2005年09月10日

● SaltyFriends通信 9月号 ●

◇○△□○□△▽◇□○0▽□◇○▽□△□□△▽◇□○0▽◇□□◇○

  〜 帆船で 海、 行く? 〜

  SaltyFriends 通信   17号        2005.9.10

○□△▽◇□○0▽□◇▽□○△□□△▽◇□○0▽□◇◇□○△□△▽
SaltyFriends  帆船の最新情報は =⇒  http://saltyfriends.com
――――――――――――――――――――――――――――――――→

こんにちは!いかろーです。

明日は大阪で帆船<ヴィクトリア>ディレクターの講演会があります。
いよいよ日本で最後の港となった<ヴィクトリア>。これを逃すと、
次はなかなか会えませんヨ。夜にはどなたでも参加可能な船上
パーティーが開かれますので、ちょっとした食べ物と飲み物を持って
お気軽に。ちょっと天気は心配ですけど、<ヴィクトリア>の日本最後の
日を盛り上げましょう!!

それでは、9月のスターボード出航。
posted by SaltyFriends通信 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 目次 ◆

▲▼ 9月の SaltyFriends通信 ▲≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 〜目次−−−−
◆《スターボード&ポート カレンダー》 オカのイベント情報も!
 ◆《Ch16》 <ヴィクトリア>ディレクターの講演会開催!!
◆《International Festival of the Sea (IFOS)》
◆《ヴィッキー見学会in名古屋 2》

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
posted by SaltyFriends通信 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ スターボード&ポート カレンダー ◆

OOoo..《スターボード&ポート カレンダー》は、"生"の帆船&オカの
イベントのカレンダー。
「こんなのありますよー」というみなさんからの情報お待ちしています!
stbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい。..ooOO

●スターボード:フネのイベント●
≪国内&近隣≫----------------------------------------------------
9/19     “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
9/23     “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
9/23-25  <あこがれ>2泊3日航海   [博多発/別府着]
10/1-2   <あこがれ>1泊2日航海     [大阪発着]
10/2     “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
10/8-10  <あこがれ>2泊3日航海      [大阪発着]
10/9-10  <サンファンバウティスタ>展帆    [石巻]
10/9     “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/23    “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
10/23    “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
10/28-30 <あこがれ>2泊3日航海     [大阪発着]
11/3     “初代"<海王丸>総帆展帆       [富山]
11/5-6   <あこがれ>2泊3日航海     [大阪発着]
11/6     “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
11/12    <あこがれ>1日航海        [大阪発着]
11/13    <あこがれ>1日航海        [大阪発着]
11/19-20 <あこがれ>1泊2日航海     [大阪発着]
11/26-27 <あこがれ>1泊2日航海     [大阪発着]
11/27    “初代"<日本丸>総帆展帆       [横浜]
3/8-21   <あこがれ>13泊14日航海   [大阪発着]

≪海外≫----------------------------------------------------------
9/10-11 Tall Ship Festival
            [米・カリフォルニア州ダナポイント]

●ポート:"オカのイベント"●
9/10    帆船<ヴィクトリア号>ディレクターの講演会
                          [大阪]
9/9-19  梶田達二帆船画展        [東京・稲城]
9/19    <サンファンバウティスタ>第2回展帆ボランティア養成講習会
                       [宮城・石巻]
posted by SaltyFriends通信 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ CH16 ◆

OOoo..帆船のイベントや話題を紹介する《Ch16》。
帆船のニュースはstbd@saltyfriends.comまでお寄せ下さい.ooOO

★ヴィクトリア/ディレクターの講演会@大阪
サイトの方でお伝えしています、「ビクトリア号ディレクターの
講演会」ですが、たくさんのご応募で好評につきソルティーフレンズで
団体割引が適用できることになりました(大人(高校生以上)
600円→540円!)!!当日はふっくん@大阪がSaltyFriendsのIDを
首かぶら下げて「なにわの海の時空館」のエントランスに机を出し、
受付を構えていますので、外で入場券を買わず直接私のところまで
来てください(受付時間:9月11日(日)13時〜14時/水色か黄色の
Tシャツを着ている予定です)。ご応募された方には私の携帯を
伝えていますので、受付がわからない場合はご連絡ください。
事前に申込みをしていなくても、私の受付のところで「SaltyFriendsの
○○です」と言えば団体割引料金で館内を見学できますのでこの機会に
是非大阪南港の「なにわの海の時空館」まで足をお運びください!
よろしくお願いします!!

※ビクトリア号ディレクターの講演会 概要

大阪港天保山に8月18日から停泊している初めて世界一周を成し遂げた
スペインの復元船「ビクトリア」のディレクターの講演会を9月11日に
開催します。

【日  時】 平成17年9月11日(日) 14:00〜15:00
【場  所】 なにわの海の時空館 展示棟2階 菱垣廻船横
【講  師】 ヴィクトリア号プロジェクト監督兼調査隊長 
       イグナシオ・フェルナンデス・ビアル氏
【定  員】 先着15名
【参加費】 無料(ただし入館料は別途必要 ※入場料 大人
 (高校生以上)600円→ソルティーフレンズ団体割引 540円)

また、当日は天保山岸壁で海上保安庁の航路標識測定船<つしま>の一般
公開
もございますので、天保山の<ヴィクトリア>
(一般公開時間11:00〜13:30/14:30〜17:30)>とあわせてこちらもお楽
しみください(両船ともこの日が天保山での一般公開最終日です!!)

当日は「帆船あこがれ友の会」のダイさんが下記のようなツアーを
企画しております。

***********************************************************
◆9/11(日)1030〜ランドエクスカーション
◎AB秋の陸遠足「帆船<ビクトリア>と船四昧」(帆船3隻+汽船1隻)
たまにはみんなで歩いて遠足しましょう!!
スペインからはるばるやってきた帆船を見学して講演会も聴きましょう
それに保安庁の船や時空館内の菱垣廻船、<あこがれ>も見れます

<行程>部分参加もOK。費用は各自負担
1030保安庁<つしま>前集合見学(天保山岸壁)
1100ビクトリア見学(海遊館西側)[無料]
1230昼食・移動
1345時空館[入館料は団体料金\540]
1400講演会(ビクトリアのディレクター)
1500時空館・菱垣廻船見学
1630移動・Os<あこがれ>前で感想交換会(打上げ)[費用各自負担]
夕方流れ解散(自由ニ次会あるかも?)
【若干の変更はあると思います】
***********************************************************

興味のある方はふっくん@大阪 tomonari@saltyfriends.com まで
ご連絡の上、9月11日(日)10:30に大阪天保山の保安庁<つしま>前に
集合してください!!

★みちのく丸、進水式は10月に
8月号で進水式は9月の予定とお伝えした<みちのく丸>の進水が、
10月になりました。現在、帆の取付けや最後の仕上げの準備を
進めていて、9月中に船が完成する予定とのことです。
進水式の日程は今のところ未決定ですが、分かり次第、
SaltyFriendsサイトで紹介します。
posted by SaltyFriends通信 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ QたろーのIFOSレポート ◆

オランダで行なわれていた「セイル・アムステルダム」も無事終了。
行かれた皆さん、如何でしたか?よろしかったら感想など、SF宛に
お送り下さいね。

さてちょっと時間は前後しますが、7月のメルマガで速報をお届けした
イギリスのポーツマス「IFOS」レポートをお送りします。

まずはIFOSの生い立ちから。この帆船まつりが初めて行なわれた
のは1996年、あのスティーブンソンの小説「宝島」にも登場する
港町、ブリストルでした。その後、現在の会場ポーツマスに舞台を
移動し、今回が3回目めの開催となります。

速報のほうにも書きましたように今年2005年は、イギリスが
スペイン・フランス連合艦隊とスペインの南端、トラファルガー岬沖で
戦い勝利した海戦からちょうど200年。
イギリスでは「Sea Britain 2005」と銘打ち、春先から海戦のあった
10月までずーっと、国内ではあちこちで何かしらイベントが
行なわれています。
この記念すべき200年周年と重なった今回のIFOSも、当然例年に
ない規模で開催され、招聘された大型帆船だけでも普段の倍以上の
39隻(*注)にのぼりました。

Iskra, Kaliakra, Pogoria.JPG
手前、ブルガリアの「カリアクラ」を挟んでポーランドの「イスクラ」と「ポゴリア」

会場は「ヒストリック・ドックヤード」と呼ばれる、海軍の施設の
一角を全面的に使って開催されます。ドックヤードの主は、もちろん
<HMSヴィクトリー>。
1805年のトラファルガー海戦時、ネルソン提督の旗艦だった
第一級戦列艦です。ドライドックで常時一般公開はされているものの、
今もなお現役の英国海軍軍艦で、IFOSに先がけて行なわれた
国際観艦式では、この「ヴィクトリー」の大砲が火をふき(あ、
もちろん砲弾抜きの礼砲です)開会宣言が行なわれました。

Victory.JPG
ヒストリック・ドックヤードの主。イベント期間中、見学希望者の列は常時「1時間待ち」。

IFOSの開催期間は毎日ドックヤードに通いましたが、それでも
トータル300隻以上(大型帆船に加え、海軍艦船33隻、
小型帆船264隻)の船を全部詳細に見てまわることは不可能でした。
私の場合、気に入ると2時間も3時間も入り浸ってしまう・・・
のがいけないんですね、たぶん(^^;
ところで、船の見学以外にも会場には♪お楽しみ♪がたくさんあります。

各国の艦船が、 お国自慢のパフォーマンス(楽器演奏や歌や踊り、
軽業、武道など)を披露したり、何箇所かある特設のステージでは、
毎日ワールドミュージックがにぎやかに演奏され雰囲気をもりあげて
いました。そのほかにも常にいろんな「海・船ネタ芸人?さん」たちが
様々な芸を披露しながら会場内をねり歩き、周囲の観客を楽しませます。

singing chanty.JPG
「シー・シャンティ」(昔の船乗りの唄)を合唱する子供たち。超カワ!!

コスプレ姿の人も多く、プロの芸人さん以外にも本当にたーーくさんの
人たちが19世紀イギリス海軍のオフィサーや水兵の制服、あるいは
17〜8世紀の海賊、王侯貴族などのコスプレを楽しんでいました。
これは「Sea Britain」というテーマの あるIFOSならではの光景と
いえるでしょう。

http://www.festivalofthesea.co.uk/wo_gallery_page1.html
*少しは会場の雰囲気が伝わるかも?ちょっと覗いてみて下さい!

最後に今回、個人的に一番盛り上がったのは、ブラジルとオマーンの
練習帆船<シズネ・ブランコ>と<シャバブ・オマーン>のマストに
登らせてもらったこと。
上から撮ったドックヤードを見はるかす写真は、今回の旅の一番の
お宝です☆

from the top.JPG
「シャバブ・オマーン」のマストトップより。中央に見えるのが「ヴィクトリー」(後姿)

参加帆船の数では、世界最大の帆船まつり「セイル・アムス」に
およびませんが、IFOSの楽しさが少しは伝わりましたでしょうか?
本当はもっと書きたいことがいっぱいあるのですが、またの機会に…。
さて次は、2007年バルセロナの「El Festival del Mar」だぜっ!

(*注:速報では『大型帆船38隻』となっておりましたが、後で
パンフレットをよく見て数えたら『39隻』でした。お詫びとともに
訂正させていただきます)
posted by SaltyFriends通信 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ ヴィッキー見学会in名古屋 2 byQたろー ◆

8月号に続き、<ヴィクトリア>の名古屋見学会のレポートをお届けします。
炎天下のうだるような暑さがちょっと懐かしい感じもします。。

****

暑い中、スタッフの皆さんご苦労様でした。別の時に見学したときは
細かい所まで見れませんでしたので、今回の見学には十分満足しています。
(見学時間をオーバーしたけど)通訳で聞けた船員さんからの航海の話、
帆船の細部の説明と、あまり知らなかった事が聞けたことがよかったです。
あと、参加者以外の人が柵内へ入らないよう一時的に張り紙をしたらと
思いましたけど。また楽しい企画がありましたら、参加したいです。
(T・Tさん)

la cola de Nagoya.JPG
別の日の「ヴィッキー」一般公開の模様。万博効果もあって、毎日千客万来でした。

連日の混雑を聞いておりましただけに、貸し切り見学会には感激いたし
ました。同時にSaltyFriendsの皆様の実力?努力?政治力?にびっくり
しました。
私は自身で道楽のヨットをやっておりまして、休日と云えば相模湾を
漂っています。子供が小さいため乗せることもできず、専ら
“父さん一人の遊び”になっています。そこで、機会を捉えて家族に
船への興味と理解を得るべく、一緒に参加できる今回の見学会に
連れて行った訳であります。

子供の感想ですか?
「黒い船・木で出来た大きな宝箱・鉄の鎧・暑い・揺れて気持ち悪い…
父さんは海賊の仲間?!?」
ビクトリア号を見たいだけの動機で参加させて戴きましたが、
皆様の活動には頭が下がります。ご苦労様でした。
そして有難うございました。機会が有りましたら、また参加させて
戴きたいとおもいます。
(T・Kさん)

----たまたま『貸切り』になってしまったので、そのための準備が間に
合わず「待っていれば見学できるのかも?」と勘違いされた一般の方々が、
ゲートの外に集まってしまわれたようでした。
T・Tさんがご指摘なさっているように、なにか表示をすれば良かったなぁ、
と反省。それに暑い中小さなお子さんも参加されていたのに、長時間皆さんを
ひっぱりまわしたことも猛省しております。
熱中症で倒れた人がいなくて良かった…(^^;;

el timon.JPG
「ヴィクトリア」の舵。上のデッキに突き出ている舵棒を使い、二人がかりで操船します。

さてさて、前回「釣り上げられたカメのエピソード」をお話ししましたが、
もう一つちょっとしたエピソードがありました。

名古屋港に係留中、<ヴィクトリア>の船首楼(一般公開時、ロープなど
が展示してあったスペース)のデッキ下に、なんとハトが巣をかけました。
ぶかぶか揺れるし、人の出入りは激しいし、あんな暑い真っ黒な船の
甲板に巣をかけるなんて、「!??」って感じなんですが・・・。
もしかしたら、逆に他の天敵から狙われないだろう、とお母さんハトは
考えたのかもしれません。

その巣でめでたく、7月末に子バトが誕生***
クルーは「女の子だったら『ヴィクトリア』、男の子だったら
『アヴェントゥレーロ』 (スペイン語で"冒険家"の意)とつけよう」と
言っていたのですが、けっきょくどうやっても雌雄の判別はつかなかった
模様です(笑)。

その後ハトは8月上旬、船が名古屋を発って大阪に向かう航海のあいだ、
途中までついてきたらしいのですが、いつの間にか姿が見えなくなったと
のこと。きっと「名古屋に帰らなイカンがね」と、帰巣本能で思い出した
のでしょう。

今でも名古屋港には、「ヴィクトリア生まれ」のハトが空を舞っていると
思うとなんだか楽しい気分になりませんか?
折りしも明日、9月11日は「ヴィクトリア」のディレクター、イグナシオ氏
による講演会が、大阪市「なにわの海の時空館」で開かれる予定です。どんな
お話しを聞かせてもらえるのでしょうか?このレポートは、次号をお楽しみに!
posted by SaltyFriends通信 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆ 編集後記 ◆

今日のニュースで、何て言う名前だったかな、横浜の大黒埠頭で一般
公開中の海底探査船が紹介されていました。
とにかくバカデカイ船で、海底何千メートルだかを掘るらしい。
いろんな船が世の中にはあるもんだなあ、と思いつつ、交通の便の
全くよくない、大黒埠頭に3000人も集まったというのにも
思わずスゴイと唸ってみたり。

メッセージの宛先は全てコチラ⇒stbd@saltyfriends.com。
みなさまからのお便りお待ちしています!(いかろー)
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
帆船で 海、 行く?『Salty Friends通信』毎月10日配信
 ★編集:いかろー(SaltyFriends http://saltyfriends.com
 ☆配信先アドレスの変更・配信停止をご希望の方はこちら
  ⇒ http://homepage.mac.com/nakazu/saltyfriends/form.html
∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽∝∽∽
posted by SaltyFriends通信 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。