2009年10月10日

☆ SaltyFriends通信 10月号 ☆

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo  
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo                             
o   〜 帆船で海、行く? 〜
   
     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 66号   2009.10.10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

台風シーズン到来です。
先日の18号は皆さん大丈夫だったでしょうか?

さて、10月はSaltyFriendも参加する「シーフロントミュージアム」が開催されます。
海辺で行なわれる楽しいイベントにご参加ください。
詳しくは記事で!!

ではでは、台風にも負けず、10月号もスタートです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by SaltyFriends通信 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 目次 ■■

┏┓
┗■ 10月のSaltyFriends通信 ==================

┏◆ 《 スターボード & ポートカレンダー 》

┣◆ 《 Ch16 》

┣◆ クニやん@天体観察指導員による「あこがれ」日食航海レポート

┣◆ ノブタくんの富山<海王丸>総帆展帆参加レポート

┣◆ SFボラチーム的!情報収集方法

┣◆ セイル大阪より本のご紹介!!

┗◆ Sea Front Museum in Autumn 2009開催&SF参加のお知らせ!

posted by SaltyFriends通信 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ スターボード&ポートカレンダー ■■

OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------

▼フネに乗る!
▽帆船<あこがれ>
10/10 - 10/12 帆船<あこがれ>2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
10/17 - 10/18 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
11/07 - 11/08 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
11/28 - 11/29 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
12/05       帆船<あこがれ>1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
12/06       帆船<あこがれ>1日体験航海  [大阪南港〜大阪南港]
12/12 - 12/13 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
12/19 - 12/20 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]

◇お申し込みはこちら
申し込み方法等詳しくは→ http://www.akogare.or.jp/ssnew.html

▽帆船<海王丸>
10/19 - 10/22 帆船<海王丸>3泊4日コース [清水港〜石巻港]
(※既に申込受付は終了しています。)

▽その他
第24回国民文化祭・静岡10/24〜10/25 焼津八丁櫓の体験乗船
詳しくは、
http://www14.ocn.ne.jp/~yakikoku/

▼フネを見に行く!
10/11 "初代"<海王丸>総帆展帆 [富山]
10/25 "初代"<日本丸>総帆展帆 [横浜]
10/25 "初代"<海王丸>総帆展帆 [富山]
10/25 帆船<あこがれ>  船内一般公開        [新焼津漁港]
11/01 "初代"<海王丸>総帆展帆 (年内最後!) [富山]
11/15 "初代"<日本丸>総帆展帆 (年内最後!) [横浜]
11/22 帆船<あこがれ>  船内一般公開        [鹿児島港]
12/23 帆船<あこがれ>  船内一般公開        [大阪南港]


………………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-----------------------------

◆グレートチェサピークベイ・スクーナーレース2009
```````````````````````````````````````````````````````
10/13 – 10/16 @米国 - メリーランド州:ボルチモア〜ヴァージニア州:ポーツマス
http://www.schoonerrace.org/

◆米国セイルトレーニング協会年次総会
```````````````````````````````````````````````````````
11/05 – 11/07  @米国 - オハイオ州:クリーブランド
http://www.sailtraining.org/events/conference/ASTAConference2009.php

◆国際セイルトレーニング組織(STI)年次総会
```````````````````````````````````````````````````````
11/20 – 11/21  @トルコ - イスタンブール
http://www.sailtraininginternational.org/page.asp?partid=992


◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------

10/25 みなとみなくる2009 <あこがれ>一般公開/体験乗船 [静岡・国文祭]
〜10/25 千葉県立中央博物館大多喜城分館 企画展「日本メキシコ交流の歴史」[千葉・大多喜町]
10/31〜11/01 シーフロントミュージアム in Autumn 2009 – SF出店!! [東京・江東区]
〜11/29 千葉県立関宿城博物館 「舟から船へ」企画展 [千葉・野田市]
〜11/29 平塚市博物館  「山と海を結ぶ道」秋期特別展 [神奈川・平塚]
〜12/22 宮城県立慶長使節船ミュージアム「支倉常長が辿った太陽の国」[宮城・石巻]
〜01/11 横浜ユーラシア文化館 EurAsia3000年「海と陸のシルクロード」 [横浜・中区]
10/24〜02/21 日本郵船歴史博物館 「未来の船」NYKスーパーエコシップ2030を中心に [横浜・中区]
〜03/14 日貨幣博物館 「海を越えた中世のお金」企画展 [東京・日本橋]   
〜5/23 象潟郷土資料館 「北前船の軌跡」展  [秋田・にかほ市]
posted by SaltyFriends通信 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH.16 ■■

★ 特別展「北前船復元〜みちのく丸建造と帆走の記録」開催
              みちのく北方漁船博物館[青森]
```````````````````````````````````````````````````
2005年に復元された北前船<みちのく丸>。その建造過程や帆走実験を写真パネルや映像を通して知ることができる展示が、青森市にある、みちのく北方漁船博物館で開催されています。期間は11月3日まで。北前船に関する実物資料(設計図、湊絵図など)の展示もあります。
http://www.mtwbm.com/what/news.html


★ 象潟郷土資料館「北前船の軌跡」開催中 [秋田]
```````````````````````````````````````````````````
秋田県にかほ市にある象潟郷土資料館にて、「北前船の軌跡」が開催されています。
期間は、2009年6月6日(土)〜2010年5月23日(日)まで。

大阪と北海道を結ぶ北前船の寄港地として多くの港がありますが、にかほ市近辺にも多く存在していました。象潟郷土資料館、白瀬南極探検隊記念館、仁賀保勤労青少年ホームの三館の
合同企画展で、3つの会場にそれぞれ北前船の展示がされています。

象潟郷土資料館(にかほ市象潟町字狐森31-1)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/kyoudo/

白瀬南極探検隊記念館(にかほ市黒川字岩潟15-3)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/shirase/

仁賀保勤労青少年ホーム(にかほ市平沢字中町79)
http://hyper.city.nikaho.akita.jp/Nikaho/ni03.html

★「舟から船へ」企画展 〜原始から近世までの日本船の変遷を探る〜
```````````````````````````````````````````````````
構造の観点から見た「舟」と「船」。原始から近世までの日本の船に
ついて、構造の変化や社会に果たした役割を辿りながら「ふね」と
人々のつながりについて紹介。


千葉県立関宿城博物館
開催中〜11月29日(会期中無休)
開館時間:am9:00〜pm4:30(入館はpm4:00まで)
企画展入館料:一般300円、高大生150円、中学生以下&65歳以上は無料

http://www.chiba-muse.or.jp/SEKIYADO/2009/kikakutenji/fune/top.htm


★「海を越えた中世のお金」企画展 〜“びた一文”に秘められた歴史〜
```````````````````````````````````````````````````
東アジアの中の中世日本へ、海を越えてもたらされた銭貨。
なぜ中国の銭貨が日本に大量に流入し、浸透したのか。後に「びた銭」
と呼ばれる粗悪な銭貨が、経済にどのような影響を及ぼしたのか。
最新の研究結果をもとに、中世の貨幣の全貌が展示されます。


貨幣博物館
開催中〜2010年3月14日
休館日:月曜・祝日・年末年始(12月29日〜1月4日)
会期中の臨時休館日:2010年1月19日(土)
開館時間:am9:30〜pm4:30(入館は16時まで)

http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/09kikaku_chusei.htm

海を越えた中世のお金展.pdf


◆「山と海を結ぶ道」秋期特別展 〜相模川・相模湾の水運〜
```````````````````````````````````````````````````
江戸時代、物流の大動脈として栄えた相模川、相模湾の
水運の歴史。
高瀬船や筏など、相模川をゆく船に関する資料や、相模湾を
往来した廻船の資料。貴重な戦前の風景をとどめる絵はがき
などを展示します。


平塚市博物館
開催中〜11月29日(日)
休館日:月曜(10月12日、11月23日は開館)、10月13日(火)、11月24日(火)
開館時間:am9:00〜pm5:00(10月27日〜11月1日はpm7:00まで開館)
入館無料

http://www.hirahaku.jp/tokubetsuten_kikakuten/index.html


★EurAsia3000年「海と陸のシルクロード」
```````````````````````````````````````````````````
「W大航海時代前夜」では、あの鄭和大艦隊の航海図も展示
されます!

横浜ユーラシア文化館
開催中〜2010年1月11日(月・祝)まで
開館時間:am9:30〜pm5:00(入館はpm4:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料:一般500円、小中学生250円

http://www.eurasia.city.yokohama.jp/exhibition/index.html


◆「未来の船」NYKスーパーエコシップ2030を中心に
```````````````````````````````````````````````````
CO2などの温暖化効果ガスを排出しない、つまりゼロエミッション
を目標として考えられた未来の船、NYKの<スーパーエコシップ
2030>は、帆船型?のコンテナ船。


日本郵船歴史博物館
2009年10月24日(土)〜2010年2月21日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
開館時間:am10:00〜pm5:00(入館はpm4:30まで)


講演会は11月7日(土)14:00〜15:30
講師:(株)MTI 技監 信原眞人氏
料金:500円
定員80名(先着順)要予約(申し込み電話番号045−211−1923)

http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/future/index.htm

posted by SaltyFriends通信 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ クニやん@天体観察指導員による「あこがれ」日食航海レポート □■

「あこがれ」ボランティアのクニやんより、寄稿いただきました!
ぶんごーの記事に続く日食航海の模様を伝えてもらいます。

〜〜〜〜
「帆船あこがれ」に乗り早々?と7月16日に大阪南港を出港し、瀬戸内経由で豊後水道に出るまでは雨が降ったり晴れたり…
でも「これからは梅雨明けした南九州地方をガンガン南下する!」ので、お天気は全く心配していなかったのですが日食前日になってもスカッとは晴れません(-_-;)

宮崎の東沖を通過する頃の天気は曇り時々晴れ+南西からの強い向かい風で船は上下に揺れスピードも上がらず…このままではトカラ(悪石島近辺)まで辿り着くかどうかも???
たつキャプテンの判断で早々?と進路をトカラ方面から出来る限り南下へ変更!それでも船の縦揺れは治まらず食欲もわかなくなって来ました(*_*;

そして迎えた日食当日(22日)の朝、やはり雲が多い空模様ですが雲間から太陽も見え、日差しを少しは感じられる「日食開始時刻 09:42」になりました!実際に日食観望を始めたのは、ワッチの航海当直があけブリーフィング終了後の10時頃でしたが、日食グラス越しに見える太陽が確かに欠け始めていま〜す(●^o^●)ヨッシャ〜このまま皆既になるまで晴れろ〜と願いながら、鏡投影を試してみたり…で、トレーニー&クルーの皆さんと一緒に観望を続けていたら、うねりでできた大波がデッキ上に流れ込んできたぁー(@_@;)
日食グラスを顔に付けたまま仰向けに寝ころんでいたクンチョ(C/Mボラ)は一人逃げ遅れ、あこがれデッキ上で見事なTシャツ海水浴!間一髪?難を逃れた周りのみんなに思いっきり笑われていました>^_^<
1-クンチョ水浸し.jpg
クンチョ水浸し

その後、雲が徐々に厚くなり日食グラス越しでは太陽が見えなくなって来た11時少し前(もうすぐ皆既やのにぃ〜)いきなりスコール状の雨が降りだしました(+_+) 日食観望もこれで万事休すか?と思われましたが、またもや?たつキャプテンの名操船(レーダーのおかげ?)で雨雲がない海域に移動でき、ほぼ11時に薄雲を通してですが「あと少しで皆既状態になりそうな小さな三日月状の太陽を再発見!」
2-皆既直前.jpg
皆既直前

雨に降られ日食観望を諦め紙皿カレーを食べに船内に下りていたトレーニーさん達を放送で呼び戻し、11時03分「来たー!来ました〜皆既の瞬間がぁ(^_-)-☆」 ピカッと光り輝くダイヤモンドリングや、大きく広がる外コロナまでは確認できませんでしたが、太陽の前面に確かに月があり周囲にリング状に白く光る内コロナがしっかり確認できま〜す(*^^)v その時、あこがれ船上や周辺は真昼間なのに暗く異様な雰囲気に包まれていました!

日食が進むにつれ曇が厚くなり、途中スコール状の雨もあったせいか?それとも、ず〜っと海上に居てデッキで風を浴び続けているので涼しいからなのか?極端な温度低下は感じられず、10時〜11時過ぎまでヘルムの横に置いたデジタル温度計も約15分間隔でチェックしましたが29.1℃で変化していませんでした(!!)

皆既が始まって唯一?特異な現象を感じられたのは「一陣の風」というか、デッキ上の物が飛ぶほどの突風が一瞬ですが吹き、資料を入れた封筒や紙製の日食グラスが飛んでしまい拾い集める羽目に・・・。

何はともあれ、皆既の瞬間に(薄雲を通してですが)日食観望が出来て本当に良かったです(^.^) ここまで、ある程度無理をして(トレーニーの皆さんはお金や休暇も使って)航海し目標の一つであった皆既日食が全く観られなかった時の失望感?虚脱感?は想像したくもないですよね(^_-)
3-日食終了後.jpg
日食終了後

航海から戻って分かった事が多いですが、種子島も屋久島もトカラも上海も(ついでに大阪も)日食状態の太陽を見られるような天候では無かったとのこと・・・あこがれ0918航海は本当にラッキー・セイル・トレーニングでした(^_-)-☆
4 皆既時間の衛星画像0722.jpg
皆既時間の衛星画像

次回、日本で観られる日食は「2012年5月21日の金環日食」ですが、今回のように遠くの海域まで行かなくても九州・四国南部や近畿南部〜関東でも観望できますので、出来れば(せっかく準備した)日食グラスを大事に取っておいて観察しましょう(^_-)-☆ 以上、「あこがれ 0918日食レポート:クニやん@山口在住」でした。

〜〜〜〜
クニやん、ありがとう。
また船上で天文学講座お願いしますね!!
posted by SaltyFriends通信 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ ノブタくんの富山<海王丸>総帆展帆参加レポート □■

富山の<初代海王丸>で、一般のボランティアさんによる、総帆展帆
(すべての帆をひろげること)が行われているのは、帆船に興味があり、
このメルマガをご覧になっている皆さんは、ご存知かと思います。

横浜でも同じように<初代日本丸>で総帆展帆が行われており、はるばる
富山の<海王丸>から展帆に来られたり、また横浜の<日本丸>からも
毎年のように、何名か遠征をしたり、相互交流があります。

世間は大型連休シルバーウィーク。今回、僕もタイミング良く休暇があり、
横浜<日本丸>のメンバー(展帆ボランティアかもめ会)に誘われて、
休日料金値下げの高速道路をかっとばして、皆で行ってきました。
レポートします、ノブタくんといいます。よろしくお願いします。

a01.jpg

顔を入れれば、これであなたも海王丸実習生!船尾の舵輪の隣に置いてありました。(たぶんお子様用)
当日、海王丸パークに入港しますと、<海王丸>に国際信号旗(船舶間で意志を伝える際にこのような旗を使う場合があります。例えば「UW」で「貴船の御安航をお祈りします」)が揚げられています。

ノブタくん2.jpg

ふーん、あんな長い信号があるんだ〜…。「W・E・L・C・O・M・E」??
おお!!「Welcome!」「ようこそ!」ですね!
とある情熱的なキャプテンが遠洋航海でハワイの人々の歓迎する気持ちに
感動したという話をちょっと思い出しました。
併設されている建物内に入ると、ここにも、ロープワークで「WELCOME」
富山の人々の歓迎する気持ちが表れております!

ノブタくん3.jpg

天候は、抜群の秋晴れ、前日の強風で、米所、富山の収穫前の黄金の
稲穂が風で倒れていたのが、気がかりですが、帆船にとっては調度良い
感じの風が吹いております。
白い実習衣に着替えた後、まずは、船内の教室でミーティングです。

ノブタくん4.jpg


ベテランボランティアさんに混じり、中には未来の船長、機関長のピカ
ピカの富山商船高専の学生さん達もお見かけしました。
いやーまぶしいです!(>_<)

そしてデッキへ出てまずは体操!僕は四本あるマストの中の一番前の
「フォアマスト」にお邪魔させていただきました。
船が違えばロングスプライス(ロープ処理の手法の一種)が違う(意訳
すると、船が違えば流儀が違う)とかいう英語の言葉をどっかで聞いた
ことがありますが、同じ帆船で姉妹であっても、人間の姉妹がそれぞれ
違うように、言葉通りロングスプライスも違うのかもしれません。

まあ、技術的なことは僕はサッパリ☆ですが、なんとなくデッキ上でそんな
ことを感じました。帆船好きの方は姉妹の違い探してみては?

展帆は、久し振りすぎてスッキリ☆忘れてしまい、ベテランボランティア
さんや乗組員さんに優しく教えてもらいながら、展帆させていただきました。
僕ができることは、デッキ上を猪のように猪突猛進しながら、ワッショ
イワッショイ!力一杯ギア(ロープ)を引くのみ。展帆したら、富山の
良い風を受け、まるで帆走しているようです!

ノブタくん5.jpg


富山の青い空に真白なセイル(帆)がとても映えて美しい!<海王丸>も
気持ちよさそうです!
この美しさは、日頃からのコツコツ気の遠くなるような整備作業、
そして皆で力を合わせて広げたからこそのものなんでしょうね!

ノブタくん6.jpg

花は、咲き乱れ、家族連れや、カップルで賑わい、不景気で大変な世の中
ではありますが、海王丸パークは、平和だなーと感じます。
展帆後、展帆ボランティアさんでもある渡船の船長さんに、ご厚意で渡船
に案内して頂き、そこからも<海王丸>を見ました。遠くから見るとますます
帆走しているようにしか見えません!
渡船の船長さんありがとうございました!

ノブタくん7.jpg ノブタくん8.jpg
左:渡船からの<海王丸>。
  左に見える建設中の橋が完成したら、渡船は運航しなくなるかもし
  れないとのことです。
  ちなみに白い雪を被った北アルプスをバックに総帆展帆の<海王丸>を
  きれいに撮るのは、富山に住んでいてもなかなか難しいそうです!  (海王丸船長談)

右:道路の代わりに日常で使われる渡船(無料です!)。
  自転車も乗せられます。当日は休日なので、カラフルなジャージを
  着たサイクリングの方も乗っていました。平日は通学の高校生が
  乗っていたりします。

僕は口下手ですので、今回は、色々な人と話をしたり、あまり気の利いた
ご挨拶もできませんでしたが、本業まで海に携わる人もいれば、学生、
主婦、サラリーマン、色々なお仕事、立場の人々が、帆船に関わってい
ると肌で感じました。帆船を通じ、そんな方々と交流を深めるのも、
なかなか面白いものですよ!

富山<初代海王丸>以外にも、横浜<初代日本丸>、大阪の帆船
<あこがれ>で、それぞれ体験することができます。
僕のレポートを見て、もし御興味をもたれた方、よろしければ参加されて
みてはいかがですか?

帰りに近くのへ温泉入ったのですが、ロープを握った手が、ホカホカして
気持ちよかったです。
ついでに、立山できれいな紅葉を見たり、立山、剣岳から、富山湾を
望んだり、富山名物の海の幸、白エビを天丼で食べたりしました。富山は、
海も山もあり羨ましい!

ノブタくん9.jpg ノブタlくん10.jpg
左:立山を縦走しながら、富山湾一望できます!

右:あれが今年の映画の舞台にもなった剣岳!
  命綱なしで、岩をよじ登り、有名なポイント、カニのタテバイ(マ
  スト登り?)、カニのヨコバイ(ヤード渡り?)、がけっぷちに架
  けられた梯子(シュラウド?)など、三点支持の帆船のマスト登り
  と同じ様な体験ができます!どっちがコワイ!?(海王丸メインマ
  スト高46m、剣岳標高2999m)

富山<初代海王丸>の皆さん、是非、また横浜<初代日本丸>にも総帆
展帆にお越しください。心の中でWELCOMEの信号旗をいつも揚げています。
最後に、富山で<初代海王丸>や山、街でお世話になった全ての皆さんに
感謝し、御安航をお祈りいたします。UW

 Reported byノブタくん
posted by SaltyFriends通信 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ SFボラチーム的!情報収集方法 □■

TS3E0040.JPG
秋葉原の交通博物館から移設されたフィギアヘッド


SFボラチームは、船の科学館(以下、船館)でボランティアをしています。

船について展示された博物館でのボランティアということで、
必要に迫られて、また興味の幅が広がって、船について情報収集する
機会が増えています。
そんなボラチームの情報収集の仕方を何件か、ご案内したいと思います。

ボラチームは、チーム専用のサイトを持ってます。
掲示板とMLのシステムですが、色々な情報がやりとりされています。

今月の担当を募集したり、ボランティア中に起きた出来事の報告をしたり。
最近は海図についての情報がさかんにやり取りされていました。

きっかけは、ある日のボランティア中の出来事から。。。


その1

船館の6階にあるブリッジを模した展示室には、チャートテーブルがあり、
海図が広げられています。
その海図を見ていたお客さんからご質問がありました。
海図のマークの見方や、数字が何を示しているのか、といったことでしたが、
一件私たちも良く知らない記号がありました。
「#」記号。
これは何を示しているのか、船館職員にも質問し資料を見ていただいて
やっと分かったのが、「険悪地」との答え。
「険悪地」=海底に材木、廃材などが沈んでおり、アンカーを打つのに
適さない場所との意味です。

うん?それだけだっけ??と思われた方、正解です。
「♯」「#」とシャープと2種類ありますが、、、それぞれ意味が違います。
・直角に交わっている井桁は「材木置き場」
・たての棒が斜め(イタリック風)の井桁は「険悪地」
となっています。
半分だけ正解だったわけですね。

コチラの答え、プロのパイロットを目指している仲間に聞いて
教えてもらったのですが、こういったときに利用できる便利な「窓口」があります。

それが、海上保安庁が行なっている「海の相談室」です。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/annai.html

海に関心のある方なら誰でも相談することができる海洋情報の提供を行なう窓口です。
来訪、電話、E-mail、お手紙!など様々な方法でサポートをしてくれるとのこと。
実際に船館でのボランティア中にもリアルタイムな情報が必要なときなど、
お世話になっています。

海図に限らず、海に関しての情報を聞くときに御活用ください。


その2
船館は、日本財団の助成を受け運営されている博物館です。
そのため日本財団のWebにも、助成事業については様々な情報がアップされています。

たとえば、館内でかつて配布していた「もの知りシート」。
現在は以前のように館内で集める形式ではなく配布しておりますが、一部、人気の
あったナンバーに抜けが出てしまっています。
どんなことが書いてあったのだろう?と興味をもたれた方はこちらをどうぞ。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2000/00200/mokuji.htm

こちらは、「日本財団図書館」というサービスです。
さまざまな資料が見やすく管理されており、検索機能もあるため、興味のある
キーワードで情報をヒットさせることができます。

学術的な資料が多く、大変勉強になるサイトです。
http://nippon.zaidan.info/index.html


その3
以前にAISについて取り上げました。
AIS=自動船舶識別装置
http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/109293417.html
こちらの記事では、Windowsのシェアウェアを取り上げました。

そのため利用するための敷居が高かったのですが、
最近AISのWebサービスなども行なわれています。

Googleで「AIS ship」などと複数の条件で検索してみると
様々なサイトがヒットします。
http://www.google.co.jp/search?q=AIS+ship

こちらは、情報提供範囲に日本も含まれているサイトのようです。
http://www.marinetraffic.com/ais/

船舶の位置をネットに接続できればいつでも調べられるということで、
船を見ながら活用することができるサイトですね!


<おまけ>
現在、調査中の件について、情報求む!!
冒頭の写真のフィギアヘッドですが、ロシアの帆船に付けられていたものとの
情報はあるのですが、具体的な船名は分かっていません。
ボラチームも調査中ですが、ご存知の方いらっしゃればお願いします!
説明書き.jpg
説明書き

以上、3件の情報収集方法をご紹介しました。
こんな活動を行なっているSFボラチーム。
やってみたい!という方は、info#saltyfriends.comまで
ご連絡ください。(#を@にしてくださいね)

(みっきー)
posted by SaltyFriends通信 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ セイル大阪より本のご紹介!! □■

大阪市帆船<あこがれ>を運行する<セイル大阪>から、最近「あこがれ」が取材を受けた3冊の本を紹介してもらいました!

マリンウエディング 2009-2010.jpg

@マリンウエディング 2009-2010―海が好きな2人に贈る (KAZIムック) ¥980−

帆船「あこがれ」や「キャリアド」で結婚式を挙げられた方の記事など、新しい海辺の結婚スタイルが満載!!

オフィシャルブログ→http://marinewedding.blog99.fc2.com/


船旅デート.jpg

A船旅デート (イカロス出版) ¥1,800−

帆船「あこがれ」で大海原へ航海!その他、離島や渡船など、珍しい船旅の情報が満載です!!


大阪力!part4.jpg

B大阪力! part4 (新風書房) ¥1,500−

以前、帆船「あこがれ」の小笠原航海に乗船され、「大阪力 part1」であこがれを紹介してくれた
朝日新聞社 林梓生記者の新刊。今回は新任した帆船「あこがれ」船長の記事を紹介しています。

いずれも大きな書店かインターネットでお求めできます!
(ふっくん)
posted by SaltyFriends通信 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□ Sea Front Museum in Autumn 2009開催&SF参加のお知らせ! □■

若洲海浜公園で開催される、アート&海をテーマにしたイベント「シーフロント
ミュージアム」も、SFとしては今回が3回目の参加となります。
今回も沢山のアーティストの方が参加される他、「ファミリーカメラマン」
(親子撮影会)などのイベントや、お馴染みセイリングクルーザー&ギグの
乗船会(当日受付)もあり。

我々SFは例年通り、このセイリングクルーザー&ギグの乗船会補助(受付、
ライジャケ装着、誘導)などのお手伝いをしつつ、アンテナショップ
「塩友商会」出店!SFオリジナルTシャツ2009年バージョンや今年新たに
作った、渋かわいい♪オリジナル手ぬぐいも販売します。

ワークショップは、お馴染みのロープブレスレットの他に、今回から「救命
浮き輪ストラップ」が加わりました。アートイベントらしく「ちぎり絵で
大きな帆船の絵を描こう!」コーナーも新設。さてさてどんな絵ができあがる
でしょう!?乞うご期待☆

SF手ぬぐい1.jpg SF_2009Tees_Back.jpg 救命浮き輪ストラップ.jpg
左上:今年初めて作った☆SFオリジナル手ぬぐい
  日本の帆船の名前が24隻!隠れています。全部わかるかな?
右上:SFオリジナルTシャツ2009年バージョン☆海王祭で買いそびれ
   ちゃった・・・方はぜひこの機会に!
下:今回のワークショップはコレ!救命浮き輪ストラップ


若洲海浜公園で、広ーーい海を見ながら過ごす秋の一日。
ぜひ、Salty Friendsの「塩友商会」に遊びにいらして下さい。
お待ちしてまーす!!

会期:2009年10月31日(土)、11月1日(日)
時間:am10:00〜pm17:00(荒天中止)
会場:〒136-0083 東京都江東区若洲35番 都立若洲海浜公園
お問い合わせ:03−3522−3225(シーフロントミュージアム係)

若洲シーフロ ポスター043.jpg

posted by SaltyFriends通信 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 編集後記 ■■

今月は、クニやんが記事を書いてくれました。
ぶんごーの記事にボラ仲間として、同じ航海に参加した仲間として、
記事を書いてくれた!
こういう関係って「あこがれ」ならでは、じゃないですか?!

仲間の繋がりってのが素敵だなぁと思います。
お二人とも楽しい記事を、ありがとうございました!

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:みっきー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒https://regssl.combzmail.jp/web/?t=df20&m=u2sn
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。