2008年10月10日

oooOoO SaltyFriends通信 10月号 Ooo

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo  
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo                             
o   〜 帆船で海、行く? 〜
   
     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 54号   2008.10.10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんにちは!!Salty Friends のQたろーです。

キンモクセイの風薫る秋・・・になったと思ったら、アイルランドの
<アスガードU>沈没!のニュース★その知らせに腰を抜かして
いたら、今度は一昨日、隠岐水産高校の練習船<わかしまね>沈没の
知らせ。両船とも、亡くなったり大ケガなさった方が出なかったのは
幸いでした。

一方、やっと当会の、英語版の活動案内のページがOpen!これで
やっと海外の帆船仲間にも「サイト見てね☆」と宣伝できます(^^;

悲喜こもごも、10月のSaltyFriends通信、いざ出航!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by SaltyFriends通信 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■目次■■

┏┓
┗■ 10月のSaltyFriends通信 ==================
┏◆ 《 スターボード & ポートカレンダー 》

┣◆ 《 Ch16 》

┣◆ 《 第三期みおつくしフォーラム「帆船あこがれとSAIL OSAKA'97 》

┣◆ 《 若洲海浜公園アートイベント「シーフロントミュージアム i Autumn」開催!「塩友商会」出店します♪ 》

┣◆ 《 船長の見たペリー艦隊 ☆その2☆ By大河原明徳さん 》

┗◆ 《 <あこがれ>親子環境観察コース参加レポート By かおちゃん 》
 ┃
┣◆ 《 よろず帆船人突撃インタビュー [27] <リベルタ>渉外課長ホセ・ダニエル・ロレンソさん 》


◇ メルマガ全文をサイトで読む・・・
---> http://k.d.cbz.jp/t/u2sn/70b0uty0ddeg76q190
=================================
posted by SaltyFriends通信 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■スターボード&ポートカレンダー■■

&OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
……………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫-------------------------
▼フネに乗る!
10/11-10/13 帆船<あこがれ>2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
11/9 帆船<あこがれ>一日体験航海          [大阪南港]
11/22-11/24 帆船<あこがれ>2泊3日コース [大阪南港〜大阪南港]
11/26-11/27 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
12/7 帆船<あこがれ>一日体験航海          [大阪南港]
12/20-12/21 帆船<あこがれ>1泊2日コース [大阪南港〜大阪南港]
申し込み方法等詳しくは→ http://www.akogare.or.jp/ssnew.html

▼フネを見に行く!
10/12      "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/26      "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
11/02      "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]

…………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-------------------------

◆プライド・オブ・ボルチモア II 20周年
Pride of Baltimore II's 20th Anniversary SAILABRATION!
``````````````````````````````````

10/11 @米国・メリーランド州:ボルチモア
http://www.marylandspride.org/come_aboard/events.php

◆グレートチェサピークベイ・スクーナー・レース2008
http://www.schoonerrace.org/
``````````````````````````````````
10/15〜18 @米国・メリーランド州:ボルチモア〜ヴァージニア州:ポーツマス


◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
……………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫------------------------

◆船の科学館《ギャラリートーク》 [東京 お台場]

10/11【20】『星を頼りに大洋を航く〜天文航法とは〜』
 関根 元之氏 (元外国航路船船長)
10/18【21】『船舶はどんなルールで衝突を防止してきたか【後編】』
 伊藤 喜市氏 (元海難審判理事所長)
10/25【22】『大型船の設計に携わって』
 大村 寿一氏 (元石川島播磨重工業横浜工場工場長)
10/26(日)シーカヤック乗船会(プール)

◆樺島勝一 生誕120年記念回顧展 〜12/23まで [東京 弥生美術館]

◆坂本龍馬といろは丸事件展 10/17日(金)〜11/24(月祝)
        [広島県福山市 鞆の浦歴史民俗資料館]

◆シーフロントミュージアム in Autumn 10/25,26(土日)
        [東京 若洲海浜公園]
posted by SaltyFriends通信 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH16 ■■

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch.16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★<アスガードU>沈没!!!!!
``````````````````````````````````
アイルランドを代表するセイルトレーニング船、<Asgard II>が
先月11日、英国ファルマスを出て航海中のフランス沖で沈没。
訓練生を含めた乗組員25名全員はフランス沿岸警備隊により
救助されたとのことです。

エンジン冷却用またはトイレ用の海水を取り込む弁に問題があっ
たのではないかと前任の船長はみているようですが、はっきりし
た原因は未だ不明。

元来ハリケーン級の風にも耐え得るように建造されており、バッ
クアップのポンプも何台も装備されていたとの事ですが、それで
も排出しきれないほど海水が一気に入り込んで急激に復元力を失
い、船を捨てるしかなかったようです。

沈没後初めて行われた遠隔操作の無人潜水艦による調査では、
沈没地点にほど近い水深80m程の海底に直立の状態で、ほぼ原
形を留めた形で残っていることが判明。船体の一部に損傷が認め
られたものの、それが沈んだ時に海底と接触した時にできたもの
なのか、それとも沈没の直接の原因なのか、現時点で断定するこ
とは無理なのだそう。

船の引き揚げが可能か否かの判断は、今後さらなる調査に委ねら
れる模様。

一般市民が洋上航海を経験出来るようにと、アイルランド政府に
よって建造、1981年に進水したブリガンティン型帆船<アス
ガードII>。この27年間に25,0000人以上の訓練生が乗船、
1991年にはカティーサーク杯も勝ち取るなどアイルランドを
代表する帆船でした。あるアイルランド政府関係者の話では、再
び建造するにはコストがかかり過ぎ、技術的にも難しいというの
が現状だそうです。

Asgard_II.jpg
2000年、ボストン沖で帆船レース中の <ASGARD II>


★大阪市の帆船<あこがれ>クルーを募集中
``````````````````````````````````
日本で唯一、誰でも冒険旅行に参加できる大阪市の帆船<あこがれ>が甲板員を募集しています。締め切りは今月末の10月31日。詳細は
↓もしくはあこがれの公式サイトへ
 200810_AkogareKyujin.gif
 
★<プライドオブボルティモア>20周年!
`````````````````````````````````````````
メリーランド州(米国)のシンボルとして活躍を続けてきた<プライドオブボルティモア>が今週末20歳を迎えます。お祝いのセレブレーションをもじってSaiLabrationと銘打ったイベントが開催されます。おめでとう!

SaltyFriendsでは2005年にプライドが嵐に遭遇し、マストが大破した際に、募金を行い船に贈りました。
サーチ(調べる)プライド嵐に遭遇、マスト募金
サーチ(調べる)募金の報告

★07年の<カティーサーク>火災の原因は掃除機?
``````````````````````````````````
2007年5月に火災にあった、イギリスの係留帆船<カティサーク>の出火原因を割り出すため、警察当局が大規模な捜査を行ったところ、修復作業現場に誤って放置されていた業務用掃除機から出火したものであると結論付けられたようです。


★ペン画の神様 樺島勝一展[東京]
``````````````````````````````````
  大正の中頃から、昭和初期にかけて活躍した挿絵画家樺島勝一(1888〜1965)の生誕120年を記念した回顧展が開催中です。樺島勝一は、当時の子供達に絶大な人気のあった『少年倶楽部』のイラストレーターとして一世を風靡。その描写力の素晴らしさから「船のカバシマ」「ペン画の神様」と呼ばれていました。今回の展示会では、初公開の作品も展示されます。SaltyFriends的には、イギリスの戦列艦<センチュリオン>は必見です!

「生誕120年記念 ペン画の神様 樺島勝一展
     −写真よりリアルな密描画−」
     
会期:12月23日(祝)まで
場所:弥生美術館(東京都文京区)
最寄り駅:地下鉄千代田線「根津駅」徒歩7分
     地下鉄南北線「東大前駅」徒歩7分
料金:大人:800円、大・高校生700円、中・小学生400円

詳しくは詳しくは弥生美術館HPで。
posted by SaltyFriends通信 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□第三期みおつくしフォーラム「第1回帆船あこがれとSAIL OSAKA'97」□■

SAIL OSAKA '97.JPG

大阪の海洋博物館といえば「なにわの海の時空館」。この時空館
では、海や船、港をテーマに大阪の文化と歴史を発見する
「みおつくしフォーラム」を開催中。
このフォーラムの第三期シリーズでは<あこがれ>の代々の
キャプテン4名の方が講演なさいます。

第1回は、<あこがれ>の就航までのプロセスや、世界17カ国が
参加した懐かしい「SAIL OSAKA '97」について。お話しされる
のは、奥田忠道 初代キャプテンです。


日時:2008年10月26日(日)14:00〜15:00
会場:〒559-0034大阪市住之江区南港北2−5−20
   なにわの海の時空館 エントランス棟会議室
参加費:資料代200円(入館券をお持ちの方は無料)
定員:先着80名(要事前申し込み)

アクセス:
地下鉄中央線「コスモスクエア」駅@出口より約650m
コスモスクエア駅よりコスモバスをご利用頂けます。
(土日祝日のみ運行、運賃100円)
*バス乗り場は2号出口出て左

◆お申し込み方法:
電話・往復はがき・FAX・e-mailのいずれかで
以下の内容をご記入の上、お申し込み下さい。
@参加者名
A連絡先電話番号
B今後イベントのご案内をご希望の方
(FAXもしくはe-mailをお選びいただき連絡先を
御記入ください)

◆お申込先:なにわの海の時空館
〒559-0034大阪市住之江区南港北2−5−20
電話:(06)4703−2900
FAX:(06)4703-2901
e-mail:wasen@jikukan.or.jp

なにわの海の時空館HP
posted by SaltyFriends通信 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□若洲海浜公園アートイベント「シーフロントミュージアム in Autumn」開催!□■

昨年もお手伝いさせていただいた、東京都江東区の若洲
海浜公園のアート&海イベント「シーフロントミュージ
アム」に、今年もSFの「塩友商会」出店します!!

昨年は11月の連休でしたが、今年はちょっとだけ前倒し。
10月25日(土)と26日(日)の二日間、若洲海浜公園の
ヨット訓練所、ゴルフ場、キャンプ場を利用して行われ
ます。
もちろん乗船会もあり☆昨年はギグとクルーザーでした
が、今回はギグ2艇。受付は午前と午後の2回で、それ
ぞれ定員は10名ずつ(二日間で計40名)。

ギグ帆走葛西沖.JPG wakasu02.jpg
2本マストの「ギグ」に乗ってみませんか??


両日とも、昨年同様アンテナショップ「塩友商会」で
物販(SFTシャツ2008年バージョン、小物など)と、
ワークショップ(毎度おなじみブレスレット、布製
ノットボード、プラ板キーホルダー)やります!

SFボラチームは、この「塩友商会」と、ギグ乗船会
の受付と、ライジャケの着脱のお手伝い、乗船場所の
案内などをしておりますので、遊びにいらしたら
ぜひお声をかけて下さいね♪
ショップの場所は、本部テントの横です。

wakasu01.jpg
昨年の「塩友商会」。SFボラチーム、頑張ってます!


「シーフロントミュージアム in Autumn」

会期:2008年10月25日、26日(土・日)
時間:10:00〜17:00
場所:江東区若洲海浜公園(テントはゴルフ場外海側、
   ギグ乗船場所はヨット訓練所側)
アクセス:りんかい線新木場駅よりシャトルバスあり
     (約10分)
参加費:無料
posted by SaltyFriends通信 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

■□ 船長の見たペリー艦隊 ☆その2☆ By大河原明徳さん □■

先月のSF通信で、ペリー艦隊は日本人を大砲で脅かすために、艦
隊の全船を横向きにしたと述べました。そして、錨にかかってい
る船は普通、風や潮が来る方向に船首を向けている筈なのに、ど
のようにして風に横向きにしていたのだろう? というのが宿題
でした。

その回答ですが、船長として次のような方法があると考えました。

(1)エンジンを極スロー前進、風上舵(舵柄・チラーを風上に
   する、舵輪・ホイールなら風下にまわす)を適当に使って
   船を横にする。 
   前進し過ぎ、錨索が後方に張ってきたときは、極スロー後
   進、風下舵(舵柄・チラーは風下に、舵輪・ホイールは風
   上にまわす)を適当に繰り返し使う。

この方法は、現代のエンジン付の船ならできますが、帆船では不
可能です。ペリー艦隊9隻のうち、機関付は3隻だけで、それも外
輪車船なので、排出流のすぐ後ろに舵板があるプロペラ船のよう
な舵ききは期待できなかったと思われます。

(2)帆を使って船を風に横にする。
   帆船では、船首のジブに風を入れると、船首は風下に向か
   います。また、船尾側のスパンカーに風を入れると、船首
   は切りあがり、風上に向きます。これに他の一部の帆に裏
   風をいれて「ゆき足」をおさえるライ・ツー、あるいは
   ヒーブ・ツーという操船をすれば、船は風に横になります。
   
しかし船は全体として風下に流れてしまい、港内のような狭い場
所では危険になります。ハイネの絵をよく見みても、帆を開いて
いる船はいません。

taiho01.jpg
横浜中華街に現存する、ペリー艦隊ゆかりの大砲。
佐久間象山が、この地に埋めたとされています。

   
(3)ボートを使って船尾を風上に引く。
   現代ならば、機関付きタグボートを雇って、船尾を風上に
   引くところです。帆船時代でも、大型帆船を狭い港内や川
   の中で操船するには、手漕ぎのボートを使っています。ペ
   リーの時代でも、この方法が最も簡単に実行できそうです。
   
ただし、この日には沢山のボートが将兵の上陸に使われています。
それで当時の船の艦載ボート数を調べてみましたら、どの船も
5〜6隻以上積んでおり、将兵も大きい船では、1隻に200人か
ら300人も乗り組んでいたようなので、横引きボートを使うこと
はできたでしょう。

ハイネの絵にその横引きボートが描かれていないか、拡大鏡を
使って見たのですが、ボートは横向きになっている船の反対側に
いるためか見えません。
なおこの方法では、船を横向きにしている間、ずうっとボートと
こぎ手が必要になります。

(4)ケッジ・アンカー(Kedge Anchor)を使う。
   大きい船では、通常使う船首錨のほかに、持ち運びやすい
   小型のケッジ・アンカーを持っています。船が座礁した時
   などにボートに積んで運び、船を引き出すなどに使います。
   運ぶときは、錨索をつけたケッジ・アンカーをボートのト
   ランサムなどにくくりつけ、投錨位置に達したところで
   くくりつけていたロープを切って落とします。
   大きいケッジ・アンカーでストリーム・アンカー(Stream
   Anchor)とよばれるものもあります。
   
(5)ワーピング(Warping)。 
   「ホーンブロワー」や「トマス・キッド」など、帆装軍艦
   の物語を読んでいると時々出てくる操船方法です。
   ワープ(Warp)とよばれる強いロープを、船尾コーターか
   ら船首の錨索の途中や船横のブイにとり、それをキャプス
   タンで捲きしめて、船体を風に横向けにします。
   帆船を、追い風でない場合に狭い港口から出帆させるとき
   などに使った特殊な操船方法です。

ペリー艦隊は以上のうちのいずれかの方法で、船を風に対して
横向きにしたに違いありませんが、ペリーの報告書には、それに
ついての記述はありません。正解は皆様各人で想像してください。
次号では「海図と測深」、初めて江戸湾に大きな船を入れた
ペリーがどうやって地形を知り、海の深さを測って入ってきたか
をとりあげてみます。
               Capt.大河原
posted by SaltyFriends通信 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■□<あこがれ>親子環境観察コース参加レポート Byかおちゃん□■

こんにちは!「あこがれ」ボランティアスタッフのかおちゃん
です。
9/13〜15「あこがれ」の親子環境観察コースに乗って来ま
した。環境観察コースって難しそうな名前がついてますが、とて
も楽しく、3日間があっという間に過ぎてしまいました。

乗船したてのみんなの顔は、少し緊張気味?乗船式では船長の
タツさんが、昭和60年と平成19年度(現在使用中)の大阪湾
のチャートを比較しながら、関空の2期空港島や神戸空港、埋め
立て中の夢州(ゆめしま)などがなかったこと、人工島の埋め立
てにゴミが使われていることをレクチャー。お話しを聞いて、改
めてゴミについて考えました。

今回は環境を考えるコースで、出航前に海の透明度を測定。
<あこがれ>が停泊している大阪のオズ岸壁の海水は、なんとも
表現しにくい茶色で、すぐに白い円盤(円盤が見えなくなった深
さが透明度なんです!)は見えなくなってしまいます。
透明度はなんと3m!めっちゃ汚い!透明度が計れたところで
<あこがれ>は成ヶ島に向けてGO!

透明度チェック!.JPG
<白い円盤を海中に沈める>

お昼ご飯を食べた後、エンジンを止め、帆走にして関空沖(?)
で再度透明度を測定。結果は8m。海水も透明で、円盤も青い中
に見えなくなっていきました。
この場所から講師の細田龍介(ニックネーム・ドラゴン)先生が
漂流調査用のペットボトルを海に投下し、追跡開始!このペット
ボトルには、今流行のGPSが付いた携帯電話が入っています。一
定時間ごとにその位置が発信されるようになっていて、大阪湾内
でゴミがどのように流れているか、調査が出来るようになってい
ます。

TELしてね〜!!.JPG ペットボトルを流す.JPG ペットボトルの中身.JPG

夕方には、成ヶ島が見える由良港でアンカー。夜の自己紹介で
<あこがれ>からの宿題になっていた、自分の住んでいる近くの
川の調査について発表。
みんなの近くの川にもゴミが落ちていたようですね。この宿題で
今まで気にして見ていなかった川が違って見えたそうです。
その後ドラゴン先生による講義で、明日の成ヶ島の事を教えて頂
きました。どんな島か楽しみです☆

2日目の朝6時過ぎに降っていた雨は、上陸前の9時には止んで
雲の間に青空まで見えるいいお天気に!みんな嬉しそうに朝のブ
リーフィングに参加。前日流したドラゴン先生のペットボトルは
朝の8時の時点で写真のように移動しました。

20080913-15 あこがれ環境観察コース ペットボトル3のコピー_1_1.jpg

思ったより早い〜。
そして透明度の測定、ここ由良湾の透明度は9m。

2班に分かれて、ボートで成ヶ島に上陸。<あこがれ>から成ヶ
島へ移動するボートから見える海岸線には、ゴミがいっぱい目立
ちます。
『成ヶ島を美しくする会』の花野会長さんの話では、成ヶ島の漂
流ゴミがマスコミなどで取上げられ、遠くからゴミ拾いに来てく
れる人がいるとのこと。ですが、ゴミ回収後のゴミ処理に困って
いること、正直なところ成ヶ島に来てくれるのはありがたいが、
成ヶ島に来て清掃してくれるより(淀川水系などの)元をきれい
にしてほしいというのが本音です!と話しておられ、島のゴミを
キレイにすることがホントの解決じゃないんやって気づきました。

海岸線のゴミ.JPG 成ケ島についたゴミ.JPG 成ケ島についたゴミ2.JPG
<たくさんのゴミが打ち揚げられる>

成ヶ島に漂着するゴミの中にはゴルフ場からのボールがあり、遠
くは岡山の山奥から瀬戸内海に流れ、明石海峡か鳴門海峡を通り
成ヶ島に打ち上げられた物もあります。さらに大阪湾以外からの
ゴミも含まれていて、海だけでなく川や田んぼの用水路も海に繋
がっていることを再確認。

上陸してまずは島の探検。展望台までの道にはアカテガニがいっ
ぱい。はさみを振り上げて抵抗するカニと格闘する子供たち、爪
に挟まれながらもカニを捕まえていましたv(^^)v 島に生えてい
る珍しい植物を教えてもらいながら、山頂に到着〜!

成ケ島淡路橋立.JPG ゴミフェンス.JPG

眼下に淡路橋立(あわじのはしだて)と言われる、成ヶ島のきれ
いな光景を眺めていると、干潟に不自然な人工物の線が見えたの
で訪ねると、これは干潟の貴重な生き物を守るために、漂流ゴミ
を止める防護フェンスなのだとか。
このフェンスだけで250万円かかること、注射器などの危険な
ゴミが混ざっているため、清掃活動にもリスクがあることなど、
実際に現地で活動している人に聞かなければ知らないことがいっ
ぱいでした。

お昼のお弁当は、地元の方が作ってくれたタコ飯と、地元で取れ
た魚のフライ。どれもとても美味しい(^0^)

タコ飯とフライ.JPG

午後から行った干潟には、シオマネキなどのカニや、いろんな種
類の貝がたくさん居ます。その中でも子供たち(大人も?)の興
味はマテガイ取り。
干潟で小指くらいの穴を探しては案内人の人が持ってきてくれた
塩を入れてマテガイが出てくるのを待ち、マテガイの頭がニョキ
って出てきたところを捕まえる!!引っこ抜く!!

マテガイの穴だと思って塩を入れても出てこない?!あちこちで
『出た〜!』とか、『外れか〜?』って盛り上がってました(^^)
普段は磯に触れる機会が少ない都会っ子が、イキイキと貝やカニ
を捕まえて喜んでいる姿は、とても楽しそう☆
波打ち際では、ズボンやくつが濡れてもお構いなしに海に入り、
親が嫌がるのも知らんぷり、無邪気にはしゃいでいます(笑)

シオマネキ.JPG マテガイ.JPG

その後は砂浜でゴミ拾い。わずか15分くらいで、袋一杯のゴミ
が集まりました。中には今まで見たこともない物体が?!20c
m大の丸いプリン色をしていて、ぷにょぷにょ・ベタベタした物
なんですが、結局ナニだったのか???

物体X.JPG

夜のドラゴン先生による講義は『どうすればゴミが減るか?』。
先生の質問に対し『デポジット(ペットボトル飲料に預かり金を
上乗せして販売し、回収を促すシステム)を取り入れては!』と
か『買ったお店で食品トレイは外す』、中には『豆腐を買うのに
ボールを持って行く!』などトレーニーさんの環境への関心の高
さが伺える答えがいっぱい返ってきました。

この日は中秋の名月だったので、<あこがれ>のデッキで満月を
眺めながら、『成ヶ島を美しくする会』の人から頂いた黒糖味の
ところてんを、とっても美味しく頂きました(^人^)

中秋の名月.JPG

最終日の朝のブリーフィングで、船長タツさんが『ドラゴン先生
のペットボトルが明石沖で回遊しているので、帰りのコースで見
に行こう!』と提案。そこで帰りのコースが決まりました。
しかし残念ながら、明石に着いた頃にはペットボトルは神戸沖へ、
神戸に来た頃には明石に回ってしまったようで、ペットボトルを
確認することは出来ませんでした。

9月15日のペットボトルの移動.JPG

3日目はいつものセイルトレーニングをして、無事大阪まで帰り
ました。下船前に、みんなで拾ったたくさんのゴミをバケツリ
レーで陸揚げし、業者さんのトラックに積み込みました。みんな
にも業者さんに支払った金額を聞いてもらい、ゴミの処理にもお
金がかかる事を知ってもらいました。

バケツリレー.JPG

今回の航海を体験して、ニュースで聞いた、韓国から対馬に流れ
着いたゴミ問題など、大変やな!って、どこか遠くの出来事のよ
うに、自分には関係ないと思い込んでいた気がします。
ドラゴン先生が航海の最後に、カナダのバンクーバーにある海洋
博物館の入り口には、ゴミの山が置いてあり、日本からのゴミが
2/3を占めていること。成ヶ島は日本国内のことだけれど、外
国にも日本のゴミがある。ゴミ問題(=水問題も同じだとか)を
自分たちが出来るところから、船を降りたところから始めてくだ
さいとおっしゃっていました。

みんなが身近なゴミをなくす事を意識することで、遠くのゴミが
なくなっていく(かもしれない…)。ドラゴン先生や『成ヶ島を
美しくする会』の皆さんの活動は、そんな願いが込められている
と、今回の航海で知りました。
“ゴミを減らす”。難しいことは続かないけど、自分が出来る
簡単なことから始める。なにが私に出来るか考えながら、
<あこがれ>を降りました。

ペットボトルの航跡(2008年度分).jpg
<ペットボトルの航跡(2008年度分 au) 資料提供/細田龍介 大阪府立大学名誉教授>
posted by SaltyFriends通信 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■よろず帆船人突撃インタビュー 〔27〕<リベルタ>渉外課長ホセ・ダニエル・ロレンソさん■■

先月に引き続き、今回の「よろず帆船人」は、8月に横浜港
に寄港したアルゼンチン海軍練習帆船<リベルタ>のクルー。
われわれSFの見学会でガイドを引き受けて下さった、
ホセさんです。

今航海では、船の渉外課長をつとめるホセさんですが、海軍
での職務は弁護士さん!普段、国内では海軍内の法規、訴訟
などに関するお仕事をしていらっしゃるとのことで、「ぼく
は『船乗りの中の船乗り』じゃないんだけど」と謙遜しなが
らインタビューに答えて下さいました。

Jose y Boston Tea Cup.jpg
「ボストン・ティーカップ」トロフィーとホセさん


お名前:ホセ・ダニエル・ロレンソさん
ご出身地:アルゼンチン、ブエノス・アイレス
ご年齢:34歳
ご専門:法律(今航海での役職は渉外課課長)

以下、
ホセさん:「JDL」(敬称略)
Salty Friends:「SF」


SF:海軍に入られて8年ということですが、他の士官の方
   と比べると、失礼ですがスタートが遅かったのでは?

JDL:そうですね。ぼくの場合は大学を出て、まず弁護士
   の資格をとってから海軍に入ったので、年齢の割に
   海軍歴は短いかもしれません。
   でも、海軍にはずっと憧れていたし、航海するのも
   大好きです。
   
SF:今航海で、一番大変だったことは?

JDL:まず、最初の何日か船酔いしたこと(笑)。
    真面目に、ぼくにとって一番大変だったのは、じつ
   は航海が始まる前、準備段階でしたね。
    この航海では、総務のような仕事も担当しているの
   で、現地との調整だけでなく、たとえば艦長が寄港
   地で贈呈する記念品など、実に細々したものも用意
   しなければならないんです。
    
    あと大変なのは、8か月もの間家族と離ればなれに
   なることかな。こんなに長い間、妻や2人の子供達
   の顔を見ない航海は、私にとっても初めての経験。
   やっぱり寂しいよ(笑)。
    もっとも今はインターネットもあるから、メールも
   できるし、しょっちゅうスカイプで子供達とも話し
   てるからね。

las plaques.jpg
今回の寄港で、日本(横浜港港湾局、海上自衛隊etc.)から
寄贈されたプラークや記念品の数々

    
SF:今回は世界一周航海ですが、今まで寄港した中で、特
   に印象的だった国は?
 
JDL:う〜ん、とくにマレーシアが良かったなぁ。それか
   ら日本。街の奇麗さ、清潔さ、テクノロジーはやっ
   ぱりすごい。
    東京の皇居や東京タワー、秋葉原にももちろん(笑)
    行きました。スシやうどんも食べたよ。日本食は美
   味しいよね。大好きです。

SF:今回のイグレシアス艦長は、ズバリどんな方ですか?

JDL:一見、気難しそうに見えるかもしれないけど、実に
    誠実でユーモアのある人。経験も豊富だしね。あの
    1982年のフォークランド紛争にも参加したんですよ。
    
    「赤道祭」のとき、艦長はネプチューンのコスプレ
    をしたんだ!
    ぼくは今回初めて赤道を通過したんで、「洗礼」を
    受けなきゃならなかったんだけど、なんと髪を全部
    剃られて、スキンヘッドにされちゃった(笑)。

SF tur primero.jpg
SF見学会のメンバーと。


SF:帆船を使った訓練(セイルトレーニング)について
   どう思われますか?
   
JDL:ぼくは弁護士として海軍に入ったので、本当の意味
    で「海の男」じゃない。<リベルタ>での航海も
    今回が初めてだし、帆船のことはよく分かってない
    かもしれないけど、とにかくチームワークの訓練に
    はとてもいいと思う。
    
    こうやって、外国の人や習慣に触れたり、国や海軍
    同士、交歓の機会を持てるのも、帆船ならではの部
    分が大きいんじゃないかな。そういう意味で、練習
    帆船は、親善大使として重要な役割を担っていると
    思います。
    
    
日本では、奥様には香水、2人のお子さんへはゲームと
ハロー・キティのぬいぐるみをお土産に買ったそうです。
いいパパですね***
見学会ガイド&インタビュー、どうも有難うございました!

アルゼンチンでは、現在新しい練習帆船<サンタ・マリア・
デ・ブエノスアイレス>を建造中。2010年の南米帆船レース
でお目見えなるか!?楽しみです♪

<リベルタ>、ぜひ近々また来日して欲しいものですね!


          (インタビュー、翻訳:Qたろー)
posted by SaltyFriends通信 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■編集後記■■

******************************************************************
◆◇◆編集後記◆◇◆
******************************************************************
最近一番嬉しかったのは、翻訳家の大森洋子さんがイギリスへ
行かれる時に「キッド」の原作者ジュリアン・ストックウィン
氏へ、SFTシャツ(2008年バージョン)をお土産に持って
行って下さったこと!「日本の帆船ファンも応援しています」
という気持ちが伝わったでしょうか***

10月25、26日は、皆様ぜひ若洲海浜公園に遊びにいらして
下さいね。お待ちしてまーす!(Qたろー)

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:Qたろー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒http://k.d.cbz.jp/t/u2sn/70b04ty0ddeg76q1a0
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。