2007年09月10日

☆ SaltyFriends通信 9月号 ☆

OoOoOoOooooo  ooooOoOoOoOoooooooo
o☆oOo           oooOoOoOooooo
Ooo
o   〜 帆船で海、行く? 〜

     ★★ SaltyFriends 通信 ★★ 41号   2007.09.10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜帆船の最新情報は ⇒ http://saltyfriends.com 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんにちは!SaltyFriendsのいかろーです。

台風と共に、季節の移ろいを感じる今日この頃ですが、個人的には
夏の短パンやけ(格好悪い・・・)が早くどうにかならないかな,,,
と思う日々。

この週末は,<エスメラルダ>の晴海来航にあわせ,<海王丸>も晴海に
寄航。賑やかな東京港でした。

帆船情報満載のSaltyFriends通信9月号、出航!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ラベル:帆船
posted by SaltyFriends通信 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 目次 ■■

┏┓
┗■ 9月のSaltyFriends通信 =================

 〜目次−−−−

┏◆ 《スターボード & ポートカレンダー》

┣◆ 《Ch16》グダニスク造船所が存亡の危機

┣◆ 《エスメラルダ見学会 -速報- 》byジュン

┣◆ 《嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展<あこがれ>で!》 byふっくん

┣◆ 《2007 地中海トール・シップス・レース[後編]by Qたろー

┗◆ 《よろず『帆船人』突撃インタヴュー 17 》by Qたろー
ラベル:帆船 ポート
posted by SaltyFriends通信 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ スターボード&ポートカレンダー ■■

OOoo.. "生"の帆船&オカのイベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

◇◇◇◇◇◆◇  スターボード:@フネのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------

11月中旬    観光帆引船運行(週末)@霞ヶ浦周辺市町村 [茨城]
9/08〜16  帆船<あこがれ>航海型 (四国一周!) [大阪発着]
9/17     "初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
9/22〜23  帆船<あこがれ>航海型コース1泊2日  [大阪発着]
9/23     "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
9/30     "初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]

10/07    "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/15〜16 帆船<あこがれ>船内特別公開
         @遣隋使1400年・大阪港開港140年記念イベント   [大阪]
10/21    "初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
10/21    "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/27〜01 帆船<あこがれ>航海型コース5泊6日  [鹿児島発―宮崎着]
10/28    サンファンバウティスタ展帆     [宮城]

11/03    "初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
11/04    "初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
11/10&11 『嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展』
         @あこがれ船内(エコアートフェスタ大阪) [大阪]
11/18    帆船<あこがれ>一日体験コース     [大阪発着]
11/23〜25 帆船<あこがれ>航海型コース2泊3日  [大阪発着]
11/25    "初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]

………………………………………………………………………………………
-----------------------------≪海外≫-----------------------------

《ASTO スモールシップス・レース:カウズ》
````````````````````````````````````````````````````
10/06 @英国・ワイト島:カウズ

グレートチェサピークベイ・スクーナー・レース2007
````````````````````````````````````````````````````
10/10〜14 @米国・メリーランド州:ボルチモア〜ヴァージニア州:ポーツマス


◇◇◇◇◇◆◇  ポート:@オカのイベント  ◇◆◇◇◇◇◇
………………………………………………………………………………………
--------------------------≪国内&近隣≫--------------------------

〜9/17  アルフレッド・ウォリス展-海に生きた素朴画家 [横須賀]
〜10/27    船の科学館 ミニ講演会(各30分/毎土曜) [東京]
〜12/27 ペーパークラフトによる立体帆船展        [東京]
posted by SaltyFriends通信 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ CH.16 ■■

★APEC関連イベント目前、参加予定帆船が座礁
```````````````````````````````````````````````
先週オーストラリアのシドニーで開催された、APEC(アジア
太平洋経済協力会議)。これにあわせ豪州内外から帆船が集結、
各国首脳陣が集まる国際イベントに華を添えた。

期間中、一般公開されたのは会場となったオーストラリア海洋
博物館所属の<HMBエンデバー>レプリカ船を始め、同国海軍
所属の<ヤング エンデバー>やタスマニア州の<ウインド
ワード バウンド>などの計5隻。

これに先立つ8月23日、インドネシアから参加予定だった同国
海軍所属の<アルン サムデラ>(全長36Mのスクーナー)が
前寄港地に向かう途中、南クイーンズランド州の海岸で座礁、
ビーチに乗り上げるという海難事故が発生。悪天候のために引き
揚げ作業は難航し、6日後にブリスベンまで曳航された。

舵とキールの修理のためドック入りしたが、その他の大きな損傷
はなかった模様。18人の乗組員全員は無事だった。


★多くの帆船を生み出したグダニスク造船所が存亡の危機 
```````````````````````````````````````````````
2003年まで日本で運航していたセイルトレーニング船<海星>や,
ロシアの大型練習帆船<ミール><ナジェジュダ>などを生み出した,
ポーランドのグダニスク造船所が存亡の危機に立たされている。
経営不振に陥った同造船所を,04年のEU加盟後もポーランド政府は約81億円の補助金をつぎ込み支援してきたが,EU競争政策に
違反の疑いがあるとして,3つあるヤードのうち,2つを閉鎖し,
人員も削減するよう,EU委員会に求められているため。
同造船所は,大規模なリストラは再建につながらないと委員会に訴えている。

★<ホクレア>の日本航海オンエア テレビ神奈川 
```````````````````````````````````````````````
ハワイの航海カヌー<ホクレア>の日本航海の航跡が16日,日曜日に
オンエアされます。

ホクレア号 日本航海 光の海道 〜ハワイからのりもの〜
テレビ神奈川 9月16日(日) 20:00〜21:00

ひらめきホクレアの航跡
posted by SaltyFriends通信 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ <エスメラルダ>見学会-速報- byジュン ■■

当日許された時間は1時間、一人も遅れることなく集合場所に
みなさん集まって下さいました。船内案内役はチーフエンジニアの
エドアルド・バリオス氏、最初に士官次室で<エスメラルダ>に
ついての歴史、船の性能、任務、活動紹介などを学びました。
スクリーンに写される資料映像(英語と日本語表記)にフカフカの
椅子、更に給仕の方が飲み物とお菓子をサーブして下さり、
もう気分は大使のようです。でももう35分過ぎ・・残り時間の
気になるところで船内見学へ。一般公開では絶対見る事のできない
いろんな所を見学させていただきました。

cp-offes0016.jpg cp-room0018.jpg
 整えられた艦長事務室/艦長公室天井のステンドグラスにうっとり
IMG_0028.jpg IMG_0025.jpg
チリ海軍のスローガン(win or death)を掲げたブリッジの外側
/今航海二人を手術した手術室

大統領の来日などと合わせ、警備上の問題から港湾局から
一般公開の許可がおりなかった今回の来航ですが、艦長は
最後まで任務の一つである親善のため、港湾局と粘り強く
交渉されていたようです。
<エスメラルダ>はまさしく洋上の大使館だったんですね。
みなさん満足の楽しい一日でした Muchas Gracias!
IMG_0032.jpg IMG_0038.jpg

説明中のエドアルド・バリエス氏/デッキ後部での集合写真

参加された方の感想などは次号にてご紹介します。
偶然にも男女半々、色んな世代の方が参加されました。
どうぞ、お楽しみに!

9月9日14時5分過ぎ、<エスメラルダ>は晴海を出港しました。
次港はハワイ、到着は10月4日予定です。
posted by SaltyFriends通信 at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展<あこがれ>で! byふっくん■■

 昨年7月17日から大阪港の喫茶店「ハaハaハa」や兵庫県の新西宮ヨットハーバー、大阪府岬町の大阪府立青少年海洋センター・淡輪ヨットハーバー、東京都の国立東京海洋大学の重要文化財<明治丸>などを巡回してきた「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」が、来る11月10,11日(土・日)に大阪港天保山岸壁に接岸する大阪市の帆船<あこがれ>船内での展示をもって、いよいよ最終章を迎えます。

そもそもこの「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」は、<あこがれ>の存在をもっと知ってもらおうと2005年11月20日に帆船<あこがれ>のボランティアスタッフが<あこがれ>のメスルームに集まり、<あこがれ>のPR方法を考えていた中で、「船内での楽しい様子などの写真をもっと多くの人に見てもらえば、乗ってみたいと思う人が増えるかもしれない」という意見にヒントを得て発しました。

0709hahaha.jpg一番はじめはソルティースタッフの友人のお店、大阪港の喫茶店の通路での展示でした。展示期間の最終日が迫ってくると、せっかく作った展示物を廃棄するのがもったいなくて、のじぎく兵庫国体でセーリングなどの競技会場にもなった新西宮ヨットハーバーに相談すると快く受け入れてくれました。

0709main shinnishi.JPG0709meijimaru kaiousai.JPG

その後は、淡輪ヨットハーバー、大阪府立青少年海洋センター、東京海洋大学など、様々な方の協力で開催させていただき、多くの方に「帆船の魅力」に触れていただいたものと自負しております。東京海洋大学では、明治時代に明治天皇もご乗船され、「海の日」の制定の基になった重要文化財「明治丸」船内において2007年2月13日から6月3日までの長期にわたって展示していただきました。最終日は東京海洋大学の学園祭「海王祭」の日程にも重なり、多くの方に見学していただきました。その後、一番最初に展示させていただいた大阪港の喫茶店「ハaハaハa」に会場を移し、いよいよ11月に大阪市の帆船「あこがれ」船内での展示でフィナーレを迎えます。

 11月3日〜11日大阪港天保山では、創造的人材の育成と環境意識の啓発を目的とした「エコアートフェスタ大阪」というイベントが開催され、そこへ大阪市の帆船「あこがれ」が参加します。「帆船とエコロジー」をテーマとした「帆船の魅力展」で最後は締めくくりたいと思います。どうぞご期待下さい。

posted by SaltyFriends通信 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 2007年地中海トールシップレース 《後編》 By Qたろー ■■

バルセロナを出港した日の夕方。パラモスという、スペインとフランス
国境の港町に入港しました。この街は帆船小説などにも時々登場する
地中海沿岸の古い漁港です。
係留している岸壁の前には、リゾート地として有名なコスタ・ブラバ
がキラキラ***と広がり、みんな早くも海水浴に行きたくて仕方が
ない様子。

ところでバルセロナから便乗客として乗っていたスペイン人の年配の
グループがいたのですが、聞けば彼らはこの帆船レースの実行委員会
メンバーの一員!今回のイベントの、実際の運行状況をチェックする
べく、同乗したのだとか。
私が日本から参加しに来た経緯を話すと「おぉ!」とビックリ☆
やはりアジアからの参加は少なかったようで、みんな喜んでいました。

members of the comittee.jpg  Palamos dia de publico.jpg
左:バルセロナ出港中。左側(右舷)中央の一団が「Med2007」実行
委員会メンバーのグループ。サングラスの女性は、広報担当の
アリシア・サンミゲール・ルビアルさん。
右:パラモス港での一般公開。手前からウルグアイ海軍の<カピタン・
ミランダ>、エクアドル海軍の<グァヤス>そして<カリアクラ>


ちなみに船長の知るかぎり、私は<カリアクラ>始まって以来、初の
日本人トレイニーだそうです。今まで韓国や中国、東南アジアから参
加したアジア人はいたそうですが、なぜか日本人はいなかった様で
すね。(もし『トレイニーで乗ったことあるよ!』という方がいらっ
しゃいましたらstbd@saltyfriends.comまでメール下さい。カリアク
ラ談義で盛り上がりましょう♪)


Welcome aboard!!<カリアクラ>

2年前にイギリス、ポーツマスで行われた「IFOS」でも<カリア
クラ>の見学はしていましたが、船内に入ったのは今回が初めてです。

船首キャビンは、段々畑のような構造の3段ベッド。ここは母港、
ブルガリアのヴァルナにある海洋アカデミーの士官候補生(カデット:
将来航海士など、船のオフィサーになる卵たち)たちの居住区。隔壁
を経てメスルーム(食堂&ミーティングルーム)にはテレビ、DVD
などの映像機器も完備。その並びにギャレー(厨房)。そこから一般
トレイニーのキャビン、オフィサー達の居住区と続きます。

Kaliakra pasillo.jpg
あっちもこっちも<海星>に似てる・・・(遠い目)。


嬉しかったのは、お腹が空いたときメスルームに行けば、常にトー
スト、フルーツなどが食べ放題!だったこと。すきっ腹をかかえてフ
ラフラ状態で食事を待つということはありません。「食欲魔人」の私
には、これが一番有難かったかも。


<カリアクラ>でのセイルトレーニング

大阪の<あこがれ>もそうですが、私がボランティアクルーとして関
わっていた<海星>では、操船に関する指令、専門用語などはすべて
英語でした。なので、きっと<カリアクラ>も同じだろう、とタカを
くくっていたら・・・ぎょ☆ブルガリア語だぁ(汗)。

そこで思いついたのが、事前に挙げるセイルを船長にこっそり聞きに
行き、号令とともにそのビレイピン(各セイルを操作するロープを甲
板に固定する棒状のもの)のところに走る、という作戦。これは<海
星>での経験が役にたちました。
カデットの子たちがダダダ…と走り出す前にピンのところに向かい、
彼らがひくロープの後ろについてひっぱります。ふふふ、我ながらい
いアイデア♪

making up lines Kaliakra.jpg del tope de Kaliakra.jpg
左:一般公開にそなえて、ロープをきれいに掛け直します。
右:マストトップから見たデッキ。


基本的に<カリアクラ>では、一般トレイニーは「お客さん」扱いで
「やりたかったら参加してもいいよ」という感じ。中には最後まで
ロープに触れたがらなかった人もいましたが、私は朝のデッキウォッ
シュから操船、清掃など、他のカデット達と同じようにトレーニング
に参加していました。だってこれが楽しいんだもん!!

「地中海帆船レース」前編、後編で終わろうと思っていたのですが、
ちょっと長くなってしまいました。
ツーロンでの様子は次号で!
posted by SaltyFriends通信 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ よろず「帆船人」突撃インタヴュー 【17】 By Qたろー

今回の「よろず帆船人」は、船乗りを目指すブルガリア人のキュー
トな女の子、ヴィオレタ・チャブダローヴァさんです。

彼女は黒海沿岸の港町、<カリアクラ>の母港でもあるヴァルナ出
身の21歳。5年間の海洋アカデミーにおける学生生活では、船舶
の通信に関することを主に勉強中。船のこと、将来の夢について語
る「ヴィリィ」は眩しいくらい輝いていました。

Kaliakra Vily.jpg
「写真は苦手」とはにかむヴィリィ。可愛い!


以下、
ヴィオレタ:「V」
Salty Friends:「SF」


SF:子供のころの夢は何でしたか?

V:動物が大好きで、特に自分の馬が欲しかったですね。職業は
獣医さんになりたいと思ってました。


SF:今の学校、海洋アカデミーに入ったきっかけは何ですか?

V:2年前、はじめて<カリアクラ>の20日間の航海に一般トレ
イニーとして参加したんですが、その印象が強烈でした。
  その時船に関する仕事に就きたいと、今の学校への進学を決め
  たんですよ。
  卒業したら、陸上で通信に関する仕事か<カリアクラ>のよう
  な練習帆船のクルーになりたいな。


SF:<カリアクラ>のどんなところが好きですか?

V:共同作業が多いところ。今航海のカデットで女性は私一人で
すが、みんな思いやりがあって、居心地は最高!クルーはもう
家族のような感じですね。

Kaliakra gasket.jpg
畳帆作業中のカデットたち。上から3番目(アッパートプスルヤード)
左端がヴィリィ。


SF:今までの航海で、特に印象に残っていることは何でしょう?

V:私はまだ経験が少ないので、幸い怖い思いをしたことはありま
  せん。
  楽しいことといえば、カデットとして帆船レースに参加したの
  は今回が初めてなので、全てが新鮮でおもしろいです!
  とくに船で外国に行くって、飛行機で行くのとちょっと違いま
  すよね。  レースに参加している他の船を通して、いろんな
  人や文化と触れ合えるのも楽しい!

Kaliakra cadets.jpg
ツーロン入港にそなえて、お揃いのTシャツに着替えた
カデットたち。船長以下全員で、一般公開のために船内を整えます。


SF:これからのセイルトレーニンングについて、どう思いますか?

V:前の質問の中でも話しましたが、セイルトレーニング、特に帆
  船レースに参加することは、船で外国に行けること自体も含め
  別の世界、文化を知るすばらしいチャンスだと思います。
  海のことをあまり知らない人にも、ぜひ参加して欲しいですね。
  
  
SF:Salty Friendsに一言メッセージをお願いします。

V:ぜひこの素晴らしい活動を続けて下さい!そして他の国の、帆
  船を愛する人たちとの繋がりをさらに広げていって下さい!
  黒海やブルガリアで、他のSaltyメイツにお会いできるのを楽
  しみにしています。


どうも有難う!!ムノーゴ プラゴダリャー!
posted by SaltyFriends通信 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■■ 編集後記 ■■

日曜日は,久々のスタッフミーティングペン
<エスメラルダ>来日の興奮冷めやらぬままに,秋・冬のイベント,
サイトのコンテンツなどについて話しました。
詳細決まり次第、順次、メルマガ・サイトでご案内します。
ソルティーグッズが購入できる、アンテナショップが
11月3日,4日の2日間,東京某所に出現予定ひらめきなので、お楽しみに!
(いかろー)

メッセージの宛先は全てコチラ ⇒ stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:いかろー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
 ⇒http://homepage.mac.com/nakazu/saltyfriends/form.html 
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。