、戸田村で建造された<ヘダ>


SF:違った意味で、またご苦労があるんですね(笑)。
   ところで、絵は一日にどれくらい描かれるんですか?
   
KT:日によってまちまちですね。夜中まで描いていることもあるし、気が乗
   らない時は、テレビを観たりダラダラすることもありますし。観るのは
   時代劇が多いかな。池波正太郎の「剣客商売」が好きでね〜。盗賊達が
   江戸の街を逃げるのに、よく舟を使うんですよ。
   「鬼平犯科帳」といい、池波正太郎の作品はよく舟が出てきますよね。
   
   
SF:「鬼平」は私も大好きです!(笑)
   では、船の絵を描くときに、難しいところというのはありますか?
   
KT:難しいのは、まず天候ですね。天候によって、絵のシチュエーションが
   まったく変わってきますから。
   
   それから時代考証。これはもっぱら息子の担当なんですが、細かい部分、
   たとえば右舷灯、左舷灯などランタンの形とか。明治以降の、写真など
   の資料が残っている船はあまり問題ありませんが、図面がないような
   古いものは一つひとつ調べなくてはならず、大変です。

   今回出品している、日本海事史学会の先生に監修していただいた絵「い
   ろは丸事件」の絵(注1)などもそうです。実は<いろは丸>の帆装っ
   て、よく分っていないんですよ。帆桁一つとってみても、部分的に横帆
   だったり縦帆だったり、資料によって違うんですよね。
   
   よく聞かれるんですが、私の絵は「復元」ではなく「推定」したもので
   す。当時の船絵馬や巻物を参考にしたとしても、よくあるように、実物
   を見ていない後世の人が絵にしていることも多い。もっと言えば、
   絵巻物を描いている絵師だって、必ずしも船のことを熟知しているとは
   限りません。
   なので、よく分らないところは「こうじゃないか」と推測しながら描いて
   います。

谷井さん <サスケハナ>.jpg
何時間見ていても飽きない!黒船<サスケハナ>の内部構造

   
SF:ややこしいですね。描くのと同じくらい、調べるのに時間がかかりそう
   ・・・(~_~;
   それではここで、先ほどからお名前が出ている石井謙治先生との馴れ初
   めについて教えて下さい。
   
KT:石井先生とのお付き合いは、むかし郵趣サービス社の仕事で、古代〜近
   代和船の切手のイラストを手がけたのがご縁でした。当時、石井先生は
   魚群探知機などを開発する研究所にいらしたんじゃなかったかな。今は
   日本海事史学会の名誉会長さんです。
   
   毎日新聞が昭和54年に出版した「人物海の日本史」では、先生に随分お
   世話になりました。というか、和船のことで頼れる専門家は、当時石井
   先生ぐらいしかいなかったんです。今は石井先生のお弟子さんにあたる、
   東大の安達裕之先生など、何人かの専門家もいらっしゃいますけどね。

   どうも私は人見知りするタチで(笑)、監修はずっと石井先生にお願い
   してきました。なので、お付き合いはもうかれこれ30年以上になります。
   
   
SF:30年ですか〜!つまり谷井先生の絵は、石井先生なしには語れない、
   ということですね。
   40年近く描いてこられて、では「お気に入りの絵」なんてあるんでしょ
   うか?もしくは、今回出品されている作品のなかで、これは太鼓判、
   なんて絵はありますか?
   
KT:ん〜〜(しばらく沈思黙考)、ない!(キッパリ)
   完成して額に入れてからも、後からちょっずつと直したりしてるんです
   よ。なかなか納得して「はい、終わり」とはいきません。描いている間
   はもちろん、その絵に対する思い入れはありますけどね。

   額といえば、絵は額縁によって、ずいぶん印象が変わるんです。今回出
   してる<サン・ファン・バウティスタ>なんかもそう。額に入れたら思
   いがけず「え!***」って感じ。化けましたねぇ(笑)。

谷井さん個展2.jpg
会場のマリタイムサルーンには、谷井さんの書きかけの作品や道具なども展示

    
SF:そうなんですか(^^;
   では、和船について最後の質問です。谷井先生ご自身としては、どの時
   代の船がお好きですか?あと今後の抱負などありましたら、お聞かせ
   下さい。
   
KT:好きというよりも、今一番興味があるのは、江戸時代末期から明治初期
   にかけての船ですかね。「北前船」や「合いの子船(注2)」は、まだ
   全然描いていませんから。あと開国後の、港ができていく情景なんかも
   描きたいなぁ。
   
   今回展示会をやってみて改めて思ったのは、こういう絵は僕しか描いて
   ないんだな、ということ。これからも、和船は僕が描いていかないと。
   あまり体調が良くなくて、通院しながらですが、マイペースでボチボチ
   やっていこうと思っています。
   
   
SF:くれぐれもご無理はなさいませんように・・・。
   それでは最後にSFにメッセージをひと言、お願いできますでしょうか?
   
KT:「先生」って呼ばれるのが、一番イヤです(爆)(Q:すいません!
   ではこれからは『谷井さん』で)
   こんな帆船好きのグループがあるとは知りませんでした。ぜひお仲間に
   入れて下さい。
   
SF:わぁ!もう、喜んで!***


会期中は、息子さんの成章さんと一緒に、ほぼ毎日ずっと展示会場でお客様に
絵の説明をなさっていた谷井さん。その気さくなお人柄に、つい長時間「谷井
ワールド」に浸ってしまう方もいらしたようです。
現在、地方でもいくつか個展の予定があるとのことで、これからも素晴らしい
作品が観られそうで楽しみです。でもくれぐれもお体、大切に・・・。

今回は個展会期中のお忙しいところ、長時間お付き合い下さいまして
本当に感謝です。有り難うございました!

(インタビュー:Qたろー&SFボラチーム(ちょっこさん、あーちゃん、
イナさん、ぐんそう)

              *******
              
(注1)「いろは丸事件」:慶応3(1867)年、坂本龍馬率いる海援隊が
    チャーターした<いろは丸>と紀州藩の<明光丸>が、鞆の浦沖で衝
    突した事件。大破した<いろは丸>は鞆港に向かって曳航中、沈没。

    この事件で坂本龍馬は、日本で初めて船のログブック(航海日誌)を
    証拠物件として用い、万国公法(International Law)を引き合いに
    出して、紀州藩から膨大な慰謝料を手に入れた。

(注2)「合いの子船」(あいのこぶね):明治維新後、近代化政策をとった
    政府は、500石以上の大型和船の建造を禁止。これに反発した内航船
    主たちがとった苦肉の策が「合いの子船」(Hybrid ship)である。

    多くは弁才船の船体に、西洋式の帆装をもつ。性能的には、西洋式の
    帆船を凌ぐものもあった。イイトコどりの船。
posted by SaltyFriends通信 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ バミューダの風、ハミルトンの椰子 [1]□■

 50階建てのビルの間を寒風が吹き抜けていく。冬のニューヨークでは体感温度が−10℃を下回る日もざらだ。まだ気温が上がりきらない朝、僕はタクシーでジョンエフケネディー国際空港へと向かった。
 ニューヨークから2時間ばかりのフライトで、機体はバミューダの空港へと滑り込む。バミューダは冬の間は泳げるほど暖かくはない。しかし海は、どこまでもご機嫌な色をしている。ターミナルを出ると、予約しておいたタクシーに乗り込んだ。タクシーはほとんどが日本車のバンだ。きちっとスーツを着込んだ、黒人の初老の運転手は、どことなく老人と海に出てきそうな雰囲気を漂わせている。ほかのタクシーとすれ違うたびに、軽くクラクションを鳴らし手を挙げる。
 「小さな島だからね、みんな知っているのさ」
 軽く微笑むと彼は静かにそう言った。
 道は車がすれ違うのがやっとというような感じだが、誰もスピードを落とそうとはしない。道の脇には、住宅を囲む石垣があり、そのすぐ内側には、植物を植え生け垣にしている。植生がどことなく似ているせいもあるのか、沖縄の島を旅しているような錯覚に陥る。

DSC04171.JPG



 弓のような形をしたバミューダは人口6万5千人の小さな島々だ。空港のある端から、ぐるっとまわりこんだ反対側の端まで、車ではしってもおそらく1時間もかからない。島の中央には、ハミルトンの街がある。ハミルトンは、島にぐるっと囲まれた湾の付け根に位置していて、フェリーターミナルから、島の先端にある王立海軍工廠(Royal Naval Dockyard)まで、行くことができる。双胴船のフェリーは、ピンク色の外壁が印象的なフェアモントハミルトンプリンセスの前を抜け、しばらくの間は小さな島の間を遊覧船のようにゆっくりと進んでいく。
 ニューヨークの富豪やハリウッドスターの別荘と思わしき豪邸には、本館とは別に必ずボートハウスがあって、船で出入りができるようになっている。地元の新聞には、マイケルダグラス夫妻がどうのこうの、と書いてあってな。
 オフシーズンということもあり、ほとんど人を乗せていないフェリーは、途中からスピードをあげ、15分ほどするとドックヤードが迫ってきた。

DSC04193.JPG
posted by SaltyFriends通信 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ AISを使ってみよう(KG-AISについて) □■

01-01_top.png
<AISイメージ>


以前にも海外製のソフトウェアにて、一般的なパソコンで実現できる
AISについて取り上げました。

過去記事(http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/109293417.html

今回は、2009年12月に発表された国内のAISソフトウェアについて取り上げたいと思います。
上の図のようなイメージをPCで簡単に実現することが可能です。

KG-AIS
http://www2.plala.or.jp/hikokibiyori/soft/kgais/index.html

1.KG-AIS動作要件
パソコンについて:
OS  : WindowsVista/XP
CPU  : Celeron 1GHz 以上
メモリ: 1GByte 以上
表示 : 1024x768pxcel以上

一般的なWindows PCなら動作可能です。
画面は少し小さいですが、ネットブックなどの非力なPCでも動作しました。

無線用の機器など:
・広帯域受信機
ICOM IC-PCR2500やALINCO DJ-X11などがお勧めです。
(この記事はIC-PCR2500を利用しました)

・アンテナ

・USBサウンドI/F(PCによって必要でない場合もあります。)

・接続するケーブル類
 サウンドケーブル

機器の配線で気をつけることは、無線からの信号を
USBサウンドI/Fなどのラインインにて入力すること、です。
マイクからの入力では信号がカットされる場合があるようです。


2.インストールと初期設定
ソフトウェアのインストール作業は簡単です。
下記アドレスから、圧縮ファイルをダウンロードして、解凍します。
http://www2.plala.or.jp/hikokibiyori/soft/kgais/index.html
(ページ一番下にダウンロードがあります)

ライセンス登録は2500円。まずは試用の上、動作が問題なければ購入手続きは
以下から行ないます。
http://cgi43.plala.or.jp/hikokibi/kgais_form/postmail.html

ユーザ登録のライセンス解除は、起動後、地図画面内で右クリックし、
「バージョン情報」を選択します。
「ライセンスキー設定」からライセンス入力を行ないます。

02-01_version.png
<バージョン情報>

最初に行なう設定として、マップの設定を行ないます。

起動状態では、日本の全体図が表示されていますが、解像度が低い地図のため、
ターゲット(電波が受信できる)となる港が詳細に表示された地図に切り替える
必要があります。

地図の切り替えは、画面を右クリックし、「地図切り替え」を選択します。
最初は、2つの地図しか登録されていませんので、その他地域用の地図はネットから
ダウンロードします。
http://binmei.jp/lib/kg-ais/map/

ダウンロードした地図ファイルは、kgaisのlinesフォルダに格納します。
フォルダ格納後には、KG-AISを一度終了し、再度立ち上げます。
これで、右クリックで選べる地図が増えました。

目標とする地域を表示させ、セット完了です。

02-02_target.png
<目標地図>



3.利用イメージ
設定が終わり、受信機のスイッチをオンします。
受信機の周波数は、以下のどちらかにセットしてください。
・161.975MHz
・162.025MHz

右クリックをし、「入力デバイス&デコーダ動作の選択」
をクリックします。

03-01_sound.png
<サウンド設定>

表示された画面で、サウンドの入力先を選べば、電波のデコードがはじまり、
画面に船舶が表示され始めます。

03-02_img.png
<船舶表示>


上記手順で、基本的な操作は終わりですが、表示されない場合には、
以下の方法で確認します。

信号の受信確認は右クリックメニューの「データ受信確認」にて
行ないます。
信号を受信していれば、画面の数値がアップしていきます。
Position〜が増えていくのでしたら、画面上に表示されているはずです。
(表示されない場合、地図の表示範囲を間違えていませんか?)
Errorが増えていくようでしたら、信号がよくない状態です。
PCへのサウンドの取り込み方が問題となる場合もありますし、受信そのものが
よくない場合もあります。
ひとつずつ問題をクリアにすることで、よりよい受信環境を構築してください。

03-03_level.png
<イメージ>(図ではErrorが多く、あまり電波状態はよくありません)


4.その他の利用方法
KG-AISは実際の船舶に乗っている時に使えるシステムも構築できます。
(ただし、あくまで参考情報として利用し航行には利用しないこと)
追加の機材として、本船の位置をソフトに教えるためにGPSが必要です。
GPSはNMEAセンテンスのGPRMCデータ出力が行なえるものを利用します。

機材構成は下記のようになります。
アンテナ − 受信機 -(サウンドケーブル)- PC -(シリアル接続)- GPS

PCを中心に、受信機側のシステムの接続とGPSの接続を行ないます。
画面表示も船舶のレーダ画面の用に表示をすることが可能です。

混雑した港湾内の航行時などに便利そうです。

04-01_gps.png
<レーダ風表示画面>


その他機能については、ソフトウェアのReadme.txtにも記載があります。


簡単にですが、KG-AISの使い方についてまとめてみました。
受信機も意外とお安く入手できる昨今、ぜひぜひ皆さんも
試してみてください。

(みっきー)


posted by SaltyFriends通信 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 編集後記 ■■

現在SFのメルマガ発行のシステムのリニューアルを計画中です。
すでに、現在のシステムは6年間活用しておりますが
時代の流れに即さない部分も出てきたため、大きく変更したいと
思っています。

ご要望などありましたら、この記事のコメントに書いてください。
よろしくお願いします。

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:みっきー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒https://regssl.combzmail.jp/web/?t=df20&m=u2sn
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。