2005年10月10日

● SaltyFriends通信 10月号 ●

◇○△□○□△▽◇□○0▽□◇○▽□△□□△▽◇□○0▽◇□□◇○

  〜 帆船で 海、 行く? 〜

  SaltyFriends 通信   18号        2005.10.10

○□△▽◇□○0▽□◇▽□○△□□△▽◇□○0▽□◇◇□○△□△▽
SaltyFriends  帆船の最新情報は =⇒  http://saltyfriends.com
――――――――――――――――――――――――――――――――→

こんにちは!いかろーです。

「海外にはたくさん帆船があるみたいですけど、どんな船があるんですか?」
そんな声におこたえして、今月号から世界の帆船を紹介する連載を
スタートします。

第1回目の今月取り上げるのは<プライド オブ ボルティモア II>。
世界で1番美しいスクーナーと言われるこの船は、斜めになった2本マストが
特徴です。帆船に一度でも乗ったことのある人なら誰もが知っている帆船。
98年には日本に来航し、大阪、東京、川崎、横浜に訪れています。

それでは、10月のスターボード出航!
posted by SaltyFriends通信 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 目次 ◆

▲▼ 10月のSaltyFriends通信 ▲≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 〜目次−−−−
◆《スターボード カレンダー》あこがれで1日帆船体験?!
 ◆《Ch16》プライド募金&浪華丸/明治丸ボランティア募集中!
◆《ヴィクトリア講演会レポート》船上パーティーも
◆《世界一美しいスクーナー》写真で見るプライド オブ ボルティモア

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
posted by SaltyFriends通信 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ スターボード/ポート カレンダー ◆

OOoo..《スターボード&ポート カレンダー》は、"生"の帆船&オカの
イベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

●スターボード:フネのイベント●
≪国内&近隣≫----------------------------------------------------
10/15    <日本丸>セイルドリル(総帆展帆)  [高浜]
10/16    <日本丸>一般公開           [高浜]
10/22    <日本丸>セイルドリル(総帆展帆)   [函館]
10/23    <日本丸>一般公開           [函館]
10/23    “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/23    “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
10/28-30 <あこがれ>2泊3日航海     [大阪発着]
11/3     “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
11/3     <日本丸>セイルドリル(総帆展帆)  [博多]
11/6     <日本丸>一般公開           [博多]
11/5-6   <あこがれ>2泊3日航海     [大阪発着]
11/6     “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
11/12    <あこがれ>1日航海        [大阪発着]
11/12    <日本丸>セイルドリル(総帆展帆) [鹿児島]
11/13    <日本丸>一般公開         [鹿児島]
11/13    <あこがれ>1日航海        [大阪発着]
11/19    <日本丸>セイルドリル(総帆展帆)  [松山]
11/20    <日本丸>一般公開           [松山]
11/19-20 <あこがれ>1泊2日航海     [大阪発着]
11/26-27 <あこがれ>1泊2日航海     [大阪発着]
11/27    “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
3/8-21   <あこがれ>13泊14日航海   [大阪発着]

●ポート:"オカのイベント"●
10/7-12 第23回木製帆船模型作品展     [神戸]
11/20   なにわの海の時空館「<浪華丸>すす払い」 [大阪] ←ボランティア募集中!
posted by SaltyFriends通信 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ CH16 ◆

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★プライド募金
SaltyFriendsでは、9月5日に嵐に遇い、マストを2本とも失った、
アメリカの帆船<プライド オヴ ボルティモア>にもう一度マストを立てる
ため、募金活動を行っています。
受付期間は10月25日までで、同船の運営団体であるIntandem Co.が展開
中の募金キャンペーン「Raise the Rig!」に寄付します。
みなさまからのご協力お待ちしております!

<プライド>ってどんな船? ⇒ 
http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/7963443.html
募金するには? ⇒ 
http://saltyfriends-info.seesaa.net/article/7211599.html

★ヴィクトリア号プレゼント
愛地球博のスペインパビリオンとして東京、名古屋、大阪を訪れ、
2010年の万博開催地上海を目指す帆船<ヴィクトリア>。
船について写真とともに綴った本(日本語)を5名のみなさまにプレゼントします。
ご希望の方は、メールの件名を「ヴィクトリアプレゼント」とし、
氏名、住所、電話番号を明記の上、stbd@saltyfriends.comへ。
こんな記事が読みたい、こんな記事がおもしろかったなど、感想も頂けると
嬉しいです!締切は10月25日(火)23:00。

なお当選通知は発送を持ってかえさせて頂きます。

見学会の様子はこちら。
東京 ⇒ http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/4266559.html
名古屋 ⇒ http://saltyfriendstsushin.seesaa.net/article/5783159.html

★菱垣廻船<浪華丸>すす払いボランティア募集中!
「なにわの海の時空館」(大阪)の館内中央で異様なまでの存在感を放つ、
菱垣廻船<浪華丸>。毎年11月に、この船にかぶった1年分のチリをはらう、
「すすはらい」が行われます。
今年の「すすはらい」は11月20日。船のデッカさを味わう為にも、
ボランティアとしてすす払いに参加してみませんか?
申込などに関する詳細はコチラ
ご応募の際は「SaltyFriendを見た」と書いてくださいね!

★東京海洋大学主催「船の博物学講座」
東京海洋大学海洋工学部では子供から大人までを対象に「船の博物学講座」
を年間を通して開催しており、今回は第一回、第二回のご案内です。
全回通して参加は無料ですのでご興味ある方はぜひ、足を運んでみて下さい。

◆第一回:「西地中海における海事資料」
  〜西地中海のスペイン、ポルトガルなどの調査結果
講師:庄司邦明先生(東京海洋大学)
日時:10月15日(土) 午後1時〜3時

◆第二回:「海図を見る」
  〜船の位置を知るのに大切な海図について解説
講師:萩原秀樹先生(東京海洋大学)
日時:11月19日(土) 午後1時〜3時

場所:東京海洋大学海洋工学部(越中島キャンパス)1号館116教室
参加費:無料
申し込み方法:はがき、FAXまたはメールにて海洋大学に直接お申し込み
下さい。
記載内容:「第○回受講希望(複数受講可)、ご住所、氏名、年齢、電話番号
(記載内容は、本講座の実施や連絡にのみ使用されるとのことです)

申し込み・問い合わせ:東京海洋大学海洋工学部
住所:〒135−8533 東京都江東区越中島2−1−6
電話&FAX:03−5245−7394
メールアドレス:shoji@e.kaiyodai.ac.jp (庄司研究室)
☆お申込の際は「SaltyFriendを見た」とお書き添え下さい。

詳しくは東京海洋大学のオフィシャルサイトへ。

★<明治丸>リフィットボランティア募集!コチラ
posted by SaltyFriends通信 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 明治丸リフィットボランティア募集!! ◆ 文と写真byQたろー

東京海洋大学(旧東京商船大学)の越中島キャンパスに保存
されている、帆船<明治丸>。昭和53年に、船としては初めて
国の重要文化財として登録されており、ご覧になったことがある方も
多いと思います。

この<明治丸>がいま大ピンチ!!!

Meijimaru deck house.JPG
アッパーデッキにある「デッキハウス」

ここ数年、帆船ファンの間でも「かなりヤバイ」状態であると、
ことあるごとに囁かれてきましたが、デッキからの漏水、木部の
腐食が相当進み、現在内装にまで影響が出てきています。

おん年132歳の<明治丸>は、昭和63年に文化庁と海洋大学に
よって基盤整備・保存修理工事がおこなわれ、往時の優美な姿を
取り戻しました。が、あれから17年経ち、とくに木部の痛みは
相当進行している様子です。

Meijimaru 3 mizenmast boom.JPG
ミズンマスト(3本のうち最後部)のブーム(セイルの下桁)
亀裂が痛々しい

そこで我々SaltyFriendsでは、この<明治丸>のリフィットを
ボランティアで、大学側と協力して行なっていくことにしました。
ボランティア期間の目標は、文化庁による再度の本格的な
保存修理工事が実現するまでの、3年間ほどになる予定。
デッキ上の建造物、索具類、内装のメンテナンスなどなど、
ちょっとずつ手をいれ、とにかくこれ以上損傷が進まないよう
食い止めるのが目標です。

特別な技術や知識は必要ありません!帆船がすき☆そして
ボランティア活動にもちょっと興味がある☆☆そんな皆さんの手が
どうしても必要です。

実際の帆船のリフィットを手伝った経験がある方も、もちろん大歓迎!
帆船模型をなさっている方は、模型にフィードバックできる部分も
大いにあると思います。「1分の1模型」、触ってみたくありませんか?
船は好きだけど船酔いが…という方だって超OK!です。船は地面に
しっかり埋まっているので、揺れません!(^-^v

Meijimaru 2 light house.JPG
雨漏りするため、シートをかけられたスカイライト(明り取り)
雨の後は、下のメインデッキにあるサロンに水溜りが…!

とりあえず、リフィットをテーマとした見学会を11月5日に
行ないますので、詳しいことはその時に。同じ日の午後には、
海洋大主催の「明治丸シンポジウム」も企画されています。
そしてSalty Friendsが参加するリフィット第一回目は11月12日。
午前10時より。詳しいことはまた後日、サイトの方でご案内する
予定ですので、チェックして下さいね。

ご興味もたれた方は stbd@saltyfriends.comまでメール下さい。
見学会のお申し込みもstbd@saltyfriends.comまで。
たくさんの方のご参加、お待ちしております!

○Salty Friends主催 <明治丸>見学会○
日時:2005年11月5日 10:00〜11:30
場所:東京海洋大学(東京都江東区越中島キャンパス)
参加費:無料

○<明治丸>シンポジウム○
日時:2005年11月5日 13:00〜16:30
場所:東京海洋大学(東京都江東区越中島キャンパス)
越中島校舎1号館116号教室
参加費:無料

○<明治丸>リフィット○
日時:2005年11月12日 午前10:00より
場所:東京海洋大学(東京都江東区越中島キャンパス)
   帆船「明治丸」
参加費:無料
*詳細につきましては後日サイトで。お申し込み、お問い合わせ
いただいた方には、別途こちらからご連絡いたします。

海洋大学の<明治丸>サイトはコチラ
サイトに掲載されている写真は、昭和63年補修修理工事
直後のものです。再びこのような美しい姿に戻る日まで
一緒にがんばりましょう☆
posted by SaltyFriends通信 at 05:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ ヴィクトリア講演会レポート byふっくん@大阪 ◆

<ヴィクトリア>の日本での最後の寄港地、大阪では、ぜひ講演会をやって、
もっとこの船のことを知ってほしい。そんな<ヴィクトリア>からの要望で、
菱垣廻船<浪華丸>をバックにセットされた講演会場には
<ヴィクトリア>のクルーや「大阪帆船と国際交流の会(Sail'O')」
「帆船あこがれWINDSクラブ」も含め、40人以上の人が集まりました。

       講演会風景.jpg

まず、10分ほどの<ヴィクトリア>のイメージビデオを見て、(この
ビデオは、東京の見学会の際、一般公開時間が終わっているのに、
クルーが「どうしても見て言ってくれ」と譲らなかった傑作)、その後
イグナシオさんが航海の様子を語りました。

       公演するイグナシオ氏.jpg

大阪に到着するまでに辿ってきたコースや、マゼランの航海と今回の
航海の違いなどを話して、質疑応答の時間となりました。

−日本までの航海で何が1番大変でしたか?
「大変だったのは、揺れよりも何よりも暑かったこと。船には冷蔵庫が
ないので、食料がかなり制約を受けました。肉や魚は、3日と
もたないので、豆類や玉ねぎなどを主に食べていました。
あとは、マゼランの時代には無かったけれど、パスタも食べましたね」

−船にエンジンは着いているのですか?
「エンジンはついていますが、使うのは出入港の時のみで、あとはずっと
帆走で海を渡ってきました。」

       館長と.jpg

終了後、菱垣廻船<浪華丸>の見学をしましたが、ヴィクトリアの船大工
たちは、食い入るように時空館館長に「水が打ち込んだ時にはどうするの
ですか」などと質問をしていました。

しばらく時間をあけて、20時からは船上パーティーが開催されました!!
始めはあいにくの小雨が降っていましたが、パーティーの熱気に雨雲も
どこかへ行ってしまい、ワイワイと50人ぐらいの人々で盛りあがりました。

       ワイワイ.jpg

時空館、ならびに天保山まで足を運んでくれた皆様に心より感謝しています!!
posted by SaltyFriends通信 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 世界一美しいスクーナー ◆

漆黒の船体に、風を切るかのように斜めに立てられた2本のマスト。
世界一美しいスクーナーと言われるに相応しい、磨き上げられた船。
世界の帆船を紹介するシリーズの第1回は<プライド オブ ボルティモア II>。
今回は写真を中心に船とその上の生活を紹介します。

=======================

僕が世界一美しいと言われるスクーナー<プライド オヴ ボルティモア>に
出会ったのは、2003年の夏。
アメリカのエリー湖だった。
この時、僕は、<ナイアガラ>という帆船に乗っていて、オハイオ州
クリーヴランドからの第1レースを競っていた。

      119-1972_IMG.JPG     
       エリー湖を帆走する<プライド>   
                     119-1994_IMG.JPG
                     レースを終え、帆を減らした

 僕はラッキーなことに、この年の最終レグで<プライド>に乗ることができた。
 プライドのクルーはその名に相応しく、この船は俺たちが動かしているという、
 気迫に満ちていて、それを裏付ける技を持ったプロフェッショナルばかりだった。

                     2-6!2-6!!!_OnPride(c)Itaru@SaltyFriends
                     アンカー(錨) をあげるために、一踏ん張り

  NeedSomeOilToEase?_OnPride(c)Itaru@SaltyFriends
  まだまだだな、オイルでもさすかい?
  と手の空いているクルーがおどけて見せる


  128-2893_IMG.JPG
   アンカーチェーンがひっかかってしまった

                   PaintingTar_OnPride(c)Itaru@SaltyFriends
                タールを塗りなおす こまめなメンテナンスが重要だ

 船の上では、航海中も毎日メンテナンスをする。
 嵐にでもなれば別だが、こまめにメンテナンスすることが船を
 美しく保つ唯一絶対の方法だ。
 真鍮も一晩潮にあたれば黒くくすんでくるし、ニスで仕上げられた部分は、
 清水で拭いてやらないと、はげてきてしまう。


            MakeItShine_OnPride (c)Itaru@SaltyFriends
            磨いていると見事に輝き出す

 船のメンテナンスは船体だけではない。
 いざ、という時に必要になる救命具の点検、メンテナンスも定期的に行う。
 ひどい嵐に揉まれれば船は沈んでしまうこともあり得る。
 車がぶつかる、飛行機が落ちる、人が転ぶ、船が沈む。
 頻度こそ違えど、ある程度避けられない。
 そのリスクと被害を最小限に留めるのもプロのクルーの仕事だ。

  CheckingThroughEmergencyGears_OnPride(c)Itaru@SaltyFriends.com
救命胴衣の点検をするクルー。


   ◎プライドへの募金に協力する
   ◎プライドの公式サイトを覗いてみる
posted by SaltyFriends通信 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 編集後記 ◆

先日、久しぶりにヨットに乗せてもらうのに、友だちを連れて行った。
暖かい陽射しに心地よい風、初めてのセイリングはこの上なくうってつけ。
僕も一緒に嬉しくなってしまうくらい喜んでくれた。きっかけ一つで、
これだけ喜んでもらえるなんて!さてさて、どうやってこの心地よさを
もっと多くの人に味わってもらおう?なんだかワクワクしてくる。

メッセージの宛先は全てコチラ⇒stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!(いかろー)
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:いかろー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒ http://homepage.mac.com/nakazu/saltyfriends/form.html
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。